「2020 web 伝筆®︎キャラバン(無料)」が4月15日から9月30日まで、全国の伝筆®協会認定講師のもとにて、開催しています。

 

伝筆キャラバンは、2017年2月10日から伝筆®協会公式イベントとして、毎年、認定講師のもとをめぐりながら4年めを迎えました。

 

2020年は、新型コロナウィルスの拡大により、2月10日にスタートしたにも関わらず、4月から中止とさせていただきました。

 

詳しくは、こちらをご覧ください。

 

しかし、今だからこそ、伝筆のあたたかさに触れてほしい、伝筆で多くの方に元気になってもらいたい。

 

その思い実現のため、「web(ズーム)を使用してワークショップ(無料)を行う伝筆キャラバン」へと形を変えて開催します。

 

 

「え!?筆ペンで字を書くイベントが、webでできるの?」と思われた方は、このブログ記事の下に参加された方の作品が掲載されていますので、ぜひご覧ください。

 

web伝筆®キャラバンとは

 

現在、国内国外あわせて200名以上の認定講師と、筆ペンを使って「世界中を元気にする」というビジョンに向けて、目に見えない想いを、伝筆(つてふで)という文字にして、大切な人へ大切に伝え合う活動を、全国で行っています。

 

あなたが生まれてきてくれた、それだけで、嬉しい、あなたの誕生を賞賛しあいたい。

 

そんな願いから誕生した、伝筆協会の公式イベント「伝筆キャラバン」が4年めを迎えました。

 

毎年、「伝筆の日 2月10日」からスタートして、認定講師がバトンを引き取りながら展示会を行い、そこで無料ワークショップを開催して描いてもらった「伝筆作品」をまた展示しながら、次の認定講師へバトンを渡す。

 

まさしく「全国を旅する伝筆キャラバン」です。

 

2020年の9月のゴールは、関東地域会の認定講師のみなさんが初めて関東で引き取る予定でしたが、「新型コロナウィルス感染拡大」となり中止としました。

 

それでも、あきらめきれず、「キャラバン委員会」を中心として、急遽ズームミーテイング。

 

 

人と直接会える時間が少ないからこそ、 少しでも、伝筆を活用して まわりの人に元気になってもらいたいとアイデアを出しあいました。

 

その結果。

 

こんなときだからこそ、 力を合わせて、 おうちで伝筆で笑顔を広げ 免疫力アップをお手伝いする「web伝筆キャラバン(無料)9月末まで開催」をスタートします。

 

▼web伝筆キャラバン(無料)お申し込み方法

 

認定講師が各地でweb伝筆キャラバン開催中!※2020年9月末まで

 

こちらから、リクエストしてください。

 

ZOOM活用して「web伝筆キャラバン」おうちで、家族と参加できます

 

web伝筆キャラバンのおおまかな流れをご紹介しますね。

 

参加は無料です^^

 

web伝筆キャラバン開催の認定講師へ申し込みます。※開催の日程は、認定講師がリクエストに合わせ随時行っていますので、認定講師にお尋ねください

 

 

用意していただくものは、「ZOOM(ズーム)の設定」「筆ペン黒※毛筆タイプ」「赤色のペン※ボールペン、色鉛筆可」「紙」A4サイズの練習用紙と清書用のハガキかハガキサイズのコピー用紙です。

 

 

web伝筆キャラバン開催担当講師から、ZOOM(ズーム)入室URLのお知らせが届く※詳細は、担当講師から連絡があります。

 

 

開催時間になったら、ZOOM(ズーム)入室URLをクリックしてZOOM(ズーム)内に集まります。

 

 

伝筆キャラバン趣旨に基づいて、ワークショップ開催スタート。

 

 

 

書く文字の、「お名前」を決めます。

 

お子さんでも、パートナーの方のお名前でも。

 

ペットのお名前も大丈夫ですよ。

 

 

決まったら、講師が見本を作ります。

 

講師のナビゲートにあわせて、お名前の見本を見ながら、練習スタート。

 

 

心のこめて、お名前を「清書」します。

 

 

完成!!

