11月2日、大盛況のルマン、サムライジャポン。

 

初日の「SamuraiJapon 2018@ルマン」はプレでして、2日目11月3日が本番。

 

この2日間で、ルマン中の日本ファンが参加してくれたような賑わいでした。

 

それにしても、一目散に、伝筆ブースに参加してくれた フランスのみなさんもいらして。

 

「こんなにも、伝筆が人気があるとは」 と、伝筆先生も、自分たちの活動に 誇りを感じてくれています。

 

それでは、「ルマン進出2日目:SamuraiJapon 2018@ルマンレポ2」をお届けします。

 

ルマン進出2日目:SamuraiJapon 2018@ルマンレポ1

 

SAMURAI JAPON 2018ルマン2日目スタート

 

ルマンは、鈴鹿と姉妹都市ということですが、今回は、伝筆のワークショップが忙しくて、町全体を観光する時間が全然なくて、、

 

それでも、フランスは、ぶらっと数分歩くだけでも、気持ちが高揚しますね^^

 

 

 

2日目のルマンは、心にも余裕ができ、伝筆先生もカメラ目線をくださいました^^

 

 

 

 

 

 

 

それでは、2日目の様子もお写真でお届けします。

 

 

 

今回のフランスで、すっごく感じたことは、みなさん、伝筆上手!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

忍者の説明をしながら、伝筆してもらっています^^

 

 

 

 

 

 

 

ルマンで、とっても良くして下さった ヒロコさん、そして ボランティアのみなさま。

 

 

 

 

伝筆先生と力をあわせて 伝筆色紙、伝筆ハガキのプレゼント。

 

ボランティアにて忙しいなか、 私たちのために、 レストランに連れて行ってくれたり ホテルまで迎えにきてくださったり。

 

みなさんに支えられて、 不安なく過ごせ ルマンでの伝筆、大盛況にて終えることが できました。

 

 

 

伝筆を喜んでいただけ、嬉しい!

 

このご縁、次に繋げますね!

 

それにしても、 経験は財産。 勇気の一歩は次の一歩に 繋がりますね。

LINE@にて、2019年毎月(予定)「季節の伝筆見本データ」プレゼントしています。

 

詳しくは、