本日から「穀雨」ですね。

 

日本には「春夏秋冬」と四季があることは有名ですが、一年間を24分割し、それぞれに季節を表す言葉をつけた二十四節気という分け方もあります。

 

「穀雨」とは、6番目の二十四節気のことを指します。

 

「雨」という漢字を使用していますので、「雨」が降る季節なのだろうと予想しますが、どんな季節なのか曖昧な方も多いではないでしょうか。

 

今回は、「穀雨」の意味と時期、「穀雨」筆ペンの書き方のコツをご紹介します。

 

 

「穀雨」の意味を知って、上手な字を書きましょう!

 

「穀雨」とは、穀物の成長を助ける雨のことをさし、「穀雨」という言葉が生まれました。

 

二十四節気の「春」の最後の節気です。

 

「穀雨」の意味や時期を知った上で、「穀雨」という字を書いてみませんか?

 

筆ペン書きは、ちょっとしたコツで楽しめます。

 

今回は、「穀雨」の意味と筆ペンで上手に書くコツをご紹介します。

 

「穀雨」の読み方

 

「穀雨」と書いて「こくう」と読みます。

 

「穀雨」は二十四節気の6番目、「清明」と「立夏」の間にあります。

 

暦の上では、以下のように季節は変わります。

 

 

立春雨水啓蟄春分清明穀雨

 

 

立夏小満芒種→夏至→小暑→大暑

 

 

立秋→処暑→白露→秋分→寒露→霜降

 

 

立冬→小雪→大雪→冬至→小寒→大寒

 

「穀雨」は、春の6番目にあたる春の最後の節気です。

 

雨が降るごとに暖かさが増し、夏に向かっていると感じるころですね。

 

それでは、もっと詳しくみていきましょう。

 

「穀雨」はいつ?

 

二十四節気は毎年日付が異なりますが、「穀雨」は例年、4月20日頃。

 

2020年の「穀雨」の日は、4月19日です。

 

二十四節気は「期間」を表すものとして使われることもあります。

 

次の節気「立夏」の前日までが「穀雨」となります。

 

2020年は、4月19日から5月4日までです。

 

「穀雨」の気候

 

雨が降るこの頃を、穀物の成長を助ける雨として、昔から田畑の種まきの目安にしていると言われます。

 

春の天気は、寒くなったり暖かくなったりと変わりやすいものですが、「穀雨」の頃から安定し、日差しも強まり、徐々に降雨量が多くなり始めます。

 

「清明」は、雪が降らなくなる時期。

 

「穀雨」は、霜が降りなくなる時期。

 

冬服やストーブとも完全に別れる季節です。

 

春を感じ始めても、また、寒くなったりして、衣替えのタイミングを見逃してしまいやすいですが、「穀雨」を一つの目安としてみるのはいかがでしょうか。

 

また、「穀雨」の終わりには、茶摘みの歌で聞いたことがある「八十八夜(はちじゅうはちや)」を迎えます。

 

「八」「十」「八」の三つの字を組み合わせると「米」になることから、農作業に縁起のいい日ともされてきたようです。

 

漢字の意味は深いですね。

 

ちなみに、2020年の「八十八夜」は5月1日です。

 

「穀雨」(こくう)筆ペン書き方

 

今回は、「穀雨」の「雨」という漢字を楽しんでみました。

 

「雨」という漢字の内側にある、4つの点の打ち方に悩まれる方も多いようですので、「穀雨」筆ペン書き方、侑季蒼葉の4作品をご覧ください。

 

「穀雨」筆ペン「1」作目筆文字デザイン

 

 

一作目は「雨」を直線で描きました。

 

一画目もまっすぐ横、二画目は少し膨らみを出して直線、三角目はまっすぐ横線を活用して、4画目もまっすぐの縦線で、バランスを整えています。

 

その上で、「雨」の内側の四つの点は、上下にずらしながら配置して、面白みを加えました。

 

「穀雨」筆ペン「2」作目筆文字デザイン

 

 

2作目の「雨」は、二画目をマルで描きました。

 

マルの出だしは、筆ペンをしっかり紙におろし、半円を描くように筆を動かすとうまく描けます。

 

「雨」の四つの点は、上部に集めて。

 

「穀雨」筆ペン「3」作目筆文字デザイン

 

三作めの「雨」は一作めと同じ、直線で描いていますが、四つの点の位置は下に集めました。

 

左側の二つの点は、つないで描くことで、単調な四つの点に面白みを加えています。

 

上下の点は、一度筆を下ろしたあと、少し筆先を浮かせながらも紙から離さず下の点を描く位置に筆を移動させるとうまく描けます。

 

「穀雨」筆ペン「4」作目筆文字デザイン

 

 

4作めの「雨」の内側の点は、点と点との間の距離を離しました。

 

四つの点は、等間隔に、上下左右同じ位置に描きがちですが、ほんの少しずらしを入れることで、単調さが抜けます。

直線の描き方は、こちらを参考にしてください。

「雨」の時期を手書きで楽しく明るく過しましょう

 

「降雨」だけでなく、「春雨」「雨上がり」「雨模様」「梅雨」など、「雨」を使用する言葉は案外多いものです。

 

また、「雨」が降ると憂鬱な気持ちになりやすくもあります。

 

「雨」の書き方を参考にして、「穀雨」など、「雨」の時期を手書きで楽しく、明るく過ごしてくださいね。

 

 

 

全国の認定講師のもとで、伝筆セミナー学べます。

 

※こちらの画像からご覧ください。

 

公式LINEにて、伝筆協会の最新情報をお知らせしています。

 

2020年毎月(予定)「協会代表Yuukiの伝筆見本データ」プレゼントしています。

 

伝筆協会公式LINE アカウント @gqk6920y

 

 

友だち追加

 

こちらの記事も参考にしてください。

 

「四字熟語」の意味と筆ペン書き方

 

「二十四節気」の意味と筆ペン書き方

 

筆ペンで書きたくなったという方は、こちらのコースがおすすめです。

 

▼筆文字を教える先生として活躍したい方向けのコース(侑季担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼「初級セミナー」伝筆はじめての方は、こちらからどうぞ!!(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼初級セミナー修了後、さらに技術アップや様々な、素材で作品を作りたい方向けのコース(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

不定期開催、「伝筆くらぶ」(侑季・小塚担当)はこちらからご覧ください。

 

※画像をクリックしてください

 

【侑季と小塚の日程が合わない方、最新情報を知りたい方へ】

 

LINEをご希望の方※講座開催情報のみお知らせ

 

 

メールをご希望の方「60分で出来る心を伝える、筆文字無料メール」へ

 

メールアドレス(必須):

お名前(必須):