北海道胆振東部地震チャリティ 「ありがとう」ハガキ伝筆講座&ミニ絵本セラピー®︎を開催しました。

 

北海道胆振東部地震が起きたのは、2018年の9月6日。

 

震災は、一年たったからといって復興できるものではない。

 

一般社団法人伝筆®協会の認定講師、チーム北海道のみなさんが、チャリティ企画を考えてくださいました。

 

 

絵本セラピー®も体験できる、とってもすてきな企画!!!

 

わたしも、わくわくして札幌入り。

 

 

一般社団法人伝筆®協会 代表理事の侑季蒼葉です。

 

 

10人であろうと、100人であろうと、賛同者を募って開催するセミナー、企画などを成功させるのは、ほんと労力が必要です。

 

ましてや、チャリティは、主催者が収益を得るわけではありません。

 

利益のことだけを考えたら、開催できません。

 

それでも、伝筆®協会では、チャリティ企画を開催し続けたいと思っています。

 

そして、その思いに賛同してくれる認定講師に恵まれているからこそ実現することができています。

 

また、認定講師のみなさんも、参加してくださったみなさまが「笑顔」になってくださるから、「元気」になったと言ってくださるから、企画し続けてくれているのだと思います。

 

 

2019年10月17日、「北海道胆振東部地震チャリティ 「ありがとう」ハガキ伝筆講座&ミニ絵本セラピー®︎」も伝筆®協会の歴史に残る素晴らしいチャリティイベントでした。

 

 

北海道の新聞にも掲載されました!!

 

チーム北海道主催、チャリティ

 

6月8日、北海道のみんなと行った美瑛への道中で、山本敦子先生へつぶやいた一言から始まった「むかわ町」へのチャリティ企画。

 

 

「むかわ町」にご実家があり、また、会社がある、今回のメイン講師である山本敦子先生。

 

「むかわ町」を震度6強という大きな揺れが襲いました。

 

自らも被災された山本先生が、「つかれた〜〜」とつぶやいた言葉をきっかけに、 全国から伝筆ハガキが寄せられ、その伝筆のあたたかさを、避難所や被災地に届けたいと、「むかわ町」の各地へ展示して回ってくれました。

 

詳しくは、こちらの記事に記載してありますので、ご覧になってください。

 

2019年5月6日に「むかわ町」へ連れて行ってもらいました。。

 

その現地の様子、そして、むかわ町長のお話しをお聞きして、「伝筆で応援したい!! 」「伝筆で なにかお役に立てないかな」「何ができるかな?」 そんな、話をずっと山本先生としました。

 

その一つが、今回のチャリティイベントという形になったのです。

 

募集チラシから、会場探し、会場設定まで、すべてチーム北海道の認定講師のみなさん主導で作ってくれました。

 

 

その募集チラシにはこのように記されています。

 

私たちの想い

 

世界中が幸せでありますように

 

みんなが、災害に負けず、元気に幸せな毎日を送られますように

 

そして、その想いに賛同して集まってくださった32名のみなさま。

 

本当にありがとうございます。

 

19時から21時という短い時間ではありましたが、共に過ごさせていただきましたことに感謝申し上げます^^

 

 

会場は笑顔

 

むかわ町の状況や、伝筆との関わりなどを、山本先生からお聞きしながら、その当時の状況を思い出しました。

 

 

 

わたしも、少しお話をさせていただきながら、北海道と伝筆の深い関わりに感謝がこみ上げてきました。

 

そして、絵本セラピストでもある山本先生による、ミニ絵本セラピー®︎。

 

 

 

 

 

大の大人が絵本の読み聞かせ??と感じた方は、ぜひ経験してほしいと思います。

 

大人になっても、絵本を読んでもらえるっていいものだな〜と感じますよ。

 

とくに、山本先生の声は癒しの声。

 

その山本先生から絵本を読んでもらったこともあり、より一層、内容と共に、あたたかさがこみ上げてきました。

 

今回は、夜の企画。

 

お仕事帰りで急いで駆けつけてくださったり、もしかしたらお腹が空いている方も、、、そして、帰りの時間も気になっていた方もいらっしゃったと思うのです。

 

そんな心のざわめきを、絵本は一気に沈めてくれて、心を整えてくれました。

 

そして、ここから伝筆です。

 

伝筆は見えない想いを、大切な人に大切に伝えるツールです。

 

 

絵本で心が整い、感謝の心と繋がりながら、「ありがとう」の想いを伝える。

 

会場の雰囲気はとってもいいエネルギーが満ちていました。^^

 

 

また今回は、伝筆をまったく知らない方もいらっしゃいます。

 

