現在、国内国外あわせて200名以上の伝筆先生と共に、筆ペンを使って、目に見えない想いを、伝筆(つてふで)という見える形の筆文字にして、大切な人へ大切に伝え合う活動を、全国で行っています。

 

2019年伝筆キャラバンのお知らせと記録(2019,9,14)を更新しました。

 

 

一般社団法人伝筆協会代表の侑季蒼葉です。

 

伝筆協会は、2015年に法人化しました。

 

伝筆協会のイベントの一つ伝筆キャラバン。

 

「〜生まれてきてくれてありがとう〜」という、人の根底にある想い、でも、あらたまって伝える機会が案外少ない想い、を、伝筆にしあおう、という企画です。

 

※侑季蒼葉作

 

 

 

〜私たちの願い〜 あなたへ、生まれてきてくれてありがとう、を伝えたい

 

はじめまして、社団法人 伝筆(つてふで)協会の代表理事 侑季蒼葉です。

 

全国、世界で起こる、様々な出来事を知るたびに、いつも思うことは「私たちに できることはなんだろう・・」という問いかけです。

 

以前、お母さん向けのコミュニケーション講座にて、「お子さんへ“ありがとう”を 伝えましょう」とお伝えしていました。

 

あるお母さんが、お子さんのお友達A君に「ありがとう」と言うと、A君は、「キョトン」。

 

「どうしたの?」と尋ねたら「大人でも“ありがとう”と言うんだ!」と驚いたのだそう です。

 

A君に「嬉しい?」と聞いたら、「うん!」と満面の笑み。 また、ある出来事です。

 

中学生のB君に「生まれてきてありがとう」というハガキを渡しました。

 

思春期の男の子が、あかの他人からもらうハガキを果たして喜んでくれるだろうか という不安がありました。

 

結果は、B君の顔はゆるみ、はにかみながらも喜びの表情に。

 

その表情を忘れることができません。 心で想っていても、なかなか届かない「ありがとう」。

 

いつのまにか伝える機会を失った「生まれてきてくれてありがとう」という想い。

 

それは親子のみならず、私たちの隣にいる仲間にも、そして、新たな出逢いにも 伝えあいたい言葉。

 

その想いを、「書」にしたためて、大切な人へ贈りあえたら、もっと笑顔が増えるの ではと思うようになりました。

 

このような出来事と想いが重なり、2018年は昨年に続き「生まれてきてくれて ありがとう」企画を全国にいる伝筆(つてふで)先生と共に作品のキャラバンを します。

 

あなたへ「生まれてきてくれて、ありがとう」

 

世界中のすべての人へ届きますようにという願いを込めて。

 

一般社団法人 伝筆協会代表理事   侑季蒼葉

 

 

 

 

 

2017年は、全国16カ所総作品数971作品。

 

 

2018年は、全国26カ所総作品数1135作品。

 

 

 

2019年は、<Nグループ><Tグループ>の2つに分かれてスタートさせます。

 

この記事は、2019年伝筆キャラバンの軌跡を残すための記録記事ですので、随時更新します。

 

<Tグループ>です。

 

1、チーム信州灯明まつり:64作品

 

2019年伝筆キャラバン、Tチームのスタートを飾ってくれたのは、信州です。

 

開催場所は、世尊院 長野県長野市元善町475

 

期間は、2月10日(日)~11日(祝)

 

担当は、新井先生松島先生

 

2月10日 伝筆キャラバン:善光寺にてチーム信州灯明まつり64作品

 

 

他、長野の伝筆先生が応援にかけつけて開催。

 

 

 

 

 

伝筆先生からのメッセージです。

 

こんなにたくさんになるとは思っていなかったので、驚きと喜びで舞い上がっています。

 

快く会場をお貸しくださいました世尊院さまにも感謝いたします。

 

長野県外からも描きに来てくださった方々、世尊院に足を運んでくださった多くの伝筆愛好家のみなさま、そして、信州の講師のみなさん、ご協力ありがとうございました

 

 

さて、2箇所めは、南へ。

 

な〜〜んと、宮古島です^^

 

2、チーム宮古島:64→131作品

 

信州から宮古島へ飛びました、伝筆キャラバンです。

 

日時:3月16日(土)~17日(日)

 

開催会場:宮古空港ターミナルビル1Fアメニティ広場

沖縄県宮古島市平良下里字下里1657番地128

 

担当は、なみおか先生奥田先生です。

 

 

 

 

 

 

 

昨年の大雨の宮古島のキャラバンが、繋いだ、2019年宮古島キャラバン

 

そして、宮古島から、埼玉へ^^

 

3、チーム和紙のふるさと小川:131→178作品

 

信州→宮古島、そして、埼玉です。

 

開催日時:3月25日(月)~3月29日(金)

 

開催会場:Cafeエフアローン 埼玉県比企郡小川町大塚1175-1

 

担当は、久保田先生、荒井先生、永田先生です。

 

平日開催にも関わらず、たくさんの方においで頂きました。

 

感謝申し上げます。

 

 

 

 

 

そして、岡山へ^^

 

4、チームアルネ津山:178→230作品

 

信州→宮古島→埼玉から、岡山です。

 

開催日時:4月4日(木)~4月8日(月)

 

開催会場:岡山県津山市新魚町17 株式会社天満屋津山店

 

担当の先生は、榎本先生です。

 

 

 

 

2日間の作品数は、52作品!!

