今日は、桜新町のさくらまつりに行ってきました。

 

 

八重桜はまだあまり開花していませんでしたが、あたたかい日差しに思わず帰りの電車は一駅前に降りて、散歩をしてきました。

 

「直線で書けば今すぐ字がうまくなる!」(サンマーク出版)の侑季蒼葉です。

 

※桜新町にて活躍の小林先生と

 

花粉症対策のマスクが手放せないわたしですが、暦の上では、4月5日から「清明」。

 

今日は、「清明」の時期や意味、そして、「清明」の筆ペン書き方などをご紹介します。

 

 

「清明」の読み方

 

「清明」と書いて「せいめい」と読みます。

 

「清明」は二十四節気の5番目、「雨水」と「春分」の間にあります。

 

暦の上では、以下のように季節は変わっていきます。

 

■春

 

立春雨水啓蟄→春分→清明→穀雨

 

■夏

 

立夏小満芒種→夏至→小暑→大暑

 

■秋

 

立秋→処暑→白露→秋分→寒露→霜降

 

 ■冬

 

立冬→小雪→大雪→冬至→小寒→大寒

 

「清明」はいつ?

 

二十四節気は毎年日付が異なりますが、清明は例年、4月4日〜4月5日になります。

 

2019年の「清明」の日は4月5日です。

 

二十四節気は「期間」を表すものとして使われることもあります。

 

次の節気「穀雨」の前日までが「清明」となります。

 

2019年は、4月5日から4月19日までです。

 

暦の上では晩春に近いあたりに位置します。

 

「清明」の意味

 

「清明」はその字が表す通り「すべてのものが清らかで生き生きと見えてくるころ」という意味を表しています。

 

由来ははっきりしてはいないものの、江戸時代に太玄斎(常陸宍戸藩の第5代藩主松平頼救)が記した暦についての解説書 「暦便覧」において、「物発して清浄明潔なれば、此芽は何の草としれるなり」と記されており、「清明」はこの一節を訳したものではないかとも言われています。

 

桜が咲き乱れ、南からはつばめがやって来る時期で「清明風」と呼ばれる、南東の穏やかな風が吹く頃でもあります。

 

 

この頃は桜の花が咲きほこり、お花見のシーズンでもありますが、雨が多い時季で、暖かくなった後に小雨が降り続いて寒くなったりもしますので、気をつけてください。

 

「清明」と「花曇り」と「朧月夜」

 

実際は、この時期は、「清明」の清らかで明るいイメージとちがい、あまりはっきりしない曇りがちの天気であることが多いです。

 

桜が咲く頃の曇り空は、霞がかかったような明るい薄曇りの空で、それを、「花曇り」と呼びます。

 

また、ぼんやりと霞んだ「朧月(おぼろつき)」が多く、その朧月の夜を「朧月夜」(おぼろづきよ)」と呼びます。

 

「花曇り」と、「朧月夜」といい、美しい日本語ですね^^

 

「清明」の時期の旬の食材は?

 

この時期の旬と言えば「新じゃがいも」。

 

秋のじゃがいもに比べ、小ぶりで鮮やかな色をしています。

 

皮が柔らかく、瑞々しいのが特徴で、濃厚な味わいですので、煮ても焼いても美味しいですね。

 

さらに三つ葉も旬を迎えます。

 

煮物の添え物として使われるだけでなく、おひたしやサラダなどでもとても美味しい時期です。

 

そして、旬の魚介類として代表的なものと言えば「サザエ」。

 

春から夏の間に旬を迎えるサザエは、煮ても焼いても美味しい一品です。

 

余談ですが、今日は、アニメ「サザエさん」の街、桜新町に行ってきました。^^

 

 

 

 

菜の花の苔玉を、佐藤さんの奥様(一番左にいらっしゃる方です)にいただきました^^

 

 

「清明」の時期に行われるイベントは?

