「筆ペンで、アルファベットをどう描いたらいいのかわからない」とご相談を受けることがあります。

 

筆ペンとアルファベットは、意外にも相性がとっても良いです^^

 

 

誰でも筆ペンで文字が描けるようにという想いを込めて、筆文字講座「伝筆(つてふで)」の先生育成に力を注いでいる侑季蒼葉(ゆうきあおば)です。

 

2017年12月に英語版をリリースしました。

 

きっかけは、、、、2017年12月に英語版をリリースしました

 

以前、日本在住日本語ぺらぺらのAさんに、伝筆セミナーを受けていただいたことがあります。

 

わたしは、英語が話せないので、日本語で行いました。

 

 

Aさんなら大丈夫だろうと思ったのですが、やはり慣れない単語があったようで、、「カートリッジ」「余白」「四隅」などの細かい単語に、苦労されていました。

 

その時、たとえネイティヴなみに日本語が話せても、「外国の方にセミナーを理解してもらうのは難しいものだな」と、とても良い勉強になりました。

 

そして、2017年に、香港、サンフランシスコと、海外に伝筆先生が誕生しました。

 

 

それぞれの国にお住まいの先生のもとで学んだくださった方は、現地の友人にメッセージカードを送る機会もあります。

 

現地の方は、日本語がわからない、、、ということもあり、友人にカードを送りたいので「英語」の見本がほしい、というご要望がありました。

 

また、現地の方に伝筆を習ってもらった際、初級セミナーの次のコースの中級セミナーは、母国語以外の言語を込み入った作品にしあげるコースしかなく、母国語以外の言葉であれだけの作品を制作するのは難しいので、「英語版がほしい」と伝筆先生からご希望もいただきました。

 

 

実は、以前から、伝筆先生ならびに参加者の方から、「アルファベット」の見本がほしい、「英語の単語の描き方を教えてほしい」という希望をいただいていのですが、「日本語は、表意文字。しばらく、その表意文字にこだわりたいのでアルファベットは当分ないです」とお答えしていました。

 

考えてみたら、「表音文字にあたる、ひらがな編」は作ってあるのですけどね。(笑)

 

が、時期が到来しました!!

 

伝筆の基礎を学べる「伝筆初級セミナー修了(英語版レッスン1)」後に、筆ペンでアルファベットを描く「英語版レッスン2」を開催します!!

 

 

テキストは、日本語と英語訳つきです^^

 

Aさんのように、日本語が話せるけど、日本語が読めないという方にも理解しやすいテキストになったのではと思っています。

 

また、海外で活用していただきやすいよう「ハローウィン」「イースター」「グリーティング」「母の日」「結婚祝い」などの英語版見本もご用意しました。

 

アルファベットを練習し、 英語で、 かわいいオープンハート©封筒と、 2つ折りメッセージカードの 3セットを完成!

 

 

余裕があれば、ハガキ作品も!

 

日本人同士でももちろん、 海外の方へも活用していただけます!

 

そうそう、今回は、 伝筆シールも作りまして、 「英語版レッスン2」にお付けすることに しました。

 

 

「英語版レッスン2」で出来上がる作品は?

 

まずは、みなさんが制作された伝筆作品を一気に公開しますね。

 

 

 

 

このように、英語版は、カラフルに楽しい作品をポイントとしています。

 

思わず、カラー筆ペンが欲しくなってしまいますね。

 

 

以下は、お祝いなどに活用しやすいように、色紙サイズで描きます^^

 

 

 

 

 

 

みなさん、とってもいろんな作品アイデアをお持ちでです。

 

その作品から、アイデアをもらえるのが、複数人集まってのセミナーの良いところだなと、毎回感動します。

 

英語版レッスン2に参加した方の感想です。

 

・アルファベットは苦手意識があったけど、今回の4時間でずいぶん自信がついた。

 

・英語で翻訳してあってびっくり!!