 

店員さんが、たくさん参加してくださり、そして、みなさんが自分の作品を見に来たり、お客さんに見てもらいたくて仕方ない(笑)感じで、何度も来てくださるから、ほんとにいい空間になりました!!

嬉しいです。

 

最年長は、91歳のおばあちゃまでした。

 

当初、想像していたよりも、何倍もの方に参加していただけたので、びっくりしています。

 

なんといって、お店の方みなさまのご協力的が素敵すぎて!!

 

デパートにも関わらず、とってもアットホーム。

 

榎本先生からのレポートでした^^

 

そして、岡山から静岡へ伝筆作品が旅をします。^^

 

5、チーム伝筆静岡会(清水):230→230作品

 

信州→宮古島→埼玉→岡山から静岡へ、伝筆作品旅をしています。

 

開催日時:4/15(月)〜4/19(金)

 

開催会場:朝日テレビカルチャー清水スクール

 

担当は、大村先生です。

 

 

 

チーム伝筆静岡会は展示のみです。

 

担当の大村先生から、各地開催の伝筆キャラバンお写真が届きましたのでご紹介します。

 

みなさんの作品も写っているかも?^^

 

まずは、「チーム信州灯明まつり」64作品と、「チームアルネ津山」52作品のお写真です。

 

 

 

チーム宮古島67作品です。

 

 

「和紙のふるさと小川」47作品です。

 

 

どのチームの作品も輝いています!

 

今回はどちらも展示のみですが、既に展示会場を提供してくださった朝日テレビカルチャーのスクール長が感激されています。

 

「伝筆キャラバン」を通じて、カルチャースクールに恩返しもできたのかなと、こちらも感動しています。

 

大村先生からのレポートでした。

 

そして、静岡から、な〜〜んと北へ。

 

北海道滝川まで、伝筆作品が旅をします^^

 

6、チーム菜の花滝川:230→315作品

 

信州→宮古島→埼玉→岡山→静岡から北海道へ、伝筆作品旅をしています。

 

開催日時:4月27日(土)~28日(日)

 

開催会場:北海道滝川市江部乙町西12丁目4 江部乙駅

 

 

担当は、竹中先生、工藤先生です。

 

 

北海道滝川市の江部乙町という小さな町の無人駅の駅舎内にて、初開催です!!

 

1日目、なんと41名もの方が作品を書いてくれました。

 

下は3歳から上は80歳まで、色々か方がいらしてくれて、伝筆を楽しんでました。

 

2日目は 10時よりワークショップスタート!

 

5名の伝筆先生が集まってくれ、大盛況で終了しました!

 

合計85作品増えましたよ!!!

 

とっても楽しかったです。

 

竹中先生のレポートでした。

 

 

 

 

北海道滝川から、さらに、北海道えべつ、へ伝筆作品巡ります。

 

7、れんがの街えべつ:315→395作品

 

信州→宮古島→埼玉→岡山→静岡→北海道滝川から北海道江別へ、伝筆作品旅をしています。

 

開催日時:5月10日(金)~5月11日(土)

 

開催会場:北海道江別市2条2丁目7-1ドラマシアターども

 

担当は、春日先生伊賀先生です。

 

 

 

わたしも激励訪問。

 

 

夜19時過ぎだというのに、と〜〜っても賑わっていました。^^

 

 

 

伊賀先生からレポートいただきました。

 

ご紹介します^^

 

【満員電車のような賑わいでした】

 

伝筆キャラバンえべつ1日目。

 

ワークショップの始まる前から、たくさんの方が来てくれました。

 

一度ワークショップ終了時刻に一度落ち着きましたが、 今回の会場、ドラマシアターどもさんの演劇を観に来た方が、待ち時間に来てくれたりして、19時ごろからまた混み出しました。

 

2日め 開始時刻すぐから、たくさんのお客様がいらしてくれました。

 

昨日同様、お芝居を観に来たお客様が待ち時間に描いてくださったり。

 

家族で来てくださったり。

 

今年度の野幌公民館の伝筆教室に抽選で外れてしまったという方が来てくださったり。

 

バラエティに富んだみなさんが来てくれたキャラバンになりました。

 

そして、今日もいつも参加してくださる生徒さんも来てくださいました。

 

初めて伝筆を描いた方に、「やってみて、本当に楽しかった!」と笑顔で言ってもらえて、こちらも幸せな気持ちになりました。

 

一時期、体験ブースが溢れて、待ちの時間が多くなり、帰られた方もいて、申し訳ないことをしました。

 

とても盛況で終了できて良かったなあと思います。

 

えべつでは総勢80枚の作品ができました。

 

ありがとうございます^^

 

ほんと、とても、初めてとは思えない、すってきな伝筆作品でした。

 

わたしも、ブログ記事にしましたので、ご覧ください。

 

れんがの街えべつにて、伝筆キャラバン開催!!!80作品!!

