「伝筆(つてふで)で 年賀状書いて、ドイツに送ったら すんごい喜ばれて 家宝のように飾られているようです」という参加者の方からのメッセージに、大喜びの侑季蒼葉です。

 

こうして伝筆を喜んでもらって、そして、ハガキ文化が世界中に広がることを日々願っています。

 

さて、ハガキ、といえば、裏面は伝筆(つてふで)で描けるようになったけど、宛名を書くと元の字にもどってしまう、、、というご相談があります。

 

その解決策として、伝筆協会では、伝筆でかっこいい「あて名」を描く講座を開催しています!!!

 

 

人が、手書きハガキと思うかどうかは、どこで?

 

ところで「このハガキ、手書きだわ」と認識してもらえるポイントは、「宛名」だとご存知でしたか?

 

自分の名前が「手書き」かどうか。

 

確かに、「裏面の筆ペンで描かれた文字が素敵!!」と思ったら、「自分の名前はどう描いてくれているかしら?」と期待しますよね。

 

そしたら、自分の名前はボールペンのうえ全然裏面の作風と全然違う、、、と感じると、、、、期待値が高かったからこそ、ガックリ度が強い、、なんてことになりかねません。

 

それが、「宛名が筆ペンで裏面と同じように手書き」→「手書きハガキいただいた!!」→「私のために、手間をかけてくれたんだわ」→「この方は、私のことを大事に思ってくれている」→親近感が湧く。

 

こんな風に心が動きます。

 

文字の形によって、伝わるものが変わります。

 

同じ言葉なのに、デジタルな機械的な文字は、他人行儀というか、儀礼的な雰囲気が伝わりやすく、手書きは、あったかい心が伝わりやすいです。

 

同じ意味を伝えていても、文字の雰囲気によって伝わるものが変わります。

 

せっかく62円という費用をかけて、そして手間隙かけて届けるハガキであるならば、手書きと認識してもらい、あなたの温かい想いを届けませんか?

 

また、手書きのハガキは、日頃お会いしている方、久しくお会いしていない方、初めてお会いした方にも、相手への負担も少ないとっても優秀なツールです。

 

伝えているようで、伝えていない言葉。

 

宛名の手書きに自信がつけば、ちょっと一声かけるつもりで、手書きのハガキを、ささっと3分で描いて、ポストへ投函!!できますね^^

 

芳名帳も怖くない、名刺交換が楽しみです

 

宛名が描けるようになると、両面ハガキを手書きして、出したいときにその場で投函できるうえに、「一筆書き」も、さらさら〜〜描けるようになります。

 

 

そして、、、「芳名帳」。

 

大人になり、最も人前での手書きが怖いと言われる、冠婚葬祭での「芳名帳」。

 

「怖くなくなったうえに、受付の方にびっくりされました!!」と喜びの声をいただけるのも、宛名セミナーの醍醐味です。

 

先日、書道展を拝見した際、受付で芳名帳を「伝筆」で描きました。きっと受け付けの方は、書道をされている方だと思いますが、「素敵な字ですね^^」と声をかけてくださって。

 

書道を習ったことがない私が、書道家の方に褒めていただけるなんて。

 

そして何よりも「芳名帳がストレスではない」のが嬉しくて、数年前には考えられないような出来事です。

 

 

 

今まで、手書きのハガキの宛名も書いていたんですが、「さまになっているようでサマになっていなくて」。

 

今日は、自信がつきました。

 

ちょっとしたことで、こんなにも変わって「宛名がサマ」になるんですね。

 

名刺交換が楽しみになりました!

 

 

最初の宛名。

 

 

「宛名セミナー」受講の4時間後の宛名。

 

 

 

4時間で、伝筆で宛名もかっこよく描けるようになるの!?

 

伝筆の良さは、毎週毎週お稽古に通わなくても、「半日完結」で、それぞれの技術力をアップすることができるところです。

 

伝筆初級セミナーで基礎学び、さらに宛名を描きたくなったら、宛名セミナーへ。

 

 

ビフォアー・アフターのお写真が個人情報のため、なかなか撮影できないのが残念です。

 

 

「本当に、伝筆であて名が描けるの?」と、思っていらっしゃる方は、ぜひ確かめにきてくださいね^^

 

伝筆あて名セミナーは、全国にいらっしゃる伝筆先生が開催されています。

 

心苦しいですが、侑季の開催日程は非常に少ないです。ごめんなさい。

 

