季節は晩秋も深まってきていますが、・・・朝晩が冷え込みますが、日中はまだ蒸し暑い日が続いていますね。

 

日本の季節には、「春夏秋冬」以外に、24節気の呼び方があります。

 

どんな季節なのか、少し意味を知っておくと、四季をさらに豊かに感じることができます。

 

今回は、「霜降」の意味と時期、筆ペンの書き方のコツをご紹介します

 

一般社団法人伝筆協会の侑季蒼葉です。

 

 

「霜降」の意味と時期、筆ペン書き方

 

朝晩は少しづつ冷え込んできたなと思う頃、二十四節気の18番目の「霜降」を迎えます。

 

10月には、季節の節目となる日があります。

 

二十四節気の「寒露」と「霜降」です。

 

「寒露」と「立冬」の間の二十四節気である「霜降」はどんな季節なのかご存知ですか?

 

日が短くなり、山は紅葉で彩られるころの季節「霜降」ですが、あまり馴染みのない言葉です。

 

 

今回は、「霜降」の意味、そして、「霜降」筆ペン書き方のコツについてお届けします。

 

 

「霜降」の読み方

 

「霜降」と書いて「そうこう」と読みます。

 

「霜降」は、シモフリではないので間違えないようにしましょう。

 

シモフリだと、赤身の間に脂肪が入った高級牛肉になってしまいます^^

 

「霜降」は二十四節気の18番目、「寒露」と「立冬」の間にあります。

 

 暦の上では、以下のように季節は変わります。

 

 

立春雨水啓蟄春分清明→穀雨

 

 

立夏小満芒種→夏至→小暑→大暑

 

 

立秋→処暑→白露→秋分→寒露→霜降

 

 

立冬→小雪→大雪→冬至→小寒→大寒

 

「霜降」は、秋の6番目にあたる節気です。

 

この季節をすぎると、冬に入ります。

 

「霜降」はいつ?

 

二十四節気は毎年日付が異なりますが、「霜降」は例年、10月23日頃。

 

2019年の「霜降」の日は、10月24日です。

 

二十四節気は「期間」を表すものとして使われることもあります。

 

次の節気「立冬」の前日までが「霜降」となります。

 

2019年は、10月24日から11月7日までです。

 

「霜降」の意味

 

霜降は、書いて字の如く「霜(しも)が降りる」という意味があります。

 

気温が下がり氷点下になると、空気中の水蒸気が地表に凝結して霜になりますが、霜降はこうした自然現象を表しています。

 

実際にはもう少し先ですが、早朝に、地面や植物の葉に、キラキラ光る白い霜が見られるようになります。

 

幼いころ、道を歩いていると、シャキシャキとなった音も懐かしいです。

 

「霜降」の気候

 

これからは「寒さが深まっていく季節」です。

 

楓(かえで)や蔦(つた)が紅葉し始め、北から順に日本列島が、赤色に染まり始めます。

 

 

コートや暖房器具の準備など冬支度を始めてくださいね。

 

紅葉

 

紅葉のことを「もみぢ」と発音します。

 

 

「もみぢ」は赤系統の色をイメージする事が多いと思いますが、実は万葉の時代は黄色だったとご存知ですか?

 

わたしは知らなかったのですが、黄葉と書いて「もみぢ」と呼ぶそうです。

 

「もみぢ」は楓(かえで)の木を指し、楓(かえで)そのものを「もみぢ」と呼ぶこともあるそうです。

 

わたしが住む名古屋には、銀杏(いちょう)の木が立ちならぶ道路があります。

 

この季節、この銀杏(いちょう)からは強烈な匂いがします(笑)

 

銀杏(ぎんなん)です。^^

 

銀杏(ぎんなん)が落ちる頃、銀杏(いちょう)は黄色く色づき、黄色の葉が落ち始める。

 

それは見事です。

 

なぜだか、幼いころにタイムスリップします。^^

 

寒くなると、「気分が落ち込む」なんてこともありますが、 抜けるような透明感のある空を見上げたり、「もみぢ」を愛でるとエネルギーがもらえます。

 

今年は、令和の時代になって初めてのもみぢ狩りです。

 

寒くなっていく今日このごろですが「どこでもみぢ狩りをしよう」とか、大好きな銀杏(ぎんなん)をお酒のおつまみにするなど、、

 

 

今の季節だからこその楽しみをみつけて過ごしたいと思います。

 

これから、どんどん朝晩の冷え込みが厳しくなります。

 

読書、そして、「書」をしたためるなど、秋の夜長を楽しむのもいいですね。

 

「霜降」(そうこう)筆ペン書き方

 

「雨」のデザインに悩まされたりしませんか?