 

さて、次は、京都へ。

 

8、チームはんなり京都:395→425作品

 

信州→宮古島→埼玉→岡山→静岡→北海道滝川→北海道江別から、京都へ、伝筆作品旅をしています。

 

 

開催日時:5月18日(日)

 

開催会場:京都府京都市壬生東大竹町21-4

 

担当は、榎本先生万ノ先生、一宮先生、古賀上先生です。

 

京都伝筆キャラバン 岡山から 北海道から 奈良から 大阪から 浜松から と、 伝筆先生大集合!

 

みーーーーんなの笑顔が さいこーー!

 

 

 

 

 

生まれてきてくれて ありがとう というテーマにて 30作品!!

 

 

 

 

昨年に引き続き 会場を貸してくださった Siraraさま ありがとうございます!

 

4月からは 京都でもカルチャーセンターにて 伝筆講座開講します!

 

京都にて、2年連続て伝筆キャラバン!伝筆カルチャーも開講します^^

 

さて、次は、熊本八代へと、伝筆作品が旅をします^^

 

9、チーム熊本:425→487作品

 

信州→宮古島→埼玉→岡山→静岡→北海道滝川→北海道江別→京都から熊本へ、伝筆作品旅をしています。

 

 

開催日時:5月24日(金)~5月26日(日)

 

開催会場:熊本県八代市岡町谷川 西岡養蜂園

 

担当は、丸田先生堀先生片峰先生伊賀先生です。

 

 

丸田先生より、以下の感想をいただきました。

 

場所を提供してくださった西岡養蜂園さま、ありがとうございます。

伝筆を体験して、 「これから明るく生きられる予感」 と、コメントを下さった方がいて、 嬉しくて思わず涙が出てしまいました。

 

本当に素晴らしい体験をさせて頂きました。

 

いろんな出逢いと沢山の笑顔が溢れたキャラバンでした。

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

後日、新聞にも掲載していただけました。

 

心からお礼申し上げます。

 

次は、神奈川です^^

 

10、チーム寺小屋:487→513作品

 

信州→宮古島→埼玉→岡山→静岡→北海道滝川→北海道江別→京都→熊本から神奈川へ、伝筆作品旅をしています。

 

開催日時:2019年6月9日(日)~10日(月)

 

開催場所:神奈川県横浜市青葉区市ケ尾町1152-25  集-maru@ichigao ILMA CAFE

 

担当は、本間先生埋橋先生宮前先生、佐々木先生です。

 

 

壁一面に展示された、伝筆ハガキ。

 

一番長いところで、11枚の伝筆作品が繋がっているそうです。

 

「伝筆の壁紙」のような展示は、圧巻ですね。

 

 

 

 

 

 

 

そして、次は、北海道岩見沢へと、伝筆作品が旅をします^^

 

11、チーム岩見沢:513→545作品

 

信州→宮古島→埼玉→岡山→静岡→北海道滝川→北海道江別→京都→熊本→神奈川から北海道岩見沢へ、伝筆作品旅をしています。

 

開催日時:2019年6月21日(金)~25日(火)

 

開催会場:北海道岩見沢市四条西1丁目3番地4

 

岩見沢市生涯学習センター「いわなび」

 

担当は、清野先生 、竹中先生、 石黒先生です。

 

「元気が出る」という声は、「キャラバンを開催して良かった」と、励みになります。

 

と、清野先生の感想。

 

 

 

 

 

32作品増えて、次は、東京増上寺七夕イベント(Tチーム、Nチームの伝筆作品を合併しての展示)から、西東京へ旅をします。

 

12、チーム西東京:545→578作品

 

信州→宮古島→埼玉→岡山→静岡→北海道滝川→北海道江別→京都→熊本→神奈川→北海道岩見沢から西東京へ、伝筆作品旅をしています。

 

開催日時:7月13日(土)~14日(日)

 

開催会場:東京都東久留米市東本町5-1 2階 カフェジンドー

 

担当は、川口先生荒道先生岡川先生です。

 

 

お店の方も一緒になって盛り上げてくださった、とっても楽しいキャラバンだったそうですよ。

 

 

 

 

 

 

 

北は北海道から南は九州で完成した、伝筆作品たち。

 

工夫して、ぜ〜〜んぶの作品が展示されています^^

 

 