 

担当講師によって、それぞれ特徴がありますが、大まかな流れです。

 

詳細は、開催主催の担当の認定講師にお尋ねください。

 

このようにZOOM(ズーム)を活用しますので、おうちで、安心して参加していただけます。

 

筆ペン自信がないという方も大丈夫です。

 

講師が見本をつくり、その見本を見ながら練習できますから、筆ペン初めての方でも安心してご参加くださいね。

 

親子で参加して書きあいっこも楽しいと思います。

 

一度参加された方が、別の方のお名前も書きたいと、講師に開催リクエストして、何度も参加される方もいらっしゃる人気企画です。

 

ある方は、「web伝筆キャラバン」でお母さまの名前をハガキに書き、切手を貼って送ったそうです。^^

 

「玄関に飾られてました!!

 

名前だけのハガキって、インパクトありすぎですが、意外に喜んでもらえるみたいです!」

 

きっと、お母様はびっくりされたと思いますが、娘さんから送られてくる「自分の名前ハガキ」サプライズで元気な笑顔になられたと思います。

 

「web伝筆キャラバン」おうちで、「ワクワク」「ドキドキ」と、楽しい時間を過ごしたい方、大歓迎!!

 

STAY HOME しながら楽しみましょう!!

 

▼web伝筆キャラバン(無料)お申し込み方法

 

各地で認定講師が随時開催中!リクエストしてください。

 

 

侑季開催、web伝筆キャラバンの日程

 

このような時期だからこそ、 大切な方の名前を、心を込めて描きましょう!

 

▼開催日程

 

  • 2020年5月7日(木)10時30分から12時←終了しました
  • 2020年5月15日(金)10時30分から12時←終了しました
  • 2020年5月25日(月)19時から20時30分←終了しました

 

※開始時刻10分前には、全員ZOOMにご入室ください

 

開始時刻になりましたら、入室されていない方がいらしても、 スタートさせていただきますことをご了承ください。

 

▼担当講師

 

  • 侑季蒼葉(ゆうきあおば)
  • 伝筆協会認定講師

 

▼ 当日にご用意いただくもの

 

  • 筆ペン黒色・カラーペン可(毛筆タイプ)
  • 赤色ペン(赤色の筆ペンorボールペンorサインペン可)
  • 紙(練習用紙A4サイズコピー用紙など2枚程度※使用済みの用紙可・清書用紙 ハガキサイズのコピー用紙(できれば新品)orハガキ

 

 

web伝筆キャラバンは筆ペンを使用します。

 

墨で服を汚す可能性がございますので、 白い服などでのご参加の場合はご注意ください。

 

▼お申し込み方法

 

2020年9月末まで、各地でweb伝筆キャラバン開催中!認定講師へリクエストしてくださいね

 

▼ ZOOM入室URLのお知らせ方法

 

各開催30分前に、「ZOOM入室URL」を、お申し込み時にいただいたメールにてお知らせ致します。

 

メールに記載されています、 「ZOOM入室URL」をクリック(押す)してご参加ください。

 

スマホ、タブレットでご参加、ZOOM始めての方は、快適に参加していただくためのポイントをまとめましたので、事前にお読みください。

 

伝筆「ZOOM」講座に、快適に参加するためのポイント

 

▼ZOOM操作に不安がある方へ

 

上記「快適に参加していただくためのポイント」を読んでも、ZOOM操作に不安がございます方は、 少しサポートさせていただきますので、 その場合は開始時刻30分前にご参加ください。

 

また、全員、開催時刻10分前には、 ZOOMへの入室にご協力ください。

 

全国の認定講師のもと開催された、web伝筆キャラバンの作品です!

 

2020年4月24日・4月26日:作品数7枚

 

  • 担当講師: 増田玲子先生
  • 開催日: 2020年4月24日と26日
  • 作品数: 3+1+3=7作品

 

<感想>

 

  • 名前を伝筆でかくと柔らかいのが伝わる。名前だけじゃなく伝筆でびっくりするという気持ちもこめられる
  • 父の戒名をかいて仏壇におきたい
  • これを目の前に置いとくとマインドフルネス効果がある。
  • こんな短時間で気持ちって変わる。
  • 中学への入学祝いに贈りたい。
  • 2年前に結婚した旦那さんに「ご縁に感謝」の気持ち込めて

 

 

 

 

2020年4月26日:作品数11枚

 

  • 担当講師:古賀上実絵子先生
  • 開催日時:4月26日 11:00~・4月26日 13:00~
  • 作品数:8+3=11作品

 

午前の部は子供さんも参加いただいてのにぎやか開催になりました。

 

