新緑の季節が過ぎ、急激に暑くなった日がありましが、梅雨入りしましたね。

 

一般社団法人伝筆協会の侑季蒼葉です。

 

 

そろそろ梅雨?と思う頃、二十四節気の9番目の「芒種」を迎えます。

 

6月には、季節の節目となる日があります。

 

二十四節気の「芒種」と「夏至」です。

 

小満」と「夏至」の間の二十四節気である「芒種」は、どんな季節のことを指すのかご存知ですか?

 

本格的な梅雨を迎える前に訪れる「芒種」の季節ですが、あまり馴染みのない「 芒種」です。

 

 

今回は、「芒種」の意味、そして「芒種」筆ペンの書き方についてお届けします。

 

「芒種」の読み方

 

「芒種」と書いて「ぼうしゅ」と読みます。

 

「芒種」は二十四節気の9番目、「小満」と「夏至」の間にあります。

 

暦の上では、以下のように季節は変わっていきます。

 

■春

 

立春雨水啓蟄→春分→清明→穀雨

 

■夏

 

立夏小満芒種→夏至→小暑→大暑

 

■秋

 

立秋→処暑→白露→秋分→寒露→霜降

 

 ■冬

 

立冬→小雪→大雪→冬至→小寒→大寒

 

「芒種」は、夏の3番目にあたる節気です。

 

沖縄の方言では、小満と芒種の時期が梅雨にあたるため、小満と芒種を合わせて「小満芒種(スーマンボースー)」と呼ばれているようです。

 

「芒種」はいつ?

 

二十四節気は毎年日付が異なりますが、芒種は例年、6月6日ごろ。

 

2019年の「芒種」の日は 6月6日です。

 

二十四節気は「期間」を表すものとして使われることもあります。

 

次の節気「夏至」の前日までが「小満」となります。

 

2019年は、6月6日から6月21日までです。

 

 

「芒種」の意味

 

「芒(のぎ)」とは、米や麦などイネ科の植物が実った時、その果実の先端にある針状の突起の事です。

 

芒(のぎ)のある穀物や稲や麦など穂の出る穀物の種をまく季節ということから、「芒種」と言われています

 

実際の種まきは、これよりも早い時期に行います。

 

「芒種」の気候

 

梅の実が熟し、青から黄色に変わり、百舌が鳴き始めることです。

 

梅干しを漬けるには、この時期の梅が最適です。

 

そして、かまきりや蛍が現れ始める頃でもあります。

 

蛍を初めて見たときは小学生でした。

 

飛ぶ、というより、「舞う」という表現に近い幻想的な光景に、幼いながらも感動したことを覚えています。

 

梅雨は、本来「ばいう」と読み、梅の実が熟す頃に降る雨を意味しています。

 

日本独自の言葉のように感じますが、実は、中国から伝わってきたものです。

 

現在のように、「梅雨」を「つゆ」と読むようになったのは、江戸時代頃からだそうです。

 

この梅雨は、恵の雨ではありますが、食中毒の原因でもあり、食品や衛生面の管理が必要な時期ですので注意して下さいね。

 

さて、今回取り上げた「芒種」は、二十四節気の中ではどちらかというと、なじみの薄い言葉のような気がします。

 

今後も「芒種」という言葉が、次世代へ受け継がれていってほしい、という願いを込めて、伝筆作品4作品をご紹介します。

 

「芒種」(ぼうしゅ)筆ペン書き方

 

梅雨の季節、紫陽花を意識して、筆ペンの色を考えてみました。

 

「くさかんむり」のデザインに悩まられる方も多くいらっしゃいます。

 

参考にしてみてください。

 

「芒種」筆ペン「1」作目筆文字デザイン。

 

 

1作品目。

 

傘を差し絵に可愛らしく。

 

「くさかんむり」には、ドットの◯を活用して書くことで、ポップなイメージに。

 

「芒種」筆ペン「2」作目筆文字デザイン。

 

 

2作品目の「くさかんむり」は、縦線の谷型を活用して、少しすっきり感を。

 

左の縦線を長めに描いています。

 

「芒種」筆ペン「3」作目筆文字デザイン。

 

 

3作品目の、「くさかんむり」は、右側の縦線を長くしました。

 

同じ長さの縦線をあえて、長い線、細い線を作ることで、簡単に文字のイメージは変わります。

 

「芒」の「亡」の下の横線を長くすることで、右下の余白を左下がりに整えて。

 

絵は、でんでん虫に見えますか?笑

 

「芒種」筆ペン「4」作目筆文字デザイン。

 

 

4作品目。

 

全体的に細い線を活用して、すっきり感を。

 

文字の配置も、縦に並べてみました。

 

左右の余白はそのまま残し、すっきりに仕上げても綺麗です。

 

今回は、簡単に紫陽花の絵を添えてみました。

 

少し、華やかになります。

 

紫陽花もカラー筆ペンで簡単に書けますので、トライしてみてください^^

 

 

「芒種」いかがでしたか?

 

雨の季節も、筆ペンがあれば、楽しさに変わります^^

 

書き方が気になった方は、こちらもご覧くださいね。

 

LINE@にて、2019年毎月(予定)「季節の伝筆見本データ」プレゼントしています。

 

詳しくは、画像をポチと押して、ご覧ください。

 

 

こちらの記事も参考にしてください。

 

「四字熟語」の意味と筆ペン書き方

 

「二十四節気」の意味と筆ペン書き方

 

筆ペン選びにこまったら「最初の筆ペン選び」

 

筆文字を描くコツ

 

失敗もなんとかなる裏技

 

筆ペンの特徴をいかした味のある 「一線」の書き方のコツ

 

筆ペンで書きたくなったという方は、こちらのコースがおすすめです。

 

▼筆文字を教える先生として活躍したい方向けのコース(侑季担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼「初級セミナー」伝筆はじめての方は、こちらからどうぞ!!(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼初級セミナー修了後、さらに技術アップや様々な、素材で作品を作りたい方向けのコース(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

不定期開催、「伝筆くらぶ」(侑季・小塚担当)はこちらからご覧ください。

 

※画像をクリックしてください

 

【日程が合わない方、最新日程を知りたい方へ】

 

LINE@が使いやすい方は、伝筆セミナー日程をお知らせするLINE@にご登録を。

 

※画像をポチと押してください。

 

メールが使いやすい方は、<60分で出来る心を伝える、筆文字無料メール>最新情報をお知らせしていますので、ご登録しておいてください。

 

メールアドレス(必須):

お名前(必須):