伝筆先生が応援に来てくださっていますね〜

 

 

 

 

 

33作品が加わって、次は、東京根津へ旅をします^^

 

 

13、チーム東京根津:578→655作品

 

信州→宮古島→埼玉→岡山→静岡→北海道滝川→北海道江別→京都→熊本→神奈川→北海道岩見沢→西東京から東京根津へ、伝筆作品旅をしています。

 

開催日時:8月30日(金)~8月31日(土)

 

開催会場:文京区立不忍通りふれあい館1階展示コーナー

 

東京都文京区根津2-20-7

 

担当は、徳田先生と、野村のり子先生です。

 

伝筆キャラバンは、2017年からスタート。

 

その最初の会場は、根津でした。

 

ですから、根津は伝筆キャラバンの思い出の土地なのです。

 

そして、スタート当初、わたしと一緒に開催してくれたのが、徳田先生と宮原先生。

 

その徳田先生が、2019年もリーダーとなり、根津にてキャラバンをお披露目してくださいました!!

 

徳田先生からのレポートです。

 

 

 

今回の会場は、展示に画鋲が使えないため、展示方法かなり考えました。

 

いつもは画鋲で固定する養生テープの部分を木の棒に巻きつけて、作品を入れるOPPの袋が傷まないように考えながら、養生テープで縦方向プラス横方向で固定しました。

 

展示用のワイヤーフックは、会場でお借りできるということだったので、それに合うように。

 

各チームごとの作品をサロンで連結してみて、試して当日にのぞみましたが、実際に展示してみるまではドキドキでした。

 

当日は関東の先生方にお手伝いただいたおかげで、無事に展示も完了。

 

高い脚立に上ったりの作業も大谷先生が大活躍。

 

皆さんアイディア満載で、それぞれの得意分野も新たに発見しました!

 

ワークショップも賑やかに、生徒さんやお友達、ふらっとご近所さんが親子で立ち寄ってくださったり、お楽しみいただけました。

 

講師の作品も含め、1日目は40作品となりました。

 

 

 

2日目も賑やかに開催しました。

 

今日も伝筆先生10名がお手伝いくださいました。

 

「癒されますね~」 「言葉のシャワーを浴びてるみたい!」 「心があたたかくなります!」 ・ ・ ・ 等々、沢山のご感想をいただきました。

 

感動の再会があったり、中には2日続けて来てくださった方も!

 

皆さんの笑顔が嬉しい1日となりました。

 

 

親子でご参加いただいたお客様が、 翌日は、ママと三姉妹でご参加くださいました。

 

他にも、パパさんと娘さんでのご参加。

 

親子で伝筆タイム、とっても微笑ましかったです。

 

 

 

 

 

「展示と撤収が一番大変だからね!」って、快くお手伝いくださった関東の伝筆先生方。

 

感謝いっぱいです。

 

キャラバン経験者も多かったので、てきぱきと予定時間よりも早く終了しました。

 

キャラバン作品、次は長野に旅立ちます。

 

 

Tチーム合計作品、655作品。

 

次は合同展示で、信州まつもとへ旅をします。

 

展示会場等の詳細は、<Nグループ>の最後に記載しました。

 

<Nグループ>です。

 

1、チーム・オンズ倉敷:19作品

 

2019年伝筆キャラバン、Tグループのスタートを飾ってくださったのは、倉敷です。

 

開催場所は、岡山県倉敷市船倉町1224オンズピザ店

 

開催期間、2月10日(日)~11日(祝)

 

担当は、榎本先生と、尾崎先生と、西村先生

 

偶然来店してくれた、お母さんと男の子。

 

絵は苦手とお母さんが言ってるそばから、何の迷いもなく、書いてくれました。

 

お母さんと2人での合作。

 

男の子の名前が「航生」くんです

 

 

 

 

 

倉敷から、どんどん、みなさんの伝筆作品が全国を巡ります。

 

次は、名古屋です。

 

2、チーム名古屋:19→73作品

 

倉敷から、名古屋へ、伝筆作品が旅をしています。

 

開催場所:愛知県名古屋市西区枇杷島4-3-11 こっこやスィーツ

 

開催期間:2月16日(日)

 

担当は、堀江先生天野先生

 

 

作品数55点になり、合計74作品次の開催地へ旅をします^^

 

 

 

植村先生、堀江先生、伊藤先生、天野先生宮崎先生

 

さて、次は、愛知から関西へ^^

 

3、春らんらん西宮チーム: 73→97作品

 

倉敷→名古屋から、兵庫県へ、伝筆作品が旅をしています。

 

開催日時:3月5日(火)~10日(日)

 

開催会場:カルボニエラ・デル・トロ(イタリアンの店) 兵庫県西宮市名吹町11-5

 

担当は、一宮先生、榎本先生万ノ先生増田先生古賀上先生野村先生です。

 

