日本には一年を二十四分割し、それぞれに季節を表す言葉をつけた「二十四節気」という季節の呼び方があります。

 

二十四節気とは古代中国で作られた暦で、日本では平安時代から使われています。

 

1年を24等分し、それぞれに名前を付けたものです。

 

二十四節気は太陽の動きに合わせて設定しています。

 

有名なもので、春分や秋分、夏至、冬至もその一つ。

 

1年で最も昼の長い日を夏至(げし)。

 

1年で最も昼の短い日を冬至(とうじ)。

 

昼と夜の長さが同じ日を春分(しゅんぶん)・秋分(しゅうぶん)。

 

この4つを春・夏・秋・冬の中心として決めた暦です。

 

その節気の日がくると、「暦の上では春」などと言われたりしますので、耳にされる方も多いと思います。

 

太陽の動きに合わせて設定しているため、季節や気候に密接な関係を持っていますが、古代中国うまれの二十四節気です。

 

当時の中国の気候と、当時の「太陰暦」に合わせて「名付け」られています。

 

そのため、「太陽歴」を使用している現代日本では、実際の季節よりは少し早い 「季節の先取り」となりますが、それも趣があると感じています。

 

2019年の試み。

 

季節に合わせて装いを変えたり、食卓に旬の食材を並べるように、伝筆(つてふで)を室内のしつらえに活用していただけたらと嬉しいと思い、「二十四節気」の意味と筆ペン書き方を随時ご紹介します。

 

みなさんに見ていただきやすいようにと一覧にまとめました。

 

日づけは、2019年仕様となっておりますことご了承ください。

 

「二十四節気」の意味と筆ペン書き方一覧

 

「節分の由来と意味:鬼は外 福は内」:2月3日ごろ

 

 

春「立春」「雨水」「啓蟄」「春分」「清明」「穀雨」

 

1、【立春】(りっしゅん) 毎年2月4日ごろ

 

暦の上では、「立春」の前日までが「冬」で、「立春」からは「春」になります。

 

 

2、【雨水】(うすい) 毎年2月18~19日頃。

 

少しずつ暖かく、雪から雨に変わり、「雪が溶け始める」頃。

 

春一番が吹くのもこの頃で、うぐいすが鳴く頃でもあります。

 

 

3、【啓蟄】(けいちつ) 毎年3月6日頃

 

「啓蟄」は暖かくなって虫が目をさます時期。

 

「啓」とは、開く 「蟄」とは、土の中で冬ごもりをしている虫。

 

つまり「啓蟄」とは、大地が温まって、冬ごもりから目覚めた虫が顔を出す頃。

 

 

4、【春分】(しゅんぶん)毎年3月21日頃

 

昼夜の長さがほぼ同じになる日で、この日を境に陽が延びていきます。

 

 

5、【清明】(せいめい)毎年4月5日頃

 

花が咲き、鳥は歌い、空は青く澄み、爽やかな風が吹き、すべてのものが春の息吹を謳歌する頃。

 

各地でお花見シーズンを迎えます。

 

 

6、【穀雨】(こくう)毎年4月20日頃

 

春の柔らかな雨に農作物がうるおうという意味です。

春の天気は、寒くなったり暖かくなったりと変わりやすいものですが、「穀雨」の頃から安定し、日差しも強まり、徐々に降雨量が多くなり始めます。

 

夏「立夏」「小満」「芒種」「夏至」「小暑」「大暑」

 

7、【立夏】(りっか)毎年5月5日〜5月6日頃

 

「立夏」の前日までが、春。

 

暦の上では、「立夏」から「立秋」の前日までが夏となります。

 

新緑に彩られ、さわやかな晴天が続く頃です。

 

 

8、【小満】(しょうまん)毎年5月21日頃

 

陽気がよくなり草木が成長して茂るという意味。

 

農家では田植えの準備を始める頃。

 

また、秋にまいた麦の種などが、ちょうど穂をつける時期で、安心する(少し満足する)という意味もあります。

 

 

9、【芒種】(ぼうしゅ)毎年6月6日頃

 

「芒」とはイネ科植物の穂先にある毛のような部分のことで、稲などの穀物の種をまく時期という意味です。

 

梅雨入りも間近で少し蒸し暑くなってくる頃です。

 

梅干しつくりの時期です。

 

 

10、【夏至】(げし)毎年6月21日〜22日頃

 

1年で最も昼が長い日です。

 

暦の上では夏の折り返し地点にあたり、夏至を過ぎると暑さが増して本格的な夏がやってきます。

 

 

11、【小暑】(しょうしょ)毎年7月7日頃

 

12、【大暑】(たいしょ)毎年7月23日頃

 

秋「立秋」「処暑」「白露」「秋分」「寒露」「霜降」

 

13、【立秋】(りっしゅう)毎年8月7日頃

 

14、【処暑】(しょしょ)毎年8月23日頃

 

15、【白露】(はくろ)毎年9月8日頃

 

16、【秋分】(しゅうぶん)毎年9月23日頃

 

17、【寒露】(かんろ)毎年10月8日頃

 

18、【霜降】(そうこう)毎年10月23日頃

 

これからは「寒さが深まっていく季節」です。

 

楓(かえで)や蔦(つた)が紅葉し始め、北から順に日本列島が、赤色に染まり始めます。

 

コートや暖房器具の準備など冬支度を始めてくださいね。

 

 

冬「立冬」「小雪」「大雪」「冬至」「小寒」「大寒」

 

19、【立冬】(りっとう)毎年11月7日頃

 

20、【小雪】(しょうせつ)毎年11月22日頃

 

21、【大雪】(たいせつ)毎年12月7日頃

 

22、【冬至】(とうじ)毎年12月22日頃

 

23、【小寒】(しょうかん)毎年1月5日頃

 

これから冬本番を迎え、 暦の上で寒さが最も厳しくなる時期です。

 

この日から寒中見舞いを出し始めます。

 

 

24、【大寒】(だいかん)毎年1月20日頃

 

ーーーー

 

まだ、記事が設定していない「二十四節気」もございますが、随時リンクし、更新しますので、楽しみにしていてください。

 

 

全国の認定講師のもとで、伝筆セミナー学べます。

 

※こちらの画像からご覧ください。

 

公式LINEにて、伝筆協会の最新情報をお知らせしています。

 

2020年毎月(予定)「協会代表Yuukiの伝筆見本データ」プレゼントしています。

 

伝筆協会公式LINE アカウント @gqk6920y

 

 

友だち追加

 

こちらの記事も参考にしてください。

 

「四字熟語」の意味と筆ペン書き方

 

「二十四節気」の意味と筆ペン書き方

 

筆ペンで書きたくなったという方は、こちらのコースがおすすめです。

 

▼筆文字を教える先生として活躍したい方向けのコース(侑季担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼「初級セミナー」伝筆はじめての方は、こちらからどうぞ!!(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼初級セミナー修了後、さらに技術アップや様々な、素材で作品を作りたい方向けのコース(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

不定期開催、「伝筆くらぶ」(侑季・小塚担当)はこちらからご覧ください。

 

※画像をクリックしてください

 

【侑季と小塚の日程が合わない方、最新情報を知りたい方へ】

 

LINEをご希望の方※講座開催情報のみお知らせ

 

 

メールをご希望の方「60分で出来る心を伝える、筆文字無料メール」へ

 

メールアドレス(必須):

お名前(必須):