お友達に送るんだぁというお子さんやご自分の名前を書くお子さん とっても楽しそうに書いてくれてよかったです。

 

送るのがもったいないといいつつすぐに住所を書いたお子さんもいらっしゃいました。

 

午後の部はカメラなしの方が1名いらっしゃったので後から送ってもらった画像を合成しました。

 

想いをこめて書いたハガキは手渡ししたいけど、この時期会えないから送ってみるとおっしゃってました。

 

2020年4月25日:作品数4枚

 

  • 担当講師:西山恵美先生
  • 開催日時:4月25日(土)
  • 作品数:4作品

 

みんな初めての伝筆でで、楽しんでいただけました。

 

  • いつも気にかけてくれる、おばあちゃんへ
  • 叔母さんだけれど姉の様な存在のかたへ
  • 産んでくれたお母さんへ
  • いつも助けてくれて、今度は恩返しがしたい、お姉さんへ 想いを込めて書いて頂けました(^^)

 

2020年4月25日:作品数3枚

 

  • 担当講師:一宮克江先生
  • 開催日時:2020年4月25日(土) 14 : 00 〜 15 : 00
  • 作品数:3作品

 

感想

 

  • 娘の名前を書きながら、出産の時のことや、子育ての時のいろいろあったことを思い出して、振り返ることができてよかった。
  • 筆ペンで年賀状を書くよりも、名前を書くっていいなぁ。楽しかった。
  • 自分の名前を書きながら、子育てが終わって、ほんとうに、もう心配ないねって思える日がきたことに感謝、そして自分を見つめるよい機会になった。
  • 学生時代の友人と、30数年ぶりにご縁が復活したときのことを思い出して、その友人の名前を書いてみました。もうすぐお誕生日なので、カードに書いて送ろう。 名前を名付けた由来なども伺うことができて、心があったかくなりました。 名前っていいですね。

 

次に書く人の名前がもう決まったということで、またweb伝筆キャラバンを開催す予定です。

 

 

2020年4月25日:作品数4枚

 

  • 担当講師:古賀上実絵子先生
  • 開催日時:4月25日 11:00~・4月25日 13:00~
  • 作品数:2+2=4作品

 

感想

 

午前の部は元上司とその先輩がご参加くださいました。

 

元上司は叔父さんの愛称(たこおっちゃん)を長生きしてほしいという思いを込めて、書いたハガキはメールで送るとおっしゃいましたが、切手を貼って送ることをお勧めしました。

 

もうお一方は以前よく通っていたカフェの大将(廣行)に感謝を込めて、すぐには会えないけれど終息したら手渡したいとのことでした。

 

午後の部は着付講師の先輩と伝筆講師の先輩がご参加 着付講師の先輩はお孫ちゃんの名前を愛情を込めて。

 

伝筆講師の先輩は岡江久美子さんを偲んで 正しい字・ちゃんとした字を書かないと・・・と思っていたけどそうじゃなくていいんだということがわかって気が楽になったと伝筆が初めての方でも楽しんでいただけてホッとしています。

 

 

 

2020年4月22日〜23日:作品数6枚

 

  • 担当講師:増田玲子先生
  • 開催日時: 2020年4月22日〜23日
  • 作品数: 3+3=6作品

 

感想

 

  • 92歳のお父さんの名前をあえて「しょうちゃん」とかきたい! その後しょうちゃんの「う」からウナギの話になり、ウナギ弁当にこれを添えて渡そう!ってことに笑
  • 母の日がくるからお母さんの名前をかきたい
  • この状況で会いたくても会えない。近いからいつでも会えると思ってた。でも今は会えない。母はこの字の通りの人。大好き
  • 名前をかくっていいな。
  • テレワークでパソコンに向かっていると、字を書くみたいに手を動かすことから離れていた。色をいろいろかくのもいいなと思った。 相手のイメージを思い浮かべて 色も変えながらかいた時間でした。

 

 

 

2020年4月23日:作品数7枚

 

  • 担当講師:守家 久美子先生・榎本 純子先生
  • 開催日時:4月23日(木)19時〜20時
  • 作品数:7作品

 

感想

 

  • カルチャー教室がお休みなので、久しぶりに守家先生や皆さんと会えて嬉しかったです。
  • 時間を作って書こうと思っても、なかなか出来ないので、良い機会になりました。
  • 初めてのzoomでしたが、無事に参加できて良かったです。

 

皆さんリラックスして楽しんでくださったので良かったです。

 

