最近では、儀式的に年賀状を出すくらいならと、メールなどで済ませる方も多くなりました。

 

それ故に、実際に手書きのハガキを頂くと、温かみや嬉しさも感じます。

 

本日は、年賀状の由来について。

 

現存する日本最古の年賀状

 

現存する日本最古の年賀状といわれるのが、平安時代の学者である藤原明衡が作った手紙の文例集『庭訓往来』の中にある正月の文例。

 

「春の始めの御悦び、貴方に向かってまず祝い申し候」(春始御悦向貴方先祝申候訖)

 

しかし、このころは、年賀状という 名前の由来を明確に記す 書物はほとんどないようです。

 

年賀状の由来

 

奈良時代から、新年を迎えると目上の人の所に出向きお祝いのご挨拶をする「年始の挨拶回り」という 習慣がありました。

 

それが、遠く離れてしまいご挨拶を行えない遠方の人には年始回りの代わりとして、新年への思いを込め て賀状を書いて送るようになりました。

 

それが、近くの方へ新年の挨拶として年賀状を送る文化として定着したのは、 明治時代に郵便制度が整い、郵便はがきが発行され「はがきで年賀状を送る」という習慣が急速に 広まったあたりと言われています。

 

意外と年賀状を送り合う文化は新しいですね。

 

近年はメールの普及に伴い、新年の挨拶をメールで済ませるという人も増えています。

 

しかし、配達件数が激減してはいないという現状があります。

 

それは、お正月に届く年賀状は日本人として特別な思いのある書状と位置づけられているか らかもしれません。

 

・過去にお世話になった恩師や上司、先輩

・親しかった人

・親しくなった人

・遠く離れる友人、家族

 

一人ひとりのお顔を思い浮かべながら、この一年、日頃お世話になっている感謝の気持ちを込めて。

 

新年をお祝する言葉を用い、新しい年も変わらないお付き合いの想いをメッセージに込めて。

 

一人ひとりへの思い出と繋がりに感謝する。

 

あなたの心にある想いを、文字という形にして、大切な方へ、大切に伝えてほしい。

 

そんな願いを込めて、手書きの年賀状をお勧めしています。

 

伝筆の年賀状

 

筆ペン年賀状。

 

カラーペンも豊富です。

 

 

干支の挿絵を入れたり。

 

 

 

今年は、亥ですね。

 

 

年賀状の用意とともに、ぽち袋も作っておきませんか?

 

 

 

 

本日の伝筆くらぶ。

 

年賀状&ポチ袋企画の感想は。

 

・今後の年賀状は絶対手書きにします

・じっくりやることがなかったので、いい時間すごせました

・隣の人の作品をカンニングしましたが、楽しい時間を過ごせました^^

 

人を想って字を書く。

 

そんなライフスタイルが広がることを願っています。

LINE@にて、毎月(予定・・)「季節の伝筆見本データ」プレゼントしています。

 

詳しくは、画像をポチと押して、ご覧ください。

 

 

こちらの記事も参考にしてください。

 

「四字熟語」の意味と筆ペン書き方

 

「二十四節気」の意味と筆ペン書き方

 

筆ペン選びにこまったら「最初の筆ペン選び」

 

筆文字を描くコツ

 

失敗もなんとかなる裏技

 

筆ペンの特徴をいかした味のある 「一線」の書き方のコツ

 

筆ペンで書きたくなったという方は、こちらのコースがおすすめです。

 

▼筆文字を教える先生として活躍したい方向けのコース(侑季担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼「初級セミナー」伝筆はじめての方は、こちらからどうぞ!!(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼初級セミナー修了後、さらに技術アップや様々な、素材で作品を作りたい方向けのコース(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

不定期開催、「伝筆くらぶ」(侑季・小塚担当)はこちらからご覧ください。

 

※画像をクリックしてください

 

【日程が合わない方、最新日程を知りたい方へ】

 

LINE@が使いやすい方は、伝筆セミナー日程をお知らせするLINE@にご登録を。

 

※画像をポチと押してください。

 

メールが使いやすい方は、<60分で出来る心を伝える、筆文字無料メール>最新情報をお知らせしていますので、ご登録しておいてください。

 

メールアドレス(必須):

お名前(必須):