日本には、太陽の運行に基づいて、1年で最も昼の長い日を「夏至」、1年で最も昼の短い日を冬至、昼と夜の長さが同じ日を春分・秋分とし、この4つを春・夏・秋・冬の中心として決めた暦があります。

 

二十四節気です。

 

本日は、夏至です。

 

昼の時間の最も長い日ですね。

 

 

一般社団法人伝筆協会の侑季蒼葉です。

 

「夏至」の意味を知って、上手な字を書きましょう!

 

6月には、季節の節目となる日があります。

 

二十四節気の「芒種」と「夏至」です。

 

「夏至」「冬至」という言葉は、どこかでお聞きになったことがあると思います。

 

夏に至ると書く「夏至」はどんな季節のことを指すのでしょうか?

 

今回は、知っているようで曖昧な「夏至」の意味、そして「夏至」筆ペンの書き方についてお届けします。

 

 

「夏至」の読み方

 

「夏至」と書いて「げし」と読みます。

 

「夏至」は二十四節気の10番目、「芒種」と「小暑」の間にあります。

 

「夏至」の頃は、梅雨も後半に入り、日がどんどん長くなり、そろそろ夏が来るという気配を感じる頃です。

 

 

 

夏に至ると書いて「夏至」「げし」なのですが、梅雨時期のちょうど真ん中あたりにやってきます。

 

大雨が降ったり、急激に暑くなったりと、日々天気が移り変わり、夏の陽ざしが待ち遠しい季節です。

 

暦の上では、以下のように季節は変わっていきます。

 

■春

 

立春雨水啓蟄春分清明穀雨

 

■夏

 

立夏小満芒種夏至→小暑→大暑

 

■秋

 

立秋→処暑→白露→秋分→寒露→霜降

 

■冬

 

立冬→小雪→大雪→冬至→小寒→大寒

 

「夏至」は、夏の4番目にあたる節気です。

 

「夏至」はいつ?

 

二十四節気は毎年日付が異なりますが、「夏至」は例年、6月21日~22日ごろ。

 

2020年の「夏至」の日は 6月21日です。

 

ちなみに2019年の夏至は6月22日(土)でした。

 

二十四節気は「期間」を表すものとして使われることもあります。

 

次の節気「小暑」の前日までが「夏至」となります。

 

2020年は、6月21日から7月6日までです。

 

「夏至」の日は、北半球では一年でもっとも昼が長く、夜が短い日を意味しています。

 

お昼の長さを「冬至」の日と比べると、5時間弱も違いがあります。

 

ただ、梅雨時期のせいか、さほど日が長く感じなかったりしますので、実感が湧きにくいですね。

 

「夏至」の風習

 

「夏至」は日本だけのものと思われているかもしれませんが、実はそうではありません。

 

ヨーロッパの各地では、夏至の日に「夏至祭」が開かれます。

 

日本では、「夏至祭」のような風習はあまりないのですが、夫婦岩で有名な三重県鳥羽市にある二見興玉神社では、夏至の日の早朝から夏至祭として禊の祭典が行われます。

 

夏至の前後だけ、岩と岩の間から朝日が昇る夫婦岩に向かって海に入り、身を清めるという行事です。

 

「夏至」の風習は地方によって様々で、関西ではこの日にタコを食べる習慣があり、関東地方では焼き餅をお供えたりします。

 

京都では、6月30日に「水無月」という小豆を“ういろう”に乗せて三角形に切った和菓子を食べる風習があります。

 

これは「夏越の祓(なごしのはらえ)」という神道の儀式に際した風習です。

 

小豆は悪霊祓い、三角形は暑さを耐えるための氷を意味しています。

 

沖縄では、この頃に吹く季節風を「夏至南風」といいます。

 

この風が吹くと、梅雨が明けて本格的な夏の訪れるそうです。

 

すてきな言葉ですね。

 

梅雨の時期、大雨になることもあります。

 

平安の日々を祈り、「夏至」伝筆作品4作品をご紹介します。

 

「夏至」(げし)筆ペン書き方

 

今回は、「夏至」侑季蒼葉の4作品をご覧ください。

 

同じ文字でもイメージを変えたい時悩まれる方も多いようです。

 

線の選び方で文字のイメージは変わります。

 

「曲線」「直線」「太さ」「繋ぎ」

 

この4つのポイントで、「夏」という文字を描きました。

 

「夏至」筆ペン「1」 曲線を生かした筆文字デザイン

 

 

「夏」の二画目と三画目を曲線で繋いで描きました。

筆を紙に下ろした際に、ぺん先の根元までつけ、半円を描くように、一気に曲線を描きましょう。

 

「夏至」筆ペン「2」直線を生かした筆文字デザイン

 

 

「夏」の一画目の横線は、スタートとフィニッシュの位置は同じにします。

 

二画目と三画目は、線を繋ぎがらも、二画目と三画目の繋ぎに柔らかな角を出しながら、上から下へ線を下ろします。

 

「夏至」筆ペン「3」太い線、細い線を生かした筆文字デザイン

 

 

「夏」の一画目の太い線は、ペン先から根元まで下ろしたらそのまま横へ移動させます。

 

こちらを参考にしてください。

 

筆ペンの特徴をいかした「線」の書き方のコツ

 

他の細い線は、筆ペンの先で描きます。

 

線が震えやすい方は、筆ペンを短く持つと震えにくくなります。

 

「夏至」筆ペン「4」線と線を繋いだ筆文字デザイン

 

 

「夏」の一画目と二画目と三画目とどんどん線を繋いで書きました。

 

一画目の横線は、ペン先の根元を下ろしたまま、筆を左から右に移動させ、一気に二画目の縦線を描いたら、そのままのスピードで三画目へ下から右斜め上へ移動させます。

 

スピード感を大事にして描いてください。

 

雨も楽しみ、晴れも楽しんで、夏至を迎えましょう。

 

6月は、水に関わりのある季節です。

 

水は、浄化であり、生命の源。

 

雨も楽しみ、晴れも楽しむ精神で夏至を迎えましょう。

 

筆ぺんは、ちょっとしたコツで楽しく書けるようになります。

 

雨の日の楽しみに加えてくださいね。

 

 

全国の認定講師のもとで、伝筆セミナー学べます。

 

※こちらの画像からご覧ください。

 

公式LINEにて、伝筆協会の最新情報をお知らせしています。

 

2020年毎月(予定)「協会代表Yuukiの伝筆見本データ」プレゼントしています。

 

伝筆協会公式LINE アカウント @gqk6920y

 

 

友だち追加

 

こちらの記事も参考にしてください。

 

「四字熟語」の意味と筆ペン書き方

 

「二十四節気」の意味と筆ペン書き方

 

筆ペンで書きたくなったという方は、こちらのコースがおすすめです。

 

▼筆文字を教える先生として活躍したい方向けのコース(侑季担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼「初級セミナー」伝筆はじめての方は、こちらからどうぞ!!(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼初級セミナー修了後、さらに技術アップや様々な、素材で作品を作りたい方向けのコース(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

不定期開催、「伝筆くらぶ」(侑季・小塚担当)はこちらからご覧ください。

 

※画像をクリックしてください

 

【侑季と小塚の日程が合わない方、最新情報を知りたい方へ】

 

LINEをご希望の方※講座開催情報のみお知らせ

 

 

メールをご希望の方「60分で出来る心を伝える、筆文字無料メール」へ

 

メールアドレス(必須):

お名前(必須):