そして、名前の作品も、それぞれに思いが込められていて、名前を書くっていいなと改めて思いました。

 

守家先生とチームを組んで、また開催したいと思います。

 

 

 

2020年4月21日午前・夜:作品数5枚

 

  • 担当講師:増田玲子先生
  • 開催日時: 2020年4月21日 19:30〜20:20・21:00〜21:50
  • 作品数: 3+2=5作品

 

感想

 

  • 不思議なことがあって。娘の生まれた日は義理の母の命日。生まれ変わりかな。
  • 「ゆか」にはいろんなカーブがあって楽しくかける
  • いい名前をつけたな〜。
  • 名前をかくって気持ちが入る。笑ってる娘の顔や小さいときのことを思い出しました。
  • 呼び名をかくってなかなかない。
  • 小さくて可愛かったころのことを思い出して話せた。今は180センチの大男。そのまんま大きくなってくれました。

 

3人のうちおふたりが同じ名前を選び おふたりが同じ配色を選ぶ というシンクロが起こりました^^

 

 

 

2020年4月21日夜の部:作品数3枚

 

  • 担当講師:榎本 純子先生
  • 開催日時:4月21日(火)20時〜20時半
  • 作品数:3作品

 

感想

 

  • 生まれてきてくれてありがとうから、浮かんだのは、皆さん、お父さんや娘さんでした。 途中、わんちゃんの参加もあったりと、和気あいあいと楽しい時間になりました。
  • お手本を真似するのは、なかなか難しかったけど、とても楽しめました。 などの感想をいただきました。

リラックスした中で盛り上がり、とても嬉しかったです。 ありがとうございました。

 

 

2020年4月21日:作品数3枚

 

 

  • 担当講師:榎本 純子先生
  • 開催日時:4月21日(火) 13時半〜14時
  • 作品数:3作品

 

感想

 

  • お母さまの名前の中に「与える」という字が入ってるのですが、思えばいろいろなことを与える人だったなと感じました。 送ってみて、少しでも癒されて貰えたらという思いで。
  • 今日は一緒に参加してくれた娘に、ありがとうという気持ちと、まだちっちゃいけど、凄く頼りになってるよ。という気持ちをこめて。
  • お母さんが大好きだから、他の誰よりもお母さんの名前を書きたい。 そんな気持ちで書いてくださいました

 

2020年4月20日:作品数4枚

 

  • 担当講師:増田玲子先生
  • 開催日時: 2020年4月20日 14:00〜15:00
  • 作品数: 4作品

 

感想

 

名前をかくとき、その人をはっきり意識する。 だから名前をかくのは素晴らしい。

その人のイメージの色、その人が好きな色を使って、その人への想いが深まりながら描ける。

名前は一人一人奥深い。生まれてから14日以内に考えて絞りこんでつけられた名前だから。 ご近所さんの名前を選んだ大和田先生より。

どの人にしよう〜全員にかきたいくらい。

昨日たまたま会った仲良くしてるご近所の方に感謝をこめて名前をかこう。

その人の色をイメージするのって面白い。ご近所さんをイメージするとパッとピンクが浮かびました。

 

 

2020年4月20日(月):作品数5枚

 

  • 担当講師:榎本純子先生
  • 開催日時:4月20日(月)15時〜15時45分
  • 作品数:5作品

 

感想

 

  • 5月で90歳になるお母さんに、「長生きしてね」「感謝してます」という想いをこめて。
  • 亡き母を思い描いていると、涙が出ました。
  • 先月亡くなってしまった息子さんに。 「見守っていてね」と語りかけながら。
  • 遠くに住んでる息子のお嫁さんに。 「いつも想っているよ」と、改めて思いながら。 このハガキも送られるそうです。
  • 参加者のお母さんが、飛び入り参加で、ご自分の名前を書かれました。 難しかったけど、とても楽しい時間でした。 こんなに楽しい時間を過ごせるとは思いませんでした。

 

参加者皆さんが、「誰かを想いながら名前を書く」ことが、こんなに深い意味があるとは、想像していなかっただけに、終わってみて、すごく感動した自分がいました。

 

誰もが、いろんな思いで生きてるんだなと思え、私自身が頑張ろうと思えました。

 

何だかリアルでの開催の時より、心に響くイベントになるかもしれないなと感じました。

 

 

 

 

 

 

