2019年2月10日伝筆キャラバンスタート、善光寺へ行ってまいりました、侑季蒼葉です。

 

 

 

 

伝筆キャラバンとは、「生まれてきてくれてありがとう」という、人の根底にある想い、でも、あらたまって伝える機会が案外少ない想い、を、伝筆にしあおう、という伝筆協会の企画です。

 

毎年2月10日、伝筆(つてふで)の日からスタート。

 

全国を伝筆作品が旅をします。

 

今年で3年目。

 

2018年は、26カ所をめぐり、総作品数1135。

 

2017年は、16カ所をめぐり、総作品数971。

 

2018年伝筆キャラバン:26カ所1135作品の伝筆作品が旅をしました

 

2017年伝筆キャラバン 全国16カ所971作品旅をしました

 

2019年は、2箇所からスタートしました。

 

一箇所は。

 

長野市灯明まつり、世尊院さまから2月10日(日)~11日(祝)。

 

そして、もう一箇所は、 岡山県倉敷から。

 

昨年が楽しくて、また来ました!

 

今年は、侑季も前日の長野大町での出版記念講演会から続いて、「チーム信州灯明まつり」を激励訪問させてもらいました。

 

 

 

雪がちらほら・・・

 

会場の世尊院さまも、とても寒かったのですが・・

 

 

 

実は、2018年昨年も、伝筆は、灯明まつりに参加させていただきまして。

 

わたしは、7日間参加する予定でしたが、インフルにてダウン^^で、訪れることができなかった会場なのです。

 

まだ、長野市では、伝筆は知られていなくて、来場者も少なくて・・・

 

今年はどうなることかと・・・。

 

 

伝筆初めての方も、たった15分のワークショップで、すってきな伝筆作品を完成!!!

 

 

 

昨年が楽しかったから、また来ました!!

 

出版記念講演会に行けなかったので、灯明まつりの伝筆キャラバンに来ました^^

 

 

どんどん来場者は途切れることなくて。

 

お雛様と七福神に見守られるなか、64作品となりました!!

 

 

 

 

笑い声が絶えず、そして、感動の感想で、とってもにぎやかであったかい場となりました。

 

 

東京から徳田先生、長野の大町から松島先生、辰野先生、今回の伝筆キャラバンを主催してくださった新井先生。

 

 

松本から青依先生。

 

そして、お写真がないのですが、白馬から塩澤先生、安曇野から幅先生。

 

長野といえども、広いです。

 

長野伝筆先生チームと、参加してくださったみなさまでキャラバンを作り上げてくださいました。

 

ありがとうございます!!

 

 

 

伝筆先生からのメッセージ。

 

こんなにたくさんになるとは思っていなかったので、驚きと喜びで舞い上がっています。

 

快く会場をお貸しくださいました世尊院さまにも感謝いたします。

 

長野県外からも描きに来てくださった方々、世尊院に足を運んでくださった多くの伝筆愛好家のみなさま、そして、信州の講師のみなさん、ご協力ありがとうございました。

 

県外からも起こしいただきました^^

 

おやつタイムも楽しい灯明まつりチーム

 

今回のチームの特徴は・・・

 

 

信州の先生おすすめのメロンパン。

 

外はバリ、内はふか^^

 

 

 

 

 

わたしは、巨大なカフェをいただきました^^

 

 

 

おやつタイムが楽しくて。

 

 

 

 

 

大好物の七味唐辛子。

 

 

 

 

待合の椅子も、七味(笑)

 

 

奥には、すてきなカフェがあって、ランチに味噌スープセットをいただいたり^^

 

 

 

この善光寺世尊院さまへ、伝筆ご縁を繋いでくださった、秋元さん。

 

 

世尊院さまにて、本格的なスリランカカレーを振舞われています。

 

 

 

 

毎食いただいても美味しい^^

 

一晩で70名さまも訪れる人気メニューですよ。

 

 

夜は、お泊まり組の伝筆先生、辰野先生と松島先生と、徳田先生と^^

 

 

