75年前の1945年8月6日午前8時15分、世界で初めて原子爆弾が広島に投下され、8月9日午前11時02分に、長崎に投下されました。

 

この核攻撃により当時の広島市の人口35万人(推定)のうち9万-16万6千人が被爆から2- 4か月以内に死亡したとされ、当時の長崎市の人口24万人(推定)のうち約7万4千人が死亡し、建物は約36%が全焼または全半壊したと記されます。

 

2020年は新型ウィルスコロナ感染拡大し、世界中が不安感が漂っているなか、一人静かに、「祈りの伝筆(つてふで)」をさせてもらいました。

 

一般社団法人伝筆協会の侑季蒼葉です。

 

 

祈り「生きとし生けるものに」筆ペン

 

8月6日、8月9日、祈りの伝筆。

 

 

 

 

命の輝き、魂の輝き。

 

 

 

生きとし生けるものへ

 

この世に生きているとされるもの全てのものへ

 

 

Peace

 

平和を祈ります。

 

「祈りの伝筆」というチャリティー活動

 

伝筆協会では、2017年から「祈りの伝筆」というチャリティー活動を行っています。

 

祈りの伝筆「心を整える」文化を

 

先人の魂があって、今、わたしたちの平和があります。

 

戦争、震災、など、多くの命が一瞬でなくなった日に、祈りの気持ちを込めて書写しています。

 

書写する言葉は、「祝詞 百体清浄太祓」。

 

そして、2019年8月6日に、「伝筆協会 祈りの伝筆」が加わりました。

 

「伝筆協会 祈りの伝筆」は、伝筆協会が伝筆を通して、伝筆活動を通して、社会へ、そして、大切な家族への「祈り」を言葉にしたものです。

 

西日本豪雨災害の被災地を応援している団体へ【10万】寄付させていただきました:祈りの伝筆チャリティー

 

伝筆先生と生徒さんと共に、【154,920円】伝筆協会より寄付させていただきました

 

祈りの伝筆寄付金額【383,238円】北海道むかわ町へ:2019年11月18日

 

「先人の命を大切にし、歴史を伝え、心を豊かに生きる」

 

「祈りの伝筆」活動を大事に広めていきたいと思っています。

 

 

全国の認定講師のもとで、伝筆セミナー学べます。

 

※こちらの画像からご覧ください。

 

公式LINEにて、伝筆協会の最新情報をお知らせしています。

 

2020年毎月(予定)「協会代表Yuukiの伝筆見本データ」プレゼントしています。

 

伝筆協会公式LINE アカウント @gqk6920y

 

 

友だち追加

 

こちらの記事も参考にしてください。

 

「四字熟語」の意味と筆ペン書き方

 

「二十四節気」の意味と筆ペン書き方

 

筆ペンで書きたくなったという方は、こちらのコースがおすすめです。

 

▼筆文字を教える先生として活躍したい方向けのコース(侑季担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼「初級セミナー」伝筆はじめての方は、こちらからどうぞ!!(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼初級セミナー修了後、さらに技術アップや様々な、素材で作品を作りたい方向けのコース(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

不定期開催、「伝筆くらぶ」(侑季・小塚担当)はこちらからご覧ください。

 

※画像をクリックしてください

 

【侑季と小塚の日程が合わない方、最新情報を知りたい方へ】

 

LINEをご希望の方※講座開催情報のみお知らせ

 

 

メールをご希望の方「60分で出来る心を伝える、筆文字無料メール」へ

 

メールアドレス(必須):

お名前(必須):

 

 

【伝筆キャラバンのお知らせ】

 

全国を旅する伝筆キャラバンの日程です。

 

▼キャラバンの歴史

2019年伝筆キャラバン記録

 

 2018年伝筆キャラバン記録

 

2017年伝筆キャラバン記録