「直線」で書くと字のバランスに規則性が生まれて、誰でも字をうまく見せることができます。

 

 

「直線で書けば今すぐ字がうまくなる!」(サンマーク出版)の侑季蒼葉です。

 

 

2018年12月12日に「直線で書けば今すぐ字がうまくなる!」を出版し、8ヶ月。

 

 全国出版記念講演会を応援してもらって。

 

「東海テレビ放送 「スイッチ!」 番組企画「大人の趣味」にて、テレビ放送も。

 

以前、ブログ記事で、「線の書き方のコツ」を意識することで、誰でも筆ペンで、「直線」を書き分けることができるとご紹介しました

 

その直線を活用して、プロっぽい味のある筆文字、伝筆(つてふで)が書けるようになります。

 

実際、この書き方で、字に苦手意識のあった多くの方が、とってもすてきな筆ペン作品(伝筆)を描かれています。

 

嬉しいことに、「本に書かれている内容のワークショップを受けることができますか?」というお問い合わせもいただきました。

 

そこで、伝筆協会認定講師の先生と共に、「直線で書けば字がうまくなる」ワークショップを「2つのバージョン」でスタートします!!

 

「直線で書けば字がうまくなる」ワークショップ

 

「直線で書けば字がうまくなる」ワークショップ「バージョン1」の流れは、筆ペンの特徴をいかした 「直線」の書き方のコツを練習します。

 

 

そのあと、直線+コツで、文字を変化させる練習をします。

 

多くの方から「楽しい!」と言ってもらえる瞬間^^

 

 

その後、見本を見てハガキ1作品を制作します。

 

※この写真は、出版記念講演会でトライしてもらった「贈呈」

 

「直線で書けば字がうまくなる」ワークショップ「バージョン2」は、テーマがあります。

 

例えば・・

 

お祝い、目標、お願い、お世話になった方へ、などなど。

 

筆ペンの特徴をいかした 「直線」の書き方のコツを練習します。

 

 

そのあと、直線+コツで、文字を変化させる練習。

 

 

ここまでは、「バージョン1」と同じです。

 

その後は、テーマにそって、ご自身の気持ちを文章化(日頃の字で)します。

 

「ありがとう」「感謝」「おめでとう」と一言で終えてしまうのではなく、あなたの気持ちが伝わる、あなたらしい言葉に言い換えます。※感謝・ありがとうは、見本には使えません。

 

10文字前後にまとめます。

 

その言葉の見本をお作りしますので、その見本を見て伝筆ハガキを一枚完成。

 

という流れです。

 

「バージョン1」と「バージョン2」の大きな違いは、既成の見本か、あなたの言葉の見本か、の違いです。

 

どちらのバージョンも、あらためて、筆ペンの使い方をお伝えしますので、伝筆愛好者のみなさまにも、伝筆初めての方にも、楽しんでいただける内容と自信を持っています。^^

 

テーマ「おめでとう」からの想いは様々

 

伝筆は、目に見えない想いを、文字(伝筆)にして、大切な人に大切に伝えてほしいという想いから活動しています。

 

日本語には、「すみません」という言葉があります。

 

「ありがとう」にも使えるし、「ごめんなさい」にも使える。

 

「ちょっと失礼します」にも使える。

 

海外の方からは不思議な言葉だそうです。

 

その「すみません」という言葉には、いろんな意味が含まれていると思うのです。

 

「ありがとう」「感謝」「おめでとう」もすてきな言葉です。

 

その「ありがとう」「感謝」「おめでとう」という言葉にも、凝縮されているそれぞれの想いがいっぱい詰まっています。

 

その想いを一言「ありがとう」「感謝」「おめでとう」でくくってしまうのって、以前から残念だなと思っていました。

 

ですので、「直線で書けば字がうまくなる」ワークショップ「バージョン2」では、「ありがとう」「感謝」「おめでとう」を使わずに、自分の想いを紐解いて表現してほしいなと思っています。

 

例えば、「おめでとう」というテーマ。

 

今年、入学する娘さんへ、お母様の想いを文章にされました。

 

「入学、おめでとう。良い友達と出会い、最後まで(学校を)続けてください」

 

この気持ちを10文字前後にした際、「おめでとう 頑張れ!」と、当初はまとめていらっしゃいました。

 

もちろん、そのままでもいいのですが、、、

 

お母様から娘さんの状況や想いをお聞きしたうえで、わたし、尋ねました。

 

「娘さんに頑張ってもらって、さらにどんな風になってもらえたら嬉しい?」と。

 

お母様の答えは、「いい友達と出会ってほしい」そして、「楽しい学校生活を送ってほしい」と。

 

その結果、できあがった言葉は、「友達との出会い 楽しんで」です。

 

「友達との出会い 楽しんで」が、このお母様の「おめでとう」に含まれていた想いだと思うのですね。

 

このように見つけ出した大切な想い。

 

 

ですので、以下のような見本をお作りしました。

 

 

お母様、娘さんへ想いを込めて、伝筆^^

 

 

左下のハガキで完成!!