2020年4月19日(日)作品数4枚

 

  • 担当講師:伊藤三枝子先生
  • 開催日時:2020年4月19日(日)
  • 作品数:4作品

 

感想

 

  • 楽しかったです。ペットの名前を書きました、 ペットに見せようと思います。
  • いつも書いている娘の名前だけど、 ハガキ一面に書くと思いもひとしおです。 誕生日が今月で「生まれてきてくれてありがとう」 という思いを込めました。
  • めちゃめちゃ楽しかった~ 妹へ日頃の感謝の気持ちを込めました。
  • 長男へ、寛大な心を示そうと思いました。
  • 書いているのは、一人なんですが、 画面でつながっているので楽しかったです。

 

みなさんの笑顔に久しぶりにお会いできてよかったです。

 

画面を通してですが、みなさんが熱心に書いている姿を見ていて、 とてもうれしくて泣けてきました。

 

 

2020年04月19日午後:作品数3枚

 

  • 担当講師:佐藤信子先生
  • 開催日時 :2020/04/19 13時30分から14時
  • 作品数: 3作品

 

かかれたお名前のストーリーをお聞きするたびに、大きな愛を感じます。 この愛が世界中に届けられますように(祈)

 

 

2020年4月19日午前:作品数 3枚

 

  • 担当講師:佐藤信子先生
  • 開催日時: 2020/04/19 10時30分から11時
  • 作品数:3枚

 

 

 

感想

 

施設に入っているお母様のお名前をかかれた方は、今はこのご時世で面会できないので、お母さんの事を思いながらかきたいとおっしゃっていました。

 

かきながらお母さんのお人柄を思い出していましたとの事でした。

 

息子さんの愛称をかかれた方は、もうすぐパパになる離れて暮らす息子さんに送ってみたい、と おっしゃって、楽しそうにかかれていらっしゃいました。

 

かきながら、息子さんの子どもの頃の様子が思い出されて懐かしかったそうです。

 

私は東京で暮らす、今テレワークで引きこもっている長女にエールを送りたくてかきました。

 

かきながら、長女を出産した時に感じた思いが湧き上がってきました。

 

本当に、、、 生まれてきてくれてありがとう と、思った体験でした。

 

2020年4月17日:作品数6枚

 

  • 担当講師:増田玲子先生
  • 開催日時:2020年4月17日14:00〜14:50・19:30〜20:20
  • 作品数:3+3=6作品

 

感想

 

  • 名前には物語がある
  • お手本がありがたい

 

お名前エピソードを聞くだけで ウルっときました

 

 

webでつながりながら、筆ペンで想いを込めてお名前を書きましょう

 

筆ペン初心者の方も、想いがこもったお名前ハガキが完成しています。

 

お名前は、その人そのもの。

 

お名前を筆ペンで書くごとに、その人との思い出がよみがえります。

 

本当に、名前には物語がありますね。

 

ぜひ、今だからこそ、伝筆の感動を伝えたい。

 

ご参加をお待ちしています。^^

 

全国各地で、web伝筆キャラバン開催中!

 

 

参考記事

 

 

全国の認定講師のもとで、伝筆セミナー学べます。

 

※こちらの画像からご覧ください。

 

公式LINEにて、伝筆協会の最新情報をお知らせしています。

 

2020年毎月(予定)「協会代表Yuukiの伝筆見本データ」プレゼントしています。

 

伝筆協会公式LINE アカウント @gqk6920y

 

 

友だち追加

 

こちらの記事も参考にしてください。

 

「四字熟語」の意味と筆ペン書き方

 

「二十四節気」の意味と筆ペン書き方

 

筆ペンで書きたくなったという方は、こちらのコースがおすすめです。

 

▼筆文字を教える先生として活躍したい方向けのコース(侑季担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼「初級セミナー」伝筆はじめての方は、こちらからどうぞ!!(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼初級セミナー修了後、さらに技術アップや様々な、素材で作品を作りたい方向けのコース(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

不定期開催、「伝筆くらぶ」(侑季・小塚担当)はこちらからご覧ください。

 

※画像をクリックしてください

 

【侑季と小塚の日程が合わない方、最新情報を知りたい方へ】

 

LINEをご希望の方※講座開催情報のみお知らせ

 

 

メールをご希望の方「60分で出来る心を伝える、筆文字無料メール」へ

 

メールアドレス(必須):

お名前(必須):