2019年も、日本列島、激しい雨に見舞われた一年でした。

 

伝筆協会では、各伝筆先生のもとで「祈りの伝筆」を開催し、経費を差し引き全額、コツコツと寄付しております。

 

2019年11月18日、伝筆協会より、北海道むかわ町へ、【383,238円】の寄付が完了しました。

 

 

ご協力いただきましたみなさま、ありがとうございました。

 

 

一般社団法人伝筆®協会 代表理事 侑季蒼葉です。

 

また、ご報告が遅くなりましたことお詫び申し上げます。

 

「祈りの伝筆」とは

 

伝筆協会は、見えない想いを文字にして「伝え合う喜び」と、書に向き合うことで「心を整える」社会を広げたい、和文化継承を少しでも担いたいと、日々活動しています。

 

  • 書写する
  • 祈る

 

ひとりの方が、一筆されることで、その人の心が整い、場が整う。

 

この世に起きている震災や貧困など、様々な悲しいできごとに想いを寄せ、そして、まだ見ぬ次世代への子どもたちと自分をつなぐ時間を持つ。

 

そんな時間を少しでも日常生活に取り入れることができたら。

 

そんな想いから、「祈りの伝筆」チャリティー企画を、伝筆先生と共に、全国で開催させていただいています。

 

2019年「祈りの伝筆」開催

 

「祈りの伝筆」開催の記録:過去に想いを寄せ、今を丁寧に生きる

 

2019年伝筆協会本部開催の「祈りの伝筆」は、以下よりご覧ください。

 

 

今回も、伝筆協会の名前で寄付しておりますが、伝筆先生、そして、伝筆先生主催のお教室からのチャリティーとなりますので、伝筆協会へ寄付金を預けてくださった認定講師のみなさまのお名前を記載させていただきます。

 

あの人への想いを描く〜文章にチャレンジ〜:チャリティイベント第3弾

認定講師がつくりあげた、「むかわ」へのチャリティ

チーム北海道

 

寄付先です。

 

2018年9月6日3時7分59.3秒に、北海道胆振地方中東部を震源として、最大震度震度7の、北海道胆振東部地震(ほっかいどういぶりとうぶじしん)で被災した「むかわ町」へ寄付させていただきました。

 

 

その経緯は、以下のブログをご覧ください。

 

むかわの町長と教育長と北央信用組合さまと、むかわ竜に伝筆ご挨拶

 

北海道胆振東部地震で被災したむかわから何人も参加してくださいました

 

2019年11月18日、北海道の認定講師、山本敦子先生と伊賀明美先生が、直接むかわ町長に支援金を渡してきてくださいました。

 

 

当日の様子は、伊賀明美先生のブログ「みなさんのご支援を届けてきました」に詳しく掲載されていますので、ぜひご覧ください。

 

山本敦子先生が、目録の文字や、札幌でおこなわれた「むかわ町」へのチャリティイベントの様子もまとめてくださいました。

 

 

実は、わたしも含めて、3人で訪問予定だったのですが、、、、、直前に体調不良となり、お二人に託しました。※今回の体調不良は長引きまして、みなさまもお身体を大切にしてください

 

むかわ町長、そして、副町長、教育長のもとを伺った様子の写真を送ってもらいましたので、ご紹介します。

 

※むかわ町長と、伊賀明美先生と山本敦子先生

 

※副町長と、山本敦子先生と伊賀明美先生

 

みなさん、わたしの身体を心配してくださり、「侑季先生にくれぐれもよろしくお伝えください」と、おっしゃってくださったとお聞きしています。

 

ご心配をおかけして申し訳ございません。

 

教育長が、わたしが以前書いてお渡しした色紙を壁に展示してくださっていて、「侑季先生の書いてくれた色紙の字を見て、ほっとするんだよね。」「伝筆講座するのにどれくらいかかるのかなぁ。」などなど、ニコニコたくさんお話しされていたとも。

 

※教育長

 

ありがたいことです。

 

以下山本敦子先生から。

 

むかわの竹中町長デスクの真正面にも、伝筆応援ハガキ達がいっぱい。

 

1年以上経っても、みなさんの心のこもった伝筆ハガキを大切に飾ってくれてます。

 

 

町長室で写真撮影する人のバックには、必ず写るみたい。

 

 

むかわ竜 新種であることがわかり、とってもカッコイイ学名がついたようです。

 

「カムイ ザウルス ジャポニクス」東京の国立博物館では、過去最高の入場者数になったと!!

 

そこで、むかわ竜が、復興を牽引してもらえるように、レプリカを作り、各地を巡る構想があるようです。

 

今、クラウドファンディングで募っているようですが、非常に難航中。 世紀の大発見! みなさんのご協力をよろしくお願いいたします。

 

侑季先生にも、よろしくお伝えください。とのことでした。

 

伝筆を通じて、「少しでも、わたしたちにできること」をコツコツと、これからも行いたいと思っています。

 

むかわ町は、ししゃもが有名。

 

わたしもいただきましたが、絶品ですよ^^

 

 

おすすめです^^

 

災害大国の日本

 

今回は、「祈りの伝筆」むかわ町へ寄付させていただきました、の報告でした。

 

日本は地震大国。

 

わたしたちは気づいていないだけで、年間300回ほどの地震が起こっているってご存知でしたか?

 

2000~2009年にかけて、マグニチュード6.0以上の地震は、全世界の20%が日本周辺で発生しているそうです。

 

日本技術研究センター HPより

 

また、地震のみではなく、ここ数年、激しい雨にも何度も見舞われるなど、水面下ではさまざまなエネルギーの乱れが起きているのでしょうか?

 

今や、地震大国から災害大国の日本と言われているそうです。

 

災害対策。

 

そして、伝筆協会も、今できることから。

 

これからも「祈る」気持ちと「書」に向き合う気持ちを重ね合わせて、「心を整える」文化をコツコツと続けます。

 

 

ご一緒に、伝筆先生として活動しませんか?

 

 

全国の認定講師のもとで、伝筆セミナー学べます。

 

※こちらの画像からご覧ください。

 

公式LINEにて、伝筆協会の最新情報をお知らせしています。

 

2020年毎月(予定)「協会代表Yuukiの伝筆見本データ」プレゼントしています。

 

伝筆協会公式LINE アカウント @gqk6920y

 

 

友だち追加

 

こちらの記事も参考にしてください。

 

「四字熟語」の意味と筆ペン書き方

 

「二十四節気」の意味と筆ペン書き方

 

筆ペンで書きたくなったという方は、こちらのコースがおすすめです。

 

▼筆文字を教える先生として活躍したい方向けのコース(侑季担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼「初級セミナー」伝筆はじめての方は、こちらからどうぞ!!(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼初級セミナー修了後、さらに技術アップや様々な、素材で作品を作りたい方向けのコース(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

不定期開催、「伝筆くらぶ」(侑季・小塚担当)はこちらからご覧ください。

 

※画像をクリックしてください

 

【侑季と小塚の日程が合わない方、最新情報を知りたい方へ】

 

LINEをご希望の方※講座開催情報のみお知らせ

 

 

メールをご希望の方「60分で出来る心を伝える、筆文字無料メール」へ

 

メールアドレス(必須):

お名前(必須):