伝筆(つてふで)は、たった半日で、書道初心者でも、アートのような日本語が描ける筆ペン書です。

 

字を書くことに苦手意識がある。

 

自分の字が好きではない。

 

芳名帳など、人前で字を書くのが、恥ずかしい。

 

年相応の字が書き方。

 

そんな悩みありませんか?

 

わたしは、ありました。

 

そして、手本をなぞってみたり、通信教育を申し込んでみたりの挫折の繰り返し。

 

それが、今では、3年で13000人以上の方の字を変えています。

 

また、国内外に、200名以上の、伝筆メソッドをお伝えしてくださる、講師の方と共に今でも活動を続けています。

 

本日は、伝筆を体験してくださった皆様の声をご紹介します。

 

伝筆には、目に見えない想いを、自由自在に字に表現して描けるようにと、「漢字」「ひらがな」「宛名」「英語(アルファベット)」、そして、伝筆の基礎をお伝えするコースがございます。

 

まずは、伝筆(つてふで)初めての方が参加される、伝筆の基礎のコース、初級セミナーを体験された方の声です。

 

初級セミナー(つてふでの基礎の講座・教室)

 

伝筆の基礎で、手書きの楽しさに目覚めたみなさんの作品は・・・^^

 

普段の自分の文字は他の人と比べると「下手だな」って思ってしまう事が多いのですが、伝筆は描いていると自分の「」が見えるような気がして嬉しいです。

 

・もうすぐ年賀状シーズンなので、早速描きたいと思います。

・お礼状を出したり、玄関に飾ったり、家族にプレゼントしたいです。

・いつも伝筆を頂いている友人に贈り物として返したいです。

 

作品をご覧になりたい方は、「いつの間にか自身と向き合い、心が整う。魔法の筆文字、伝筆。」へ

 

 

 

 

 

 

とにかく、楽しいです。

 

今迄、この”伝筆”という世界を知らなかったことが残念なくらいです。

 

が、今この時に出会った事がとても素晴らしい事と思っています。

 

なんとなく、手本を見て、マネをすれば良いと思っていたが、そうではない事に驚きと喜びがありました。

 

●●ルールは、特に目からウロコでした。

 

これからもよろしくお願いします。

 

 

どうしても上手く書きたいと思ってしまい、筆が止まってしまうなと感じます。

 

書き始めると楽しくなり、更に書きたくなります。

 

誰かに伝えたいことを考えることで自分自身にも向き合える時間になります。

 

子供のように自由に書くのは本当に楽しかったです。

 

 

1、参加しようと思った理由は何ですか?

 

毎日の印刷文字から味のあるメッセージを書きたいと思っていたので・・

 

2、今回の伝筆セミナーで一番楽しかったことは何ですか?

 

自分の字が変わっていったこと

 

3、わたしにも描ける!と確信できたのはいつでしたか?

 

伝えたい言葉を先生のアドバイスに従って思いきって書いてみた時、イケルかも!?と思いました

 

4、今回のセミナーを受ける前、受けた後の気持ちの変化は何ですか?

 

無難にこなすことよりも、チャレンジしよう!という思いに変わった。

 

5、伝筆によって得られたことは何ですか?

 

自分にも、こんな字が書ける。伝えたいことを字にすると、伝えたいことが具体的に自分の中にわきあがってくる、、。

 

6、今後の活用方法

 

1日の終わりに、その日の学びを書いてみたい。

 

それを職場のみんなに伝えたい。

 

 

教員U

 

1、参加しようと思った理由は何ですか?

 

字を書くこと、手紙を書くのが苦手なので参加しました。

 

2、今回の伝筆セミナーで一番楽しかったことは何ですか?

 

伝えたい人のことを考えながら、最後のオリジナル作品を作っている時が楽しかったです。

 

3、わたしにも描ける!と確信できたのはいつでしたか?

 

基本的なコツをを教えていただいた時に、描けるかも!と思いました。

 

4、今回のセミナーを受ける前、受けた後の気持ちの変化は何ですか?

 

おだやかな気持ちになって、胎教にもとっても良かったなと思いました。

 

5、伝筆によって得られたことは何ですか?

 

相手のことを思って書くことの大切さを再確認しました。

 

6、今後の活用方法

 

身近な人や、生まれてくる子どものことを考えながら書いてみたいと思います。

 

 

金融業 30代女性

 

1、参加しようと思った理由は何ですか?

 

ちょっとした気持ちや想いを筆文字で書いてみたかったので。

 

2、今回の伝筆セミナーで一番楽しかったことは何ですか?

 

10文字で伝わることを体感したこと。自分の字が変わる、ということ。

 

3、わたしにも描ける!と確信できたのはいつでしたか?

 

最後の額に入った文字を見て。

 

4、今回のセミナーを受ける前、受けた後の気持ちの変化は何ですか?