伝筆協会認定講師であり、侑季蒼葉が運営している「株式会社ことしろ」の小塚寛也の開催日程も重ねてお知らせします。
もし、侑季・小塚の宛名セミナーにお申し込みいただけた際は、特典がございますのでお知らせします。

 

・住所宛名見本のハンドブックサイズ見本
・住所、姓名の宛名ワークシート9枚

 

日程が合わな、開催場所が合わないという場合は、伝筆協会HPより他の伝筆先生を検索してくださいね。

 

伝筆あて名セミナー、詳細です(対象:初級セミナー修了者)

 

【講師】侑季蒼葉 ※伝筆(つてふで)協会、(株)ことしろ代表&小塚寛也

 

 

【こんな方へ】

 

・伝筆でハガキを描いたけど、どうも宛名で台無しになってしまう
・手書きの宛名に自信がない
・宛名もビシッと決めて、筆ペンで手書きしたい

 

 

 

【2018年 開催日時】

 

・3月6日(火)13時から17時 名古屋 侑季担当
・6月28日(木)13時から17時 名古屋 侑季・小塚担当

 

もし、日程が合わない場合は、侑季・小塚のセミナーの開催日程などの最新情報もお伝えしている、「60分で出来る、心を伝える筆文字(伝筆つてふで)」メールにご登録ください。

 

【参加資格】

 

伝筆初級セミナー修了者

 

【内容】

 

ワークブックで、48都道府県、県庁所在地、の住所と、苗字、名前を見本を見ながら練習します。

 

裏面用に、四字熟語の見本付き。

 

5名の住所と宛名、裏面の言葉を描いて、両面ハガキを完成!
※個人差があります

 

【お申し込み方法】

 

宛名セミナーは、こちらのフォームからお申し込みください。

 

【特典】

 

・住所宛名見本のハンドブックサイズ見本
・住所、姓名の宛名ワークシート9枚

 

 

 

【参加費用】

 

新規受講:24,840円(税込)
※伝筆協会認定 テキスト・ワークシート付き

 

再受講:10,800円(税込)

 

現在、新受講の方には「伝筆協会」の名前の入った、片方は、毛筆タイプ、もう片方はフェルトタイプの筆ペンつきです。

 

郵便番号など、細かい数字は、フェルトタイプですと、読みやすく描けます。

 

期間限定。在庫がなくなり次第、筆ペン付きは、終了しますので、お早めにゲットしてくださいね。

 

 

※修了証書付き

 

【持ち物】

 

 

・アドレス 5名分
・練習用A4サイズぐらいの紙10枚(使用済みの裏紙可)
・お持ちの筆ペン(会場でも販売しています)

 

【開催会場】

 

▼3月6日侑季担当・6月28日侑季・小塚担当  名古屋

 

名古屋市中区上前津 シークレットサロン
※お申し込み者へお知らせします。

 

▼東京

 

・ちよだプラットフォームスクウェア(本館)
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3‐21
・竹橋駅(東西線) 3b KKRホテル東京玄関前出口より徒歩2分
・神保町駅(三田線・新宿線・半蔵門線) A9出口より徒歩7分
・大手町駅(三田線・千代田線・半蔵門線・丸の内線) C2b出口より徒歩8分
・小川町駅(新宿線・千代田線) B7出口より徒歩8分
・JR神田駅 西口出口・出世不動通りより徒歩12分

 

【再度、お申し込み方法】

 

宛名セミナーこちらからお申し込みをお願いします。

 

 

伝筆初級セミナーがまだのは、先に、初級セミナーにご参加ください。初級セミナー詳細は、こちらからご覧になれます。

 

 

▼筆文字を教える先生として活躍したい方向けのコースもご用意しています。

 

伝筆の先生にご興味のある方はこちらから

 

▼全国各地で、伝筆協会認定伝筆先生から「初級セミナー」を習うことができます。

 

伝筆協会HP→「習いたい方」→「初級セミナー」→「講師を探す」から検索してみてください。

 

▼初級セミナー修了後、さらに技術アップや様々な、素材で作品を作りたい方向けのコースもご用意しています。

 

伝筆中級セミナーはこちらからご覧ください。

 

英語版レッスンはこちからからご覧ください。

 

不定期開催、伝筆くらぶはこちらからご覧ください。

 

 

それでも日程が合わない方へ

 

<60分で出来る心を伝える、筆文字無料メール>侑季のセミナーの最新情報をお知らせしていますので、ご登録しておいてください。

 

メールアドレス(必須):

お名前(必須):