 

 

素敵ですね!!

 

他にも、「おめでとう」というテーマから引き出された言葉たち。

 

少しご紹介させてください。

 

・いつまでも見守っていてね

・素敵な花を咲かせてね

・元気な顔がみたい!

 

※見本

 

※参加者の方の作品

 

・まだまだいける!!

・見守っているよ

・第一ステップ ひとりだち

・新しい自分に乾杯

・寂しい・・愛してる

 

 

 

 

 

 

 

「おめでとう」の中に、こんなにも人それぞれの、さまざまな想いが隠されているんですよね。

 

もしかしたら、このテーマからなぜこの言葉なの???と、感じる方もいらっしゃるかもしれません。

 

でも、いいではないですか。

 

想いなのですから。

 

その想いを、自由自在に表現できるようにと、お手伝いしているのが、伝筆(つてふで)です。

 

「直線で書けば字がうまくなる」ワークショップ 詳細

 

全国の伝筆協会認定講師が担当しています。

 

 

株式会社ことしろ、主催は以下です。

 

<「直線で書けば字がうまくなる」ワークショップ バージョン2>

 

こんな方へ:

・字に悩んでいる方

・短時間で、なんとかサマになる字を書きたい

・手書きをしてみたい

・直線の描き方に興味がある

・気持ちを文字にしてみたい

 

テーマ:お世話になったあの方へ

 

所要時間:2時間

 

開催会場:詳細決定次第お知らせします

 

担当講師:侑季蒼葉もしくは、小塚寛也

 

参加費:

「直線で書けば今すぐ字がうまくなる!」(サンマーク出版)の本を、会場へ持参される方:5000円+税

 

「直線で書けば今すぐ字がうまくなる!」(サンマーク出版)の本を、お持ちでない方:7000円+税

※「直線で書けば今すぐ字がうまくなる!」(サンマーク出版)をお持ちではない方は、当日会場にて本(一期一会のサイン付き)をお渡しします。

 

 

「直線で書けば今すぐ字が上手くなる」(サンマーク出版)は以下からご覧ください。

 

 

特典:伝筆協会筆ペン 黒色・赤色の2本セット(顔料インク・使い捨てタイプ)

 

 

日程が決まりしだい、お知らせします。

 

侑季と小塚の講座の日程情報を知りたい方は、こちらがおすすめです。

 

 

友だち追加

 

LINE@にて、2019年毎月(予定)「季節の伝筆見本データ」プレゼントしています。

 

詳しくは、画像をポチと押して、ご覧ください。

 

 

こちらの記事も参考にしてください。

 

「四字熟語」の意味と筆ペン書き方

 

「二十四節気」の意味と筆ペン書き方

 

筆ペン選びにこまったら「最初の筆ペン選び」

 

筆文字を描くコツ

 

失敗もなんとかなる裏技

 

筆ペンの特徴をいかした味のある 「一線」の書き方のコツ

 

筆ペンで書きたくなったという方は、こちらのコースがおすすめです。

 

▼筆文字を教える先生として活躍したい方向けのコース(侑季担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼「初級セミナー」伝筆はじめての方は、こちらからどうぞ!!(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼初級セミナー修了後、さらに技術アップや様々な、素材で作品を作りたい方向けのコース(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

不定期開催、「伝筆くらぶ」(侑季・小塚担当)はこちらからご覧ください。

 

※画像をクリックしてください

 

【日程が合わない方、最新日程を知りたい方へ】

 

LINE@が使いやすい方は、伝筆セミナー日程をお知らせするLINE@にご登録を。

 

※画像をポチと押してください。

 

メールが使いやすい方は、<60分で出来る心を伝える、筆文字無料メール>最新情報をお知らせしていますので、ご登録しておいてください。

 

メールアドレス(必須):

お名前(必須):