 

私にも、書けるかな、という気持ちになりました。

 

5、伝筆によって得られたことは何ですか?

 

文字のバランス、訴えたいことが限られた字数で表現できることを知った。

 

6、今後の活用方法

 

日常の生活に取り入れたい!

 

今日参加していなければ、ずっと書くことはなかっただろう。筆文字に出会えて感謝です。

 

 

会社員 50代女性

 

1、参加しようと思った理由は何ですか?

 

以前から「書」を習っていたので、字を書くことにとても興味があります

 

2、今回の伝筆セミナーで一番楽しかったことは何ですか?

 

だんだんうまくなっているのが目に見えてわかり、最終的に作品も作れた事です!

 

3、わたしにも描ける!と確信できたのはいつでしたか?

 

いろんなイメージをふくらませて、字が書けるという点です。

 

4、今回のセミナーを受ける前、受けた後の気持ちの変化は何ですか?

 

改めて、字を書く事の素晴らしさが感じる事ができました。

 

5、伝筆によって得られたことは何ですか?

 

字体やデザインによって、文字や言葉の持つ意味など、伝え方がかわるという事がわかった。

 

6、今後の活用方法

 

お手紙やハガキなど。ポップなど。

 

 

主婦 50代女性

 

1、参加しようと思った理由は何ですか?

 

お客様へのお礼状に書いたら喜んでいただけると思い参加しました。

 

2、今回の伝筆セミナーで一番楽しかったことは何ですか?

 

楽しい文字が書けるようになった事

 

3、わたしにも描ける!と確信できたのはいつでしたか?

 

最初に見本を見て書いた時

 

4、今回のセミナーを受ける前、受けた後の気持ちの変化は何ですか?

 

センスが必要だと思ってましたが、誰でも書けるんだと思いました。

 

5、伝筆によって得られたことは何ですか?

 

人に喜んでもらえる様な文字が書ける様になったこと

 

6、今後の活用方法

 

イベント参加のお客様へのお礼。情報誌のタイトル、年賀状も書いてみたいと思いました。

 

 

会社員 50代男性

 

1、参加しようと思った理由は何ですか?

 

誕生日を迎えるにあたり、両親をはじめ、お世話になった方々に感謝の気持ちを伝えたかったから。

 

2、今回の伝筆セミナーで一番楽しかったことは何ですか?

 

文字を組み合わせるところと、余白の美しさ。●でひらがなを描くところ

 

3、わたしにも描ける!と確信できたのはいつでしたか?

 

●でひらがなが描ける!とわかったとき

 

4、今回のセミナーを受ける前、受けた後の気持ちの変化は何ですか?

 

お手本を見ただけではわからなかったコツがわかったので、先生に直接教えていただけて理解が深まった。

 

字を描くことが好きになりそう

 

5、伝筆によって得られたことは何ですか?

 

下手でも気持ちを伝えられる!!

 

6、今後の活用方法

 

お礼、年賀状、近況報告に使いたい

 

 

パート 40代女性

 

1、参加しようと思った理由は何ですか?

 

自分の文字にコンプレックスがあり、誰でもできるという伝筆に興味を持ちました。

 

2、今回の伝筆セミナーで一番楽しかったことは何ですか?

 

最初の筆ペンの使い方も、ままならなかったのに、だんだんと使えるようになって書けるようになってきたこと

 

3、わたしにも描ける!と確信できたのはいつでしたか?

 

ひらがなを何とか形になるように書けたとき

 

4、今回のセミナーを受ける前、受けた後の気持ちの変化は何ですか?

 

受ける前は、本当に私でも書ける様になれるのかと不安でしたが、みんなで学んでいくうちに楽しく書けるようになりました。

 

先生の言葉もわかりやすかったです。

 

5、伝筆によって得られたことは何ですか?

 

文字に対する固定概念がかわりました。

 

6、今後の活用方法

 

家族や友人へのメッセージを書きたいです

 

 

主婦 50代女性

 

1、参加しようと思った理由は何ですか?

 

自分の書いた字で心のこもった「ありがとう」をまわりの人に伝えたかった

 

2、今回の伝筆セミナーで一番楽しかったことは何ですか?

 

(侑季)先生のポジション感。

 

上手にのせていただき、ありがとうございました

 

3、わたしにも描ける!と確信できたのはいつでしたか?

 

最期の作品作りで!!

 

4、今回のセミナーを受ける前、受けた後の気持ちの変化は何ですか?

 

受ける前は、不安の方が多かった?

 

とても楽しい時間でした

 

5、伝筆によって得られたことは何ですか?