ワークショップは、伝筆先生がばっちり担当してくださっているので、わたしの役目は、みなさんとお写真を撮影したり、伝筆したり、おやついただいたりと、善光寺、灯明まつり、そして伝筆キャラバンを満喫・・笑

 

 

善光寺灯明まつり、人生で一度は見てほしいです^^

 

善光寺 灯明まつりとは

 

長野灯明まつりは、長野オリンピックの開催を記念し、2004年から装いを新たに始まった祭りです。

 

オリンピックの「平和を願う精神」を後世に遺してゆくため、世界に向けて「平和の灯り」を力強く発信しています。

 

善光寺を五輪の色にちなんだ光で照らす「善光寺・五色のライトアップ」善光寺表参道に平和への想いが込められた光のアートが並ぶ 「ゆめ灯り絵展」大きな光と小さな光を長野市へ皆で灯して、世界の平和を祈ります。

 

 

伝筆キャラバンは、17時まで。

 

夜になると、灯明まつりが始まります。

 

雪の夜の灯明まつり、それはそれは幻想的で。

 

 

 

 

 

 

 

 

灯りが創り出す世界に引き込まれました。

 

世界の平和を祈る、灯明まつり。

 

なかなか、長野までは・・・というみなさまへ、お写真のみですが、雰囲気のおすそ分けさせてください。

 

そして、祈りの気持ちをおすそ分けです。

 

伝わるといいのですが・・

 

 

 

 

けど、寒い(泣)

 

18時過ぎると、一気に人が増えて、歩けないほど。

 

振舞い酒も出てまして、松島先生が、しっかり案内してくれまして、あったまりました〜〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとキャラバン抜け出して、伝筆絵馬^^

 

 

 

帰りの長野駅近くの書店へ寄ったら・・・ありました〜〜〜〜

 

 

わたしの身体の中には、長野の血が半分流れています。

 

亡き母の生まれ故郷で、こうして、伝筆の笑顔を広げることができ、そして、「直線で書けば今すぐうまくなる!」(サンマーク出版)も置いてもらって、感慨深い・・です。

 

<2019年伝筆キャラバン>

 

2月10日(日)~11日(祝)10時~17時 オンズピザ店(岡山県倉敷市船倉町1224)

 

2月16日(日) 愛知県名古屋市西区枇杷島4-3-11

 

2月10日(日)~11日(祝) 信州灯明まつり 長野県長野市元善町475

 

3月16日(土)~17日(日) 宮古空港ターミナルビル1Fアメニティ広場

 

伝筆作品が全国を旅をします。

 

お近くで開催されたら、ぜひ、見にいらしてください。^^

 

LINE@にて、2019年毎月(予定)「季節の伝筆見本データ」プレゼントしています。

 

詳しくは、画像をポチと押して、ご覧ください。

 

 

こちらの記事も参考にしてください。

 

「四字熟語」の意味と筆ペン書き方

 

「二十四節気」の意味と筆ペン書き方

 

筆ペン選びにこまったら「最初の筆ペン選び」

 

筆文字を描くコツ

 

失敗もなんとかなる裏技

 

筆ペンの特徴をいかした味のある 「一線」の書き方のコツ

 

筆ペンで書きたくなったという方は、こちらのコースがおすすめです。

 

▼筆文字を教える先生として活躍したい方向けのコース(侑季担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼「初級セミナー」伝筆はじめての方は、こちらからどうぞ!!(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼初級セミナー修了後、さらに技術アップや様々な、素材で作品を作りたい方向けのコース(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

不定期開催、「伝筆くらぶ」(侑季・小塚担当)はこちらからご覧ください。

 

※画像をクリックしてください

 

【日程が合わない方、最新日程を知りたい方へ】

 

LINE@が使いやすい方は、伝筆セミナー日程をお知らせするLINE@にご登録を。

 

※画像をポチと押してください。

 

メールが使いやすい方は、<60分で出来る心を伝える、筆文字無料メール>最新情報をお知らせしていますので、ご登録しておいてください。

 

メールアドレス(必須):

お名前(必須):