春に芽吹いた草木が生長し、若草色から濃い緑へと移り変わる5月です。

 

侑季蒼葉です。

 

 

5月には、季節の節目となる日があります。

 

二十四節気の「立夏」と「小満」です。

 

立夏」と「芒種」の間の二十四節気である「小満」は、どんな季節のことを指すのかご存知ですか?

 

少し遅れましたが、今回はあまり馴染みのない「 小満」の意味、そして「小満」筆ペンの書き方についてお届けします。

 

 

「小満」の読み方

 

「小満」と書いて「しょうまん」と読みます。

 

「小満」は二十四節気の8番目、「立夏」と「芒種」の間にあります。

 

暦の上では、以下のように季節は変わっていきます。

 

■春

 

立春雨水啓蟄→春分→清明→穀雨

 

■夏

 

立夏小満芒種→夏至→小暑→大暑

 

■秋

 

立秋→処暑→白露→秋分→寒露→霜降

 

 ■冬

 

立冬→小雪→大雪→冬至→小寒→大寒

 

「小満」は、夏の2番目にあたる節気です。

 

沖縄では、小満と芒種の時期が梅雨にあたるため、「小満芒種(スーマンボースー)」と呼ばれているようです。

 

「小満」はいつ?

 

二十四節気は毎年日付が異なりますが、小満は例年、5月20日から5月21日ごろ。

 

2019年の「小満」の日は5月21日です。

 

二十四節気は「期間」を表すものとして使われることもあります。

 

次の節気「芒種」の前日までが「小満」となります。

 

2019年は、5月21日から6月5日までです。

 

「小満」の意味

 

江戸時代に太玄斎(常陸宍戸藩の第5代藩主松平頼救)が記した暦についての解説書「暦便覧」において 「万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る」と記されています。

 

このことからも、万物が次第に成長して一定の大きさに達してくる頃を指しているのではないかと考えらえています。

 

「小満」の頃になると、秋に蒔いた麦などの穂が順に育ってきます。

 

秋にまいた麦の種などが、ちょうど穂をつける時期でもありました。

 

田畑を耕して生活の糧にしていた時代には、農作物の収穫の有無は人の生死にかかわる問題でした。

 

農家が、穂が出始めた麦を見て、少し一安心(少し満足)。

 

「今のところは順調だ、よかった」と満足したことから「小満」と呼ぶようになったという説もあります。

 

小満の気候

 

小満の時期は、5月半ばということもあって、気候も落ち着いて大変過ごしやすい時期です。

 

山野の草木が実をつけ始める行楽シーズンでもありますね。

 

梅雨入り前の陽気な日には自然豊かなところへ出かけて、万物の成長を感じてみてはいかがでしょうか。

 

しかし、落ち着いた気候でも、時折、麦の穂をなぎ倒すような嵐になることもあります。

 

こういった嵐のことを麦嵐(むぎあらし)、この時期に降る雨は麦雨(ばくう)と呼ばれています。

 

ご注意くださいね。

 

今回取り上げた「小満」は、二十四節気の中ではどちらかというと、なじみの薄い言葉のような気がします。

 

この「小満」という言葉が、次世代へ受け継がれていきますように、という願いを込めて、伝筆作品4作品をご紹介します。

 

「小満」(しょうまん)筆ペン書き方

 

季節に合わせて、緑色の筆ペンにて書いてみました。

 

見せ場を作るのが難しいと相談される、「小」の「ハ」の書き方、「満」の「サンズイ」の書き方にもご注目ください。

 

「小満」筆ペン「1」作目筆文字デザイン。

 

 

まず、一作目は、ポップでかわいく。

 

「小」と「サンズイ」は、丸のドットを活用して、丸みのある可愛らしさを表現しました。

 

「小満」筆ペン「2」作目筆文字デザイン。

 

 

二作目は、一作目よりも大人の要素を。

 

「小」の「ハ」と「サンズイ」の丸のドットを少し長めに描いて、丸みの要素を減らして。

 

「小」の縦線に太い部分の比率を多く残していますが、まっすぐ型にすることで、すっきりさせました。

 

「小満」筆ペン「3」作目筆文字デザイン。

 

 

三作目は、「サンズイ」の書き方を縦長に。

 

全体的に、縦の要素を取り入れることで、大人のイメージをさらにプラス。

 

「小満」筆ペン「4」作目筆文字デザイン。

 

 

四作目は、線自体を細く、長く。

 

縦の要素と、線の細さを取り入れることで、クールなイメージな作品へ。

 

細い線は、やさしいタッチで描いてくださいね。

 

一言メッセージ

 

5月に使いやすい、一言メッセージの例もご用意しました。

 

アレンジして使ってください。

 

「風薫る季節となりました。お元気にしていますか?」

 

「日中は汗ばむ陽気となりましたが、いかがお過ごしですか?」

 

「5月の緑が萌え出でて心地よい季節となりましたが、元気ですか?」

 

「過ごしやすい季節ですが、ご無理をなさいませんように」

 

「暑い季節へ向かいますので、お体にお気をつけください」

 

小満が過ぎると、そろそろ梅雨入りですね。

 

雨も、また楽し^^

 

体調管理をしっかり行いましょうね。

 

きれいな字はたった半日で書けるのか?

 

うまく見える字は、半日で書けます。^^

 

LINE@にて、2019年毎月(予定)「季節の伝筆見本データ」プレゼントしています。

 

詳しくは、画像をポチと押して、ご覧ください。

 

 

こちらの記事も参考にしてください。

 

「四字熟語」の意味と筆ペン書き方

 

「二十四節気」の意味と筆ペン書き方

 

筆ペン選びにこまったら「最初の筆ペン選び」

 

筆文字を描くコツ

 

失敗もなんとかなる裏技

 

筆ペンの特徴をいかした味のある 「一線」の書き方のコツ

 

筆ペンで書きたくなったという方は、こちらのコースがおすすめです。

 

▼筆文字を教える先生として活躍したい方向けのコース(侑季担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼「初級セミナー」伝筆はじめての方は、こちらからどうぞ!!(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼初級セミナー修了後、さらに技術アップや様々な、素材で作品を作りたい方向けのコース(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

不定期開催、「伝筆くらぶ」(侑季・小塚担当)はこちらからご覧ください。

 

※画像をクリックしてください

 

【日程が合わない方、最新日程を知りたい方へ】

 

LINE@が使いやすい方は、伝筆セミナー日程をお知らせするLINE@にご登録を。

 

※画像をポチと押してください。

 

メールが使いやすい方は、<60分で出来る心を伝える、筆文字無料メール>最新情報をお知らせしていますので、ご登録しておいてください。

 

メールアドレス(必須):

お名前(必須):

 

 

【伝筆先生になる10月スタートコース 9期生募集】

 

<残5席>

 

伝筆講師養成講座9期生詳細、お申し込みはこちらからご覧ください

 

【最新セミナーのお知らせ】

 

伝筆公式セミナー・不定期開催セミナーのお知らせはこちらから

 

【伝筆キャラバンのお知らせ】

 

全国を旅する伝筆キャラバンの日程です。

 

2019年伝筆キャラバン 日程

 

わたしも会場へ、足を運ぶことがあります。

 

お会いできたら嬉しいです。

 

▼2017年と2018年の様子を ブログにまとめましたので ご覧くださいね

 

 2018年伝筆キャラバン記録

 

2017年伝筆キャラバン記録