 

ポジションな人と、ポジティブに生きていく大切さ。

 

(伝筆を通しても、伝筆以外のところでも)

 

6、今後の活用方法

 

練習して、お客様や出会った人に書いて喜んでもらいます

 

 

ファイナンシャルプランナー 50代男性

 

コツを意識するだけだ、自分でもかけて嬉しかった。

 

手紙は長くてかけないけど、ハガキをだしたい。

 

そのために、いつも筆ペン持ち歩きたいと思いました。

 

基本が理解できて知人に書きたいとほんとに思いました。

 

のんびりゆっくりやっていきます 。

 

わすれないうちに練習を、相手を思い浮かべて書こうと思いました。

 

はじめてのことばかりでしたが、とても楽しかったです。

 

楽しかった〜〜〜〜!!

 

トマトや柿や、蟹のいただきものをもらったときに礼状を描きたいので、「柿」の絵を入れていたら、 「にんじん」も入れてみようかと思って。

 

オレンジ色の筆ペンで入れたり、どんどんしたいことが広がって楽しかったです。

 

高校2年 女性

 

作品をご覧になりたい方は、こちらから「字を上手に描くために必須な要素は?」

 

字に悩むすべての人に、手書きの楽しさを味わってほしい^^

 

その秘訣はこちら。

 

中級セミナー 伝筆の基礎を終えて、ステップアップコース感想

 

初級セミナーを終えた方向けの、「ひらがな」や「漢字」の書き方を深く学ぶコースへの感想です。

 

とっても、素敵な作品を書き上げています。

 

三ヶ月ぶりの伝筆教室、又あっという間で。

 

今までは、どんどん我流で、7つのコツをわかったようでわかっていなくて。

 

今日は初心にかえる事が出来、基本をしっかり勉強、練習しようと思いました。

 

楽しかったです。

 

なんでも基本が大切!!を思い知りました。

 

 

なかなか思うように書けなかった。

 

とても他の方の作品を見て刺激になりました。

 

やはり、楽しく毎日書くという事が大事であり、基本はまる。

 

いつになったら、まるが上手に書けるのだろう。

 

今日はとてもぎゅっとした1日でした。

 

 

ひらがなの時よりむずかしい?というか、字のバランスがなかなかつかめないと思います。

 

でもカラーペンとか、すごく絵をかいている様で楽しかったです。

 

初級〜中級までなかなか時間がとれなかったけど、練習によってすごく上達という先生の言葉を胸に、時間を作って書いていきたいと思います。

 

 

中級セミナー楽しみにしていました。

 

日頃 練習をしながら チョットした言葉を伝筆で書き、車内で貼ったりしていますが、自分の弱点が良くわかりました。

 

空間の使い方、バランスの強弱、もっともっと書く、いろんな言葉をかくことからと思います。

 

カッコつけることなく、まっすぐな気持ちを忘れずがんばっていきます。

 

 

伝筆で宛名を書くセミナーの感想

 

ハガキ両面を手書きにしたい方向けのコース、宛名セミナー。

 

住所も、名前も、こんな風に、作品のように描けてしまうんですよ。

 

これで、ハガキの両面を伝筆で描く事ができます。

 

宛名を書くのは難しかったですが、数をこなして慣れていけるように頑張ります。

 

伝筆宛名は、こちからご覧になれます「自分の文字じゃないみたいで、嬉しいです。」

 

・文字が変わるって聞いていたけど、予想以上にの変化にびっくりした!

 

 

 

全国の認定講師のもとで、伝筆セミナー学べます。

 

※こちらの画像からご覧ください。

 

公式LINEにて、伝筆協会の最新情報をお知らせしています。

 

2020年毎月(予定)「協会代表Yuukiの伝筆見本データ」プレゼントしています。

 

伝筆協会公式LINE アカウント @gqk6920y

 

 

友だち追加

 

こちらの記事も参考にしてください。

 

「四字熟語」の意味と筆ペン書き方

 

「二十四節気」の意味と筆ペン書き方

 

筆ペンで書きたくなったという方は、こちらのコースがおすすめです。

 

▼筆文字を教える先生として活躍したい方向けのコース(侑季担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼「初級セミナー」伝筆はじめての方は、こちらからどうぞ!!(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼初級セミナー修了後、さらに技術アップや様々な、素材で作品を作りたい方向けのコース(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

不定期開催、「伝筆くらぶ」(侑季・小塚担当)はこちらからご覧ください。

 

※画像をクリックしてください

 

【侑季と小塚の日程が合わない方、最新情報を知りたい方へ】

 

LINEをご希望の方※講座開催情報のみお知らせ

 

 

メールをご希望の方「60分で出来る心を伝える、筆文字無料メール」へ

 

メールアドレス(必須):

お名前(必須):

 

 

【伝筆キャラバンのお知らせ】

 

全国を旅する伝筆キャラバンの日程です。

 

▼キャラバンの歴史

2019年伝筆キャラバン記録

 

 2018年伝筆キャラバン記録

 

2017年伝筆キャラバン記録