2019年の宮古島のキャラバンは、宮古空港中央アメニティーホールにて、大盛況にて開催されました!!

 

 

 

一般社団法人伝筆協会代表の侑季蒼葉です。

 

伝筆協会では、2017年から伝筆キャラバンというミニワークショップ付きの展示会が、伝筆先生のもと、全国を旅しています。

 

テーマは、「生まれてきてくれてありがとう」

 

この趣旨に賛同してくださった伝筆先生が、作品を各地で引き取って、展示会してくれているのです。

 

 

3月16日、3月17日と、昨年2018年に引き続き、宮古島にて二日間開催されました!!

 

宮古 毎日新聞に伝筆キャラバン掲載!!

 

前日3月16日の、「伝筆先生が全国から集まり、原点に戻る、年に一回開催されるブラッシュアップセミナー@東京」の興奮冷め止まぬ、17日の朝5時。

 

まだ、夜が明けぬうちに、眠い目をこすりながら空港へ乗り込んだわたし。

 

 

順調に、宮古空港へ。

 

そこで、待ち受けてくださっていたのは!!!

 

 

伝筆ウエルカムボード!!

 

と、今回伝筆キャラバンを引き取ってくださった、東京のなみおか先生と名古屋の奥田先生と、なみおか先生の生徒さんのAさん。^^

 

いや〜〜びっくりしました。

 

そして、す〜〜〜ごくうれしかった!!

 

わたし、また、すっぴんですし・・・・笑

 

わかりますか?

 

 

そして、外へでましたら・・・あら、すてき!!!

 

 

でね、しばらく、空港をぶらぶらしていましたら・・・、ぞくぞくと、参加者の方が。

 

 

 

す、すごい!!

 

なみおか先生は、実は宮古島に住んでいらっしゃるわけではありません。

 

宮古島大好きで、何年もかけて、宮古島に通われているのは事実。

 

それでも、こんなに人だかりになる・・・というのはむずかしい・・・

 

なぜ???

 

 

そう!!

 

宮古毎日新聞に載っていたのです!!

 

なみおか先生、さすがの行動力!!!

 

「宮古は新聞で情報を知るんです」「新聞を見てきました!」と何人もの方が言われていました。

 

新聞効果、抜群です!!

 

信州善光寺からバトンを受け取り、宮古島2日間で131作品へ!!

 

今回の、宮古島は、信州善光寺から64作品のバトンを受け取っての、二箇所めの開催。

 

 

一箇所めの「チーム信州灯明まつり」の全作品、しっかり見届けました!!

 

 

誰でも書けると人気の伝筆です!!

 

 

 

 

お子さんもチャレンジ!!

 

 

 

中央アメニティーホールには、人の群れ。^^

 

すっごく素敵な空気感を醸し出していました。

 

 

伝筆は「想いを込める」をと〜〜〜ても大事にしていて。

 

そして、誰でも書ける。

 

素敵な作品ばかりで、全部ご紹介したいのですが、・・数点ご紹介。

 

上は、おじいさん、そして、下はお孫さんの作品。

 

 

 

上の作品は、生まれてばかりのお孫さんを思って、おばあちゃんが書いてくださったものです。^^

 

やっぱり、想いを込めるっていいですね^^

 

 

宮古会場で、67点完成して、合計131点となりました^^

 

 

いや〜〜、ほんと、すごい!!

 

繋がるご縁

 

ご縁って不思議です。

 

なんと・・・

 

今年の宮古島伝筆キャラバンのご縁は、2018年のなみおか先生のご縁で開催された、大雨のキャラバンから繋がっているのです。

 

どういうことかといいますと。

 

2018年の伝筆キャラバンは、50年ぶりの大雨に見舞われまして。

 

それでも、東京から徳田先生、北海道から伊賀先生とその生徒さん、大阪から万ノ先生が応援に駆けつけてくれて。

 

で、東京の徳田先生は一足早く、帰られたのですね。

 

そしたら、宮古空港でなにやら展示会?イベントがあり、徳田先生が「どなたでも開催できるのですか?」とある方に尋ねた一言があり、そして、事務局に案内してもらって、そこでもらった1枚の紙が、なみおか先生にわたり、そのご縁で、今回の宮古空港でのキャラバン開催に繋がったのですよ!!

 

「振り返ってみると、すごいことですよね!!!」と徳田先生も言われていました!!

 

 

上のお写真は、徳田先生^^

 

声をかけて尋ねてくれた徳田先生、そして、そこからもらった一枚の紙に、申しこまれたなみおか先生。

 

そして、なみおか先生の呼びかけに、宮古まで駆けつけてくださった、名古屋の奥田先生、東京のAさん。

 

 

 

一回目に伝筆キャラバンを開催は、りーちゃん家でした。

 

上の写真は、りーちゃん家へのサイン^^

 

 

伝筆を通して、ご縁が繋がっている^^

 

伝筆(つてふで)の「つて」の意味は、ご縁。

 

その通りになっています!!!

 

 

わたしも、宮古空港のシーサーに、伝筆のご縁を残してきました^^

 

宮古空港、来年も来ようね

 

来年2020年も、宮古空港で開催してほしいな〜

 

そして、みんなで観光したいな。

 

前回は大雨、そして、今回は、宮古へは5時間滞在でしたので、わたし、今回も観光できませんでした・・・

 

空港のテレビに映し出されていた、宮古の様子でがまん。

 

 

 

 

ね〜〜すてきなところです!!

 

 

でもね、わたし、こっそり、空港で、足マッサージを受け。

 

 

宮古そばは、ちゃっかり、食してきました。

 

 

そして、今回の打ち合わせ地、那覇へ移動。

 

 

 

那覇の海はあったたかっいです^^

 

そして、心は熱く^^

 

 

 

お腹は満たされ・・

 

 

帰りは、宮古空港のキャラバン開催場所は、いつもの静けさに戻ったことを確認して・・

 

 

 

帰宅しました^^

 

LINE@にて、2019年毎月(予定)「季節の伝筆見本データ」プレゼントしています。

 

詳しくは、画像をポチと押して、ご覧ください。

 

 

こちらの記事も参考にしてください。

 

「四字熟語」の意味と筆ペン書き方

 

「二十四節気」の意味と筆ペン書き方

 

筆ペン選びにこまったら「最初の筆ペン選び」

 

筆文字を描くコツ

 

失敗もなんとかなる裏技

 

筆ペンの特徴をいかした味のある 「一線」の書き方のコツ

 

筆ペンで書きたくなったという方は、こちらのコースがおすすめです。

 

▼筆文字を教える先生として活躍したい方向けのコース(侑季担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼「初級セミナー」伝筆はじめての方は、こちらからどうぞ!!(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼初級セミナー修了後、さらに技術アップや様々な、素材で作品を作りたい方向けのコース(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

不定期開催、「伝筆くらぶ」(侑季・小塚担当)はこちらからご覧ください。

 

※画像をクリックしてください

 

【日程が合わない方、最新日程を知りたい方へ】

 

LINE@が使いやすい方は、伝筆セミナー日程をお知らせするLINE@にご登録を。

 

※画像をポチと押してください。

 

メールが使いやすい方は、<60分で出来る心を伝える、筆文字無料メール>最新情報をお知らせしていますので、ご登録しておいてください。

 

メールアドレス(必須):

お名前(必須):