 

いくつかのパターンで書いてみました。

 

参考にしてみてください。

 

「霜降」筆ペン「1」作目筆文字デザイン。

 

 

1作品目。

 

「雨」を曲線で書いて、可愛らしい作風にしました。

 

太い線から細い線へ書く際は、最初に筆圧を強めて筆ペン全体で書くと太い線でスタートできます。

 

筆ペンの特徴をいかすと、味のある線が描けます。

 

ポップなイメージがより強めるために、ところどころに、ドットの○を活用しています。

 

「霜降」筆ペン「2」作目筆文字デザイン。

 

 

2作品目の「雨」は、横線谷型を活用して、少しすっきり感を加えました。

 

横線谷型とは

 

文字の配置は同じでありながら、印象を変えたい場合は、ドットから直線へ、直線のまっすぐ型を谷型へと線のセレクトを変えてみる。

 

また、字が整っているようにみせる簡単なコツは、線の角度を揃えること。

 

「霜」と「降」のどちらの文字の横線も、角度をまっすぐ書くことで、整ってみせてます。

 

整ってみえると、字がうまくみえます^^

 

「霜降」筆ペン「3」作目筆文字デザイン。

 

 

3作品目は、「雨」の左側の線を長くして、その内側に「木」と「目」を収めました。

 

線の長短と、文字の大きさを変えると、同じ文字でも印象が変わりますね。

 

線を長く書く際は、スピートを意識してみてください。

 

ほんの少し、スピートアップ!!

 

「霜降」筆ペン「4」作目筆文字デザイン。

 

 

4作目は、どっしりとした印象にしてみました。

 

「雨」の2画から3画までは、左から一筆で書いています。

 

線の角は、丸みを加えて。

 

角に丸みがあるのかないのかで印象はぐんと変わります。

 

もし、単調な文字になってしまったら、ドットの○の大きさを少しづつ変えてみましょう。

 

「霜降」筆ペン「5」作目筆文字デザイン。

 

 

最後は、縦書きにしました。

 

筆圧を弱めると、細い線で書けます。

 

ですが、線を全部細くしてしまうと単調な文字になってしまいますので注意してください。

 

もし、単調な文字になってしまっても大丈夫。

 

ところどころ、太さをプラスしてみましょう。

 

簡単に、味のある文字へ変身。

 

 

「霜降」の意味を知って使ってみましょう

 

今回は、「霜降」の意味と筆ペン書き方についてご紹介しました。

最近は手書きの機会が少なくなったとはいえ、秋の夜長に筆ペンがあれば、楽しい夜に大変身^^

 

日々のちょっとシーンで活用することで、ワンランク上を目指したいですよね 。

 

そんな方は、ぜひこの記事をご参考に、言葉と筆ペンを使いこなしてみてくださいね。

 

 

書き方が気になった方は、こちらもご覧くださいね。

 

ラインで侑季と小塚の講座の日程情報を主に知りたい方は、こちらがおすすめです。

 

 

友だち追加

 

参考図書「直線で書けば今すぐ字が上手くなる」(サンマーク出版)著者:一般社団法人代表理事 侑季蒼葉

 

 

使用している筆ペン「ぺんてるの太字」

 

 

 

全国の認定講師のもとで、伝筆セミナー学べます。

 

※こちらの画像からご覧ください。

 

公式LINEにて、伝筆協会の最新情報をお知らせしています。

 

2020年毎月(予定)「協会代表Yuukiの伝筆見本データ」プレゼントしています。

 

伝筆協会公式LINE アカウント @gqk6920y

 

 

友だち追加

 

こちらの記事も参考にしてください。

 

「四字熟語」の意味と筆ペン書き方

 

「二十四節気」の意味と筆ペン書き方

 

筆ペンで書きたくなったという方は、こちらのコースがおすすめです。

 

▼筆文字を教える先生として活躍したい方向けのコース(侑季担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼「初級セミナー」伝筆はじめての方は、こちらからどうぞ!!(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼初級セミナー修了後、さらに技術アップや様々な、素材で作品を作りたい方向けのコース(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

不定期開催、「伝筆くらぶ」(侑季・小塚担当)はこちらからご覧ください。

 

※画像をクリックしてください

 

【侑季と小塚の日程が合わない方、最新情報を知りたい方へ】

 

LINEをご希望の方※講座開催情報のみお知らせ

 

 

メールをご希望の方「60分で出来る心を伝える、筆文字無料メール」へ

 

メールアドレス(必須):

お名前(必須):

 

 

【伝筆キャラバンのお知らせ】

 

全国を旅する伝筆キャラバンの日程です。

 

▼キャラバンの歴史

2019年伝筆キャラバン記録

 

 2018年伝筆キャラバン記録

 

2017年伝筆キャラバン記録