字を書くことが苦手な方でも楽しんでもらえる伝筆。

 

世界中で、筆で書く楽しさを伝えることができたらと、スタートした伝筆協会。

 

2019年の活動も残り少なくなりました。

 

 

一般社団法人伝筆協会代表理事 侑季蒼葉です。

 

伝筆先生のもとで学ばれているみなさんとの交流

 

認定講師のみなさんのもとで受講されているみなさんと交流できると嬉しいなと、始まった全国ツアーの2019年。

 

伝筆協会を設立したときのひとつの夢。

 

それは、伝筆先生のもとで学ばれているみなさんのもとに、誘致してもらって交流すること。

 

伝筆セミナーも含め、セミナー以外でも交流できたら嬉しいなと。

 

2019年、念願叶って、その夢が叶いました。

 

まずは、アメリカの伝筆認知講師のもとで、伝筆を愛用してくださっているみなさんのご紹介。

 

アメリカサンフランシスコにて

 

「墨の香りを感じると心が落ち着く」この言葉は、初めて海外で伝筆に触れてもらったケアンズに住む日本人の方の感想。

 

「墨の香り」は日本人のDNAに組み込まれている香りなのでしょうね。

 

 

サンフランシスコで活躍してくれている金澤先生。

 

2017年に認定講師になられ、イベントに出展されたり、公式セミナーや「祈りの伝筆」を開催されたりと活躍されています。

 

 

こちらのポストカードは、金澤さんが描いた伝筆が採用されたポスターを縮小したJapanese Speesh Contestのポストカード。

 

わたしも、何度か渡米してお会いして、アメリカ事情などお聞きしたり、ダイソーや文具店、ジャパンタウンへ足を運んだりしながら、欧米でも楽しんでもらえる方法など、金澤先生と一緒に考えてきましたが、それは微々たるもの。

 

異国で他国の文化を広めることは、とっても大変。

 

そんななか、金澤先生の人望で、コツコツと地道に伝筆を広げてくださっています。

 

2019年4月8日、友人のふきこさんと渡米した際に、金澤先生のもとで受講されたみなさんと会食させてもらいました^^

 

 

 

お車で案内してもらった場所は、素敵なお家が建ちならんでまして。

 

 

席についたら、こんな素敵なお献立。

 

あら、伝筆(つてふで)

 

 

あら、お部屋の壁にも、伝筆(つてふで)^^

 

 

可奈愛さんのお家で、可奈愛さんの伝筆です!!!

 

そして、そこに待っていたのは、本格的な懐石料理と、4人の美女とわたしたち3人。

 

 

ここ、サンフランシスコ^^

 

まずは、懐石料理のお写真をご紹介。

 

 

 

 

 

 

 

 

次々と振舞ってもらったお料理に舌鼓。

 

どのお料理も、本当美味しくて、食がすすむ、すすむ^^

 

 

初めてお会いさせてもらったみなさん。

 

とってもあったかくって、話も弾む、弾む。

 

 

食事の合間あいまに、「こんな風に書いています」と、アイフォンのお写真を見せてもらったり。

 

 

飲んだり^^

 

 

「11歳の娘が筆ペンをほしがって・・

 

絵が好きな娘ですが、わたしが筆ペンで伝筆したら、自分も筆ペンがほしいと。

 

でも、日本の筆ペンは貴重なので、ちょっと安めの筆ペンを買い与えましたが、すっごく喜んで、自分オリジナルの作品つくりしています。 」とおしゃべりが弾んで、楽しい!

 

 

本日の本格的な懐石料理をふるまってくださったのは、信さんと奥様の可奈愛さん。

 

 

そして、奥様の可奈愛さんは、信さんにラブラブ。

 

信さんのお料理に、なにかできないか、というお気持ちから伝筆に出会われて。

 

最初のころ信さんは、「・・・・・」だったみたいですが、今では、注文のお弁当にも、こうした本格的な懐石料理のメニューも、奥様に書いてほしいと注文されるとか。

 

すてき^^

 

 

嬉しくて、わたし、みなさんに伝筆色紙をプレゼントさせてもらいました!!

 

 

 

 

みなさん、これからも、伝筆を活用してくださいね。

 

ありがとうございます!!

 

アメリカ番外編

 

今回のサンフランシスコ滞在も、金澤先生のご自宅にお世話になりました。

 

 

今回お一緒したフキコさん。

 

 

近くには、海があり。

 

今回は「着物展」を見に、街にでて。

 

 

 

 

 

桜が咲いていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お決まりのダイソー。ww

 

金澤先生のご主人さまにお料理をふるまっていただいて。

 

 

 

鯖とチーズの燻製。

 

 

肉。

 

 

わたしたちは見ている人。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お野菜がとにかくお安い^^

 

 

金澤先生のお家の娘ちゃん。^^べっぴんです。

 

 

毎日、こんなすてきな夕陽のみえるご自宅でも伝筆(つてふで)教室を開催されているんですよ。

 

 

初めて、金澤さんのご自宅におじゃまさせてもらったときに、とっても仲の良いご夫婦に想いを込めて、送った伝筆です。

 

 

アメリカで、じわりじわりと広がっている伝筆。

 

世界中を元気にするというビジョンに一歩一歩前進中です。

 

 

一緒に、伝筆先生の活動をしませんか?

 

侑季と小塚の講座の日程情報を主に知りたい方は、こちらがおすすめです。

 

 

友だち追加

 

参考図書「直線で書けば今すぐ字が上手くなる」(サンマーク出版)著者:一般社団法人代表理事 侑季蒼葉

 

 

使用している筆ペン「ぺんてる筆 XFL2B 太字 黒」

 

 

 

全国の認定講師のもとで、伝筆セミナー学べます。

 

※こちらの画像からご覧ください。

 

公式LINEにて、伝筆協会の最新情報をお知らせしています。

 

2020年毎月(予定)「協会代表Yuukiの伝筆見本データ」プレゼントしています。

 

伝筆協会公式LINE アカウント @gqk6920y

 

 

友だち追加

 

こちらの記事も参考にしてください。

 

「四字熟語」の意味と筆ペン書き方

 

「二十四節気」の意味と筆ペン書き方

 

筆ペンで書きたくなったという方は、こちらのコースがおすすめです。

 

▼筆文字を教える先生として活躍したい方向けのコース(侑季担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼「初級セミナー」伝筆はじめての方は、こちらからどうぞ!!(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼初級セミナー修了後、さらに技術アップや様々な、素材で作品を作りたい方向けのコース(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

不定期開催、「伝筆くらぶ」(侑季・小塚担当)はこちらからご覧ください。

 

※画像をクリックしてください

 

【侑季と小塚の日程が合わない方、最新情報を知りたい方へ】

 

LINEをご希望の方※講座開催情報のみお知らせ

 

 

メールをご希望の方「60分で出来る心を伝える、筆文字無料メール」へ

 

メールアドレス(必須):

お名前(必須):

 

 

【伝筆キャラバンのお知らせ】

 

全国を旅する伝筆キャラバンの日程です。

 

▼キャラバンの歴史

2019年伝筆キャラバン記録

 

 2018年伝筆キャラバン記録

 

2017年伝筆キャラバン記録