本場イタリアンランチもお楽しみいただくことができた、とってもあたたかい雰囲気のカフェにて、たくさんの方々に伝筆体験していただきまして、とっても嬉しいです。

 

また、快く会場をお貸しくださった、カルボニエラ デル トロの店長様、感謝申し上げます。

 

なんと、最後には店主さまやお店の方にも描いていただくことができました。

 

本当に、ありがとうございました!^^

 

 

 

 

 

 

さて、次は、同じ関西圏の八尾です。

 

4、大阪アリオチーム:97→247作品

 

倉敷→名古屋→兵庫県から大阪へ、伝筆作品が旅をしています。

 

開催日時:4月6日(土)~7日(日)

 

開催会場:アリオ八尾 大阪府八尾市光町2-3

 

担当は、万ノ先生榎本先生野村先生増田先生古賀上先生、一宮先生です。

 

 

 

 

 

 

 

伝筆キャラバン大阪初開催にして なんと150作品が新たに加わりました!!

 

私が番組をしている八尾市のコミュニティラジオFMちゃおにも取材して頂きました。

 

初めての開催で展示から会場設営まで 正直不安もたくさんありました。

 

が、関西&中四国の伝筆先生方にサポート頂き大盛況のもと無事に会期を終了することができたこと感謝しています。

 

開催期間中は本当にたくさんの皆様にご来場頂き 素敵な笑顔に出合うことができました。

 

特にご親子連れの来場者が多くご家族の絆を再確認。

 

まさに【生まれてきてくれてありがとう】の 伝筆キャラバンテーマにピッタリ。

 

楽しかったという感想を聴き開催して良かった という想いが湧き上がりました。

 

万ノ先生のレポートでした。

 

 

また、八尾市のコミュニティラジオFMちゃおのブログ取材担当:津田滉介さまから以下のような記事を書いていただきました^^

 

本日、アリオ八尾1階にて『心を伝える筆文字展 伝筆キャラバン』(一般社団法人伝筆協会)が正午より開催されました。

 

『伝筆キャラバン』は伝筆協会のイベントのひとつです。

 

「筆ペンを使って目に見えない想いを“伝筆(つてふで)”という見える形の筆文字にして、大切な人へ伝える」という活動を全国で行なっています。

 

大阪での開催は今回が初めで、人の根底にある「生まれてきてくれてありがとう」という想いを伝筆にし合うのがテーマです。

 

イベントブースには今まで作品が数多く展示されており、どの作品も書いた人の心がこもっている素晴らしいものばかりでした。

 

そして、実際に僕もイベントに参加させて頂きました。

 

慣れない筆ペンに少し緊張しながら、はがきに書いていきます。

 

「日本に 生まれて 良かった」というのが僕の作品です。

 

パステルの朱と青で少し色をつけて日本をイメージしています。

 

日本で生まれた筆ペンの良さ、筆ペンで書いた字の味わいが、もっと多くの方に伝わってほしいと思います。

 

次回の開催場所などは「伝筆らぼ」ホームページを検索してください。 ブログ取材担当:津田滉介

 

ありがとうございます^^

 

 

さて、次は、静岡です^^

 

5、伝筆静岡会(藤枝):247→247作品

 

倉敷→名古屋→兵庫県→大阪から、静岡へ、伝筆作品が旅をしています。

 

開催日時:4月12日(金)~22日

 

開催会場:静岡県藤枝市前島1-3-1ホテルオーレ3F(朝日テレビカルチャー藤枝スクール内)

 

担当は、大村先生です。

 

 

チーム伝筆静岡会(藤枝)は、展示のみです。

 

大村先生から、各チームのお写真が届きましたのご紹介します^^

 

まずは、「オンズ倉敷」チームの19作品。

 

 

「チーム名古屋」73作品です。

 

 

「春らんらん西宮」チーム97作品です。

 

 

「大阪アリオ」チームの150作品です。

 

 

 

すてきな作品ばかりです!!

 

本日で藤枝会場での展示も終わり、静岡での伝筆キャラバンが終了いたしました。

 

これからNチームの作品は、鹿児島に旅立ちます。

 

鹿児島の皆様、楽しみにしていてください。

 

今回の伝筆キャラバンを通じて、改めて伝筆の可能性を再確認することができました。

 

今後の活動を加速させる上でも、開催して本当に良かったと思います。

 

目先の利益を追うのではなく、開催することそのもので感じたり見えたりするものがあると思います。

 

実は急遽開催を決めたので、ちょっと無理をしましたが、開催して本当に良かったです。

 

伝筆先生の皆様からは、FBを通じて温かいお言葉を頂戴いたしました。

 

おかげさまで、滞りなく終えられたことをご報告するとともに、この場をお借りして御礼申し上げます。

 

ありがとうございございました。

 

大村先生からのレポートでした。

 

さて、次は、南へ移動して、鹿児島です。

 

6、チーム名:チーム鹿児島みなみかぜ:247→285作品

 

倉敷→名古屋→兵庫県→大阪→静岡から、鹿児島へ、伝筆作品が旅をしています。

 

開催日時:5月6日(月祝)~12日(日)

 

開催会場:鹿児島市東千石町11-8 集景堂

 

担当は、堀先生片峰先生丸田先生です。

 

鹿児島にて、昨年につづき、伝筆キャラバン上陸!!