テーブルは4名に分かれ、認定講師のみなさんがサポートに入ってくれていまして。

 

 

いつも、チーム北海道を陰日なたと取りまとめてくださる伊賀先生

 

 

やさしい笑顔で見守ってくださる、春日先生

 

 

北海道へ伝筆を上陸させてくれた、谷本先生

 

 

いつも、陰でみんなを大きな愛で支えてくれる布浦先生。

 

 

小樽からかけつけてくれた、新井先生。

 

 

岩見沢から駆けつけてくださった、清野先生

 

 

フットワークよくサポートしてくださった、木下先生。

 

 

お仕事帰りに駆けつけてくださった、田内先生

 

 

 

伝筆の名札は、こぞってみなさんが持って帰りたいと言っていただける大人気商品(笑)です。

 

今回も、伝筆先生が伝筆名札を用意してくださっていました。

 

これだけ、心を込めた場作りです。

 

よい場にならないはずがありません。

 

 

その名札を、みせあっこして自己紹介。

 

 

ピースと余裕です^^

 

 

 

時々、わたしも、サポートに入らせてもらったり。^^

 

 

そして、伝筆を初めての方も、さくさくと描かれまして。

 

出来上がった「ありがとう」伝筆作品を前に、みなさまの表情は。

 

 

 

誇らしげ、です。^^

 

自分でも描けてしまったことに、驚いている方も。^^

 

そうなのです。

 

伝筆は、だれでも描ける、魔法の筆文字なのです^^

 

帰りには、筆ペンやハガキを買っていかれる方も。

 

その様子を隣で拝見しながら、伝筆「ありがとう」をどんどん活用してね、と念じた侑季でした。^^

 

また、認定講師のみなさんが、「伝筆おみくじ」というものを作られていまして、そちらも大盛況でしたよ。

 

どうやら、伝筆おみくじは、引いたご本人にぴったりの言葉が出るそうです。

 

わたしも、次回ひいてみたいと密かに目論んでいます。^^

 

そして、帰りには、むかわのトマト農家さんのトマトをプレゼント付き。

 

 

素朴なトマトをみているだけで、心あたたまりますね。

 

さて、今回のチャリティ企画。

 

伊賀明美先生の、ブログ記事「楽しくて、チャリティーにも参加できて嬉しかったです」もご覧ください。

 

そして、実は、9月6日北海道胆振東部地震のチャリティは、今回は第2弾。

 

第一弾は、2019年9月6日に、「祈りの伝筆」が開催されています。

 

こちらも、伊賀明美先生のブログ記事「この一年を俯瞰してみたような時間でした」をご覧ください。 

 

全国にて開催したいただいた「祈りの伝筆」にてお預かりしている寄付金と、今回のチャリティ企画にてお預かりする寄付金。

 

11月に、みなさんを代表して、伝筆®協会よりむかわ町に寄付させていただきます。

 

チーム北海道の認定講師のみなさまです

 

始まる前の記念撮影^^

 

 

筆ペンを並べたり。

 

 

 

お席の準備。

 

 

 

 

 

 

サイコーの仲間です^^

 

 

 

全国の認定講師のもとで、伝筆セミナー学べます。

 

※こちらの画像からご覧ください。

 

公式LINEにて、伝筆協会の最新情報をお知らせしています。

 

2020年毎月(予定)「協会代表Yuukiの伝筆見本データ」プレゼントしています。

 

伝筆協会公式LINE アカウント @gqk6920y

 

 

友だち追加

 

こちらの記事も参考にしてください。

 

「四字熟語」の意味と筆ペン書き方

 

「二十四節気」の意味と筆ペン書き方

 

筆ペンで書きたくなったという方は、こちらのコースがおすすめです。

 

▼筆文字を教える先生として活躍したい方向けのコース(侑季担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼「初級セミナー」伝筆はじめての方は、こちらからどうぞ!!(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼初級セミナー修了後、さらに技術アップや様々な、素材で作品を作りたい方向けのコース(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

不定期開催、「伝筆くらぶ」(侑季・小塚担当)はこちらからご覧ください。

 

※画像をクリックしてください

 

【侑季と小塚の日程が合わない方、最新情報を知りたい方へ】

 

LINEをご希望の方※講座開催情報のみお知らせ

 

 

メールをご希望の方「60分で出来る心を伝える、筆文字無料メール」へ

 

メールアドレス(必須):

お名前(必須):

 

 

【伝筆キャラバンのお知らせ】

 

全国を旅する伝筆キャラバンの日程です。

 

▼キャラバンの歴史

2019年伝筆キャラバン記録

 

 2018年伝筆キャラバン記録

 

2017年伝筆キャラバン記録