 

・中級セミナーの「ひらがな編」「漢字編」と参加して日本語は描けるようになったきて、さらにアルファベットと、描く幅が広がりました。

 

すっごく楽しい時間で、描けるパターンが増えたので、どんどんメッセージカード出したいです。

 

 

・線一本一本の強弱のつけ方がかわり、自分の習う前に描いたアルファベットから、4時間たって、すってきなアルファベットの文字に変身していたのには、自分ながらびっくりした。

 

・自分のなかでアルファベットはどう描いたらいいのかわからなかったけど、どこを強調したらいいのかわかったのとカラフルな色使いの楽しみ方もわかりました。

 

・初級セミナーの復習から教えてもらって、参加していても気持ちが楽でした。

 

忘れていることがたっくさんあって、●●の意識など大事なことを思い出すことができて、自分の文字に戻りつつあってもどうしたらいいのかわからなかったけど、際認識できてよかった。

 

ありがとうございます!!

どんどん活用していただけると、嬉しいです^^

 

英語版レッスン2は、どうしたら受けられるの?

 

英語版レッスン2は、英語版を教える資格のある伝筆先生のもとで受講することができます。

 

初級セミナーを学んだ先生に、一度お尋ねください。

 

 

北海道、愛知、静岡、滋賀の伝筆先生。

 

 

大阪、長野、愛知、北海道、東京、埼玉、岐阜、兵庫の伝筆先生。

 

 

愛知、静岡、長野の伝筆先生。

 

大分、長野、滋賀、北海道、東京、埼玉の伝筆先生。

 

 

セミナーへのお土産、たくさんいただきました。ありがとうございます。

 

上記の伝筆先生が、各地で、英語版レッスン2は開催されています。

 

侑季の英語版レッスン2セミナーの詳細です

 

【講師】侑季蒼葉 ※伝筆(つてふで)協会代表・小塚寛也

 

 

初級セミナーにすぐ申し込みしたい方はこちらをご覧ください。

 

【2018年 開催日時】

・3月17日(土)13時から17時 名古屋 侑季担当 ←終了しました

・6月2日(土)13時から17時 名古屋 侑季担当

・6月3日(日)13時から15時 大阪 侑季担当

 

4時間を受講して、英語版レッスン2修了となります。

 

もし、日程が合わない場合、もしくは、開催日程などの最新情報をご希望の方は、「60分で出来る、心を伝える筆文字(伝筆つてふで)」メールにご登録ください。

 

【内容】

 

・アルファベットをカッコよく描くコツをお伝えします。

・外国の方にも楽しんでいただけるメッセージカード の作り方を学べます。

 

【参加費用】

 

▼新受講:26,800円(税込)

日本語と英語の二ヶ国語で 説明入りテキスト、伝筆シール付き

 

 

▼再受講: 10,800円(税込)

 

【持ちもの】

 

・ペンてる筆<太字>XFL2B 緑のキャップです。 ※会場で購入できます。

・他お持ちのカラーの筆ペンなど。

・練習用A4用紙 (使用済 可)約30枚

 

【開催場所】

 

▼3月17日(土)・6月2日(土)

名古屋開催 名古屋市上前津近辺 ※お申し込み後、詳細をお知らせします

 

▼6月3日(日)

TOVC大阪サロン

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1-10-1 グローリー心斎橋1002号室

 

・堺筋線「長堀橋駅」より徒歩2分

・長堀鶴見緑地線「長堀橋駅」より徒歩3分

・御堂筋線/長堀鶴見緑地線「心斎橋駅」より徒歩8分

 

【お申し込み方法】

 

こちらの、侑季の英語版レッスン2お申し込みフォームからお申し込みください。

自動返信にてお振込先が返信されます。

 

 

開催日数が少なくなってきています。

 

ご都合があえば、ぜひ!!

 

▼90日間で、筆文字を教える先生として活躍したい方向けのコースもご用意しています。

※伝筆初めての方もご参加いただけます。

 

伝筆の先生にご興味のある方はこちらをご覧ください。

 

▼全国で「初級セミナー」を習うことができます。

 

伝筆協会HP→「習いたい方」→「初級セミナー」→「講師を探す」から検索してみてください。

 

▼初級セミナー修了後、侑季担当のもと、さらに技術アップ、様々な素材で作品を作りたい方向けのコースもございます。

 

伝筆くらぶは、こちらからご覧ください。

 

中級セミナーは、こちらからご覧ください。

 

あて名セミナーは、こちらからご覧ください。

 

 

<60分で描ける、伝筆セミナーメルマガ>

メールアドレス(必須):

お名前(必須):

 

 

 

懇親会でおいしい食事をしたお礼に、伝筆をプレゼントさせていただきました。

 

色紙は、小塚の作品。

 

わたしが手にしているハガキは、伝筆先生との共同制作^^