 

 

会場の前にて、熊本八代から丸田先生が担当してくださいました。

 

 

 

 

 

北九州から、片峰先生も!!

 

また、担当の鹿児島の堀先生からレポートをいただきましたのでご紹介します。

 

 

展示作品を見て、「心が温かくなり、元気が出ました」 と笑顔になられる方や、書道の有段者の方が 「型にはまらないので、楽しく自由描けるのが新鮮です」 と喜んでくださいました。

 

会場にて、たくさんのっての作品を見て、とても個性的でみていて楽しい!と作品をとても丁寧に鑑賞される方。

 

また、1つの机を交互に囲み、参加者同士が お互いの作品を誉め合い、 楽しげにおしゃべりしながらの 伝筆体験を楽しんでくださる方。

 

自然と会話の弾む様子に、 人と人がつながるきっかけとなる伝筆の魅力を再確認する最終日でした。

 

1週間の開催で、作品数38点となりました。

 

 

ありがとうございます!!

 

鹿児島のみなさんに伝筆のあたたかさが伝わって嬉しいです!!

 

さて、次は、愛知です。

 

7、チーム愛知一宮:285→366作品

 

倉敷→名古屋→兵庫県→大阪→静岡→鹿児島から愛知へ、伝筆作品が旅をしています。

 

 

開催日時:5月19日(日)

 

開催会場:尾張一宮駅前ビル 愛知県一宮市栄3-1-2

 

担当は、伊藤先生、井上先生、小池先生、植田先生、西山先生、河野先生北薗先生です。

 

担当の伊藤先生から以下の感想をいただきました^^

お天気も良く、親子ペア、家族テーム、姉妹ペア、様々な組合せにて、ご来場で笑顔がいっぱいでした。

 

ご来場の方からの感想です。

 

「初めてだけど、楽しかった」

「自分と向き合うしあわせなひとときでした」

「やってみたくなりました」

「素敵な体験でした」

「また、待ってます!」

 

チームメンバーとの打ち上げにて、「来年も!」と、誓い合いました。

 

 

次は、長野へ。

 

8、チーム長野:366→466作品

 

倉敷→名古屋→兵庫県→大阪→静岡→鹿児島→愛知から長野へ、伝筆作品が旅をしています。

 

 

開催日時:5月26日(日)

 

開催会場:大町市立総合病院 長野県大町市大町3130

 

担当は、松島先生新井先生です。

 

 

まず、長野初日は、大町病院祭。

 

もちろん、無事終了されましたが、57名の方がワークショップに参加してくださいまして。

 

新井先生、松島先生がお写真を撮影する時間もないほど。

 

そして、翌日は、会場を変えて。

 

 

開催日時:5月27日(月)

 

開催場所 :ギャラリーねむのき 長野県大町市大町5893-5

 

担当は、松島先生新井先生です。

 

 

 

 

5月26日は、57作品。

 

5月27日は、43作品。

 

合計、100作品の、とってもすてきな伝筆作品が完成しました。

 

次は、岡山へ伝筆作品が旅をします。

 

10、チーム たのたの岡山:466→490作品

 

倉敷→名古屋→兵庫県→大阪→静岡→鹿児島→愛知→長野から、岡山へ、伝筆作品が旅をしています。

 

 

開催日時 : 6月7日(金)〜8日(土)

 

開催会場 : やさいの台所「たのたの庵」 岡山県岡山市中区藤崎641-1

 

担当は、西村先生榎本先生、尾崎先生です。

 

 

 

担当の西村先生から、以下の感想をいただきました。^^

 

今年も昨年に続き「たのたの庵」で開催させていただきました。

 

実は、庵主さまの第2第4腰椎圧迫骨折という事態から中止になっても致し方なしと思っておりましたが、 彼女自身が伝筆ファンということと事前にワークショップに参加予約され楽しみにしてくださっている「たのたの庵」 ファンがいらっしゃるということから当初の日程の通りキャラバンを是非!と言っていただき実施させていただきました。

 

事前予約のみのランチは満席。

 

11時30分から15時までのランチ前後の限られた時間でのワークショップでうまれた作品は、昨日今日と2日間で24作品。

 

とても充実した笑い声響く中身の濃いキャラバンならではのワークショップになりました。

 

 

 

あなたの伝筆作品が全国旅をします。

 

11、七夕増上寺 (Nグループ・Tグループ合同展示):490→549作品

 