 

沖縄では清明の時期に「清明祭(シーミー、ウシーミー)」が行われます。

 

これは中国から伝わった行事で、清明の頃に先祖のお墓に親族が集まり、そこで供養をするものです。

 

そこにお供えする料理は、かまぼこや肉の煮付け、さらには厚揚げ、魚の天ぷらなどで、それらを重箱に詰め、お菓子や果物と一緒にお供えするのが慣わしだそうです。

 

厳粛な行事というより、大勢でご馳走を食べて歓談する場として、沖縄では楽しい行事の一つとして広く親しまれているようです。

 

また、全国各地で花にまつわるイベントが広く開催されているようです。

 

東京都文京区では、「文京つつじまつり」が根津神社で開催され、約2000坪もの敷地内に植えられた100種3000株のつつじを楽しむことができるそうですよ。

 

一度行ってみたいと思います。

 

「清明」の意味や時期のイメージが少し膨らんだところで、伝筆(つてふで)「清明」の書き方をご紹介します。

 

「清明」(せいめい)筆ペン書き方

 

点が3つ続く「さんずい」に苦手意識を持つ方も多いようです。

 

そこで、いつくかのパターンで書いてみました。

 

「清明」筆ペン「1」作目筆文字デザイン。

 

 

はがき横で、文字は縦書きです。

 

この作品は、「さんずい」の真ん中の線を長めに書いて、左から右に書いています。

 

線は全体的に太めにしました。

 

「清明」筆ペン「2」作目筆文字デザイン。

 

 

はがき横で、文字は縦書きです。

 

この作品の「さんずい」は、1作品目と同じように真ん中の線を長めに書いてますが、書き順を右から左にしています。

 

そして、線は、全体的に細くしています。

 

少し、クールなイメージを意識しました。

 

「清明」筆ペン「3」作目筆文字デザイン。

 

 

はがき横で、文字も縦書きです。

 

この作品は、全体的にポップな印象に仕上げています。

 

「さんずい」は、「マル」で、可愛らしさをアピール。^^

 

「清明」筆ペン「4」作目筆文字デザイン。

 

 

3作品めより、さらにポップな印象を高めるため、「さんずい」と「日」を大きく、丸みを出しました。

 

新しいことがスタートする時期ですから、気持ちを「明るく」と伝えたくて。

 

「明」という文字を「清」より大きく強調して書いてみました。

 

伝わるかしら?^^

 

「清明」筆ペン「5」作目筆文字デザイン。

 

 

ぐっと、大人っぽく。

 

上下に並べた文字に、少しずらしをいれて。

 

「さんずい」は点ではなく、線で表現しています。

 

 

5作品の「清明」いかがでしたでしょうか?

 

好みを見つけて、「想い」に合わせて、文字を自由自在に表現してくださいね。

 

LINE@にて、2019年毎月(予定)「季節の伝筆見本データ」プレゼントしています。

 

詳しくは、画像をポチと押して、ご覧ください。

 

 

こちらの記事も参考にしてください。

 

「四字熟語」の意味と筆ペン書き方

 

「二十四節気」の意味と筆ペン書き方

 

筆ペン選びにこまったら「最初の筆ペン選び」

 

筆文字を描くコツ

 

失敗もなんとかなる裏技

 

筆ペンの特徴をいかした味のある 「一線」の書き方のコツ

 

筆ペンで書きたくなったという方は、こちらのコースがおすすめです。

 

▼筆文字を教える先生として活躍したい方向けのコース(侑季担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼「初級セミナー」伝筆はじめての方は、こちらからどうぞ!!(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼初級セミナー修了後、さらに技術アップや様々な、素材で作品を作りたい方向けのコース(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

不定期開催、「伝筆くらぶ」(侑季・小塚担当)はこちらからご覧ください。

 

※画像をクリックしてください

 

【日程が合わない方、最新日程を知りたい方へ】

 

LINE@が使いやすい方は、伝筆セミナー日程をお知らせするLINE@にご登録を。

 

※画像をポチと押してください。

 

メールが使いやすい方は、<60分で出来る心を伝える、筆文字無料メール>最新情報をお知らせしていますので、ご登録しておいてください。

 

メールアドレス(必須):

お名前(必須):

 

 

【伝筆先生になる10月スタートコース 9期生募集】

 

<残5席>

 

伝筆講師養成講座9期生詳細、お申し込みはこちらからご覧ください

 

【最新セミナーのお知らせ】

 

伝筆公式セミナー・不定期開催セミナーのお知らせはこちらから

 

【伝筆キャラバンのお知らせ】

 

全国を旅する伝筆キャラバンの日程です。

 

2019年伝筆キャラバン 日程

 

わたしも会場へ、足を運ぶことがあります。

 

お会いできたら嬉しいです。

 

▼2017年と2018年の様子を ブログにまとめましたので ご覧くださいね

 

 2018年伝筆キャラバン記録

 

2017年伝筆キャラバン記録