倉敷→名古屋→兵庫県→大阪→静岡→鹿児島→愛知→長野→岡山→東京へ、伝筆作品が旅をしています。

 

開催日時 : 7月6日(土)〜7日(日)

 

開催会場 : 大本山増上寺「慈雲閣」 東京都港区芝公園4丁目7−35

 

担当は、リーダー徳田先生榎本先生伊賀先生野村先生、他有志の伝筆先生です。

 

 

会場は、東京タワーのお膝元。^^

 

 

 

伝筆協会のエプロンで指揮を高めて^^

 

 

 

 

伝筆先生も激励訪問してくださいました^^

 

 

 

 

 

 

59作品が加わり、全国を旅をします。

 

やって、やらせて、ほめて高め合う:増上寺伝筆キャラバン

 

12、チーム タコタコ明石:549→559作品

 

倉敷→名古屋→兵庫→大阪→静岡→鹿児島→愛知→長野→岡山→東京から兵庫明石へ、伝筆作品が旅をしています

 

開催日時 : 7月14日(日)〜26日(金)

 

開催会場:イオン明石カルチャー 兵庫県明石市大久保町ゆりのき通り3-3-1

イオン明石4F

 

担当は野村真美先生。

 

 

明石カルチャーセンターさんの 展示スペースをお借りして開催です。

 

作品数、549点。

 

展示スペースの片面ほとんどお借りし、 10メートル以上になりました。

 

通り道になっているので カルチャーに来られた方や、 お買い物帰りの方々が、 展示の時から 足を止めてくださってました!

 

担当、野村より

 

嬉しいですね。

 

13、神戸ワインチーム:559→561作品

 

倉敷→名古屋→兵庫→大阪→静岡→鹿児島→愛知→長野→岡山→東京→兵庫明石から神戸へ、伝筆作品が旅をしています

 

開催日時 : 8月8日(木)〜13日(火)

 

開催会場 : 神戸市西区桜が丘郵便局 兵庫県神戸市西区桜が丘中町

 

担当は、望月先生です。

 

「三ノ宮キャラバン」に、兵庫県神戸市西区桜が丘中町の桜が丘郵便局長が来てくださり、「今年は、ぜひ」と言ってくださいました。

 

桜が丘郵便局の内側から窓ガラス全面に、そして、ガラス越しに外側からたくさんの人が見れるようにと、展示して下さいました。

 

局長が自ら全て展示してくださって、ありがたいことです。

 

感謝!

 

お買い物の行き帰りに、展示の時から足を止めて、お声をかけて下さいました。

 

望月先生より

 

 

 

 

当初、展示期間を8月9日までとしておりましたが、 郵便局局長さんが「凄くいいので、もう少し延長してほしい」と嬉しいご要望をいただきました。

 

8月13日まで延長させていただきます。

 

次は、愛知へ伝筆作品旅をします。

 

14、チームとよた:561→655作品

 

倉敷→名古屋→兵庫→大阪→静岡→鹿児島→愛知→長野→岡山→東京→兵庫明石→神戸から愛知豊田へ、伝筆作品が旅をしています。

 

開催期間:8月22日~24日

 

開催場所:愛知県豊田市小坂本町1丁目25 とよた男女共同参画センター(豊田産業文化センター2階)

 

担当は、千葉真由美先生と、村上先生です。

 

 

以下レポートです。

 

伝筆キャラバンは、愛知県豊田での開催は初です。

 

初日は、 午後からの2時間でしたが、作品31点とたくさんの方にお越しいただき伝筆を楽しんでいただけたり、2日目は、 雨の中、38枚のハガキが増えました!

 

『伝筆始めて』の方々と触れ合う事が出来、「楽しい!」「これから、毎日書いてみようかな。」という言葉を頂けて、とっても嬉しかったです。

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

次は、信州まつもとへ、2チームが集結するために、伝筆作品旅をします。

 

28、合同展示 信州リレーフォーライフまつもと:1310→1380作品

 

Nチーム

 

倉敷→名古屋→兵庫→大阪→静岡→鹿児島→愛知→長野→岡山→東京→兵庫明石→神戸から愛知豊田へと、伝筆作品が旅をして、655作品。

 

Tチーム

 

信州→宮古島→埼玉→岡山→静岡→北海道滝川→北海道江別→京都→熊本→神奈川→北海道岩見沢→西東京から東京根津へと、伝筆作品が旅をして、655作品。

 

合計、1310作品の伝筆作品が、「リレー・フォー・ライフ・ジャパン 2019信州まつもと」が開催される、やまびこドームにて展示させていただきました。

 

開催日時:9月7日(土)~8日(日)

 

開催会場:信州スカイパーク やまびこドーム

長野県松本市神林空港東9036-4

 

担当は、松島先生塩澤先生辰野先生、下川先生です。

 

「リレー・フォー・ライフ・ジャパン 2019信州まつもと」にてキャラバンが開催できた、きっかけはこちらからご覧ください。

 

とってもひろいドーム。

 

1310作品が、少なく感じましたが、それでも、多くの方が、足をとめ、指差しながら、見てくださいました。^^

 

 

「リレー・フォー・ライフ・ジャパン 2019信州まつもと」のパンフレットやTシャツは、松島明子先生の伝筆が採用されているんですよ^^

 

 

 

 

これ、実は、サッカーゴールに展示しているの。

 

なかなかです。^^

 

 

 

途切れることなく、ワークショップに立ち寄っていただけて。

 

東京からも高橋先生が駆けつけてくれて、あと、信州の先生がテキパキと。

 

わたし(侑季蒼葉)もちょっぴりお手伝い^^

 

 

そして、ときどき、ウォーキング。

 

 

会場を歩くことで、チャリティー金額が決まるんです。

 

そして、こんなにも広い会場なのに、わたしのルミナリエを発見しました。

 

 

 

松島先生にお写真をお借りして。

 

今闘病中であったり、ご家族が闘病中であったり、大事なパートナーを亡くされた方であったり、、

 

書に向き合い、想いを表現することで、少しでも一瞬でも心がやすらいでもらえたら、、嬉しいな。

 

 

そして、とうとうフィナーレです。

 

29、フィナーレT・Nグループ合同展示 チーム 関西&中四国地域会 1380→作品

 

Nチーム

 

倉敷→名古屋→兵庫→大阪→静岡→鹿児島→愛知→長野→岡山→東京→兵庫明石→神戸から愛知豊田へと、伝筆作品が旅をして、655作品。

 

Tチーム

 

信州→宮古島→埼玉→岡山→静岡→北海道滝川→北海道江別→京都→熊本→神奈川→北海道岩見沢→西東京から東京根津へと、伝筆作品が旅をして、655作品。

 

そして、信州まつもとにて、合同展示し「伝筆1380作品」となりました。

 

28箇所、全国を旅をして、いよいよ神戸にてゴールです。

 

開催日時 : 9月23日(祝)〜24日(火)

 

開催会場 : 戸市中央区御幸通り8-1-14そごう別館 めがねの三城 三宮店9階

 

担当の先生は、野村先生榎本先生西村先生万ノ先生、望月先生、増田先生守家先生、一宮先生、松島則子先生、円尾先生、正井先生、池島先生、岸先生、静間先生、小林一三先生、山本先生です。(順不同)

 

わくわくどきどきしています。^^

 

▼2017年伝筆キャラバン:全国16カ所971作品旅をしました

 

▼2018年伝筆キャラバン:26カ所1135作品の伝筆作品が旅をしました

 

LINE@にて、2019年毎月(予定)「季節の伝筆見本データ」プレゼントしています。

 

詳しくは、画像をポチと押して、ご覧ください。

 

 

こちらの記事も参考にしてください。

 

「四字熟語」の意味と筆ペン書き方

 

「二十四節気」の意味と筆ペン書き方

 

筆ペン選びにこまったら「最初の筆ペン選び」

 

筆文字を描くコツ

 

失敗もなんとかなる裏技

 

筆ペンの特徴をいかした味のある 「一線」の書き方のコツ

 

筆ペンで書きたくなったという方は、こちらのコースがおすすめです。

 

▼筆文字を教える先生として活躍したい方向けのコース(侑季担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼「初級セミナー」伝筆はじめての方は、こちらからどうぞ!!(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼初級セミナー修了後、さらに技術アップや様々な、素材で作品を作りたい方向けのコース(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

不定期開催、「伝筆くらぶ」(侑季・小塚担当)はこちらからご覧ください。

 

※画像をクリックしてください

 

【日程が合わない方、最新日程を知りたい方へ】

 

LINE@が使いやすい方は、伝筆セミナー日程をお知らせするLINE@にご登録を。

 

※画像をポチと押してください。

 

メールが使いやすい方は、<60分で出来る心を伝える、筆文字無料メール>最新情報をお知らせしていますので、ご登録しておいてください。

 

メールアドレス(必須):

お名前(必須):

 

 

【伝筆先生になる10月スタートコース 9期生募集】

 

<残5席>

 

伝筆講師養成講座9期生詳細、お申し込みはこちらからご覧ください

 

【最新セミナーのお知らせ】

 

伝筆公式セミナー・不定期開催セミナーのお知らせはこちらから

 

【伝筆キャラバンのお知らせ】

 

全国を旅する伝筆キャラバンの日程です。

 

2019年伝筆キャラバン 日程

 

わたしも会場へ、足を運ぶことがあります。

 

お会いできたら嬉しいです。

 

▼2017年と2018年の様子を ブログにまとめましたので ご覧くださいね

 

 2018年伝筆キャラバン記録

 

2017年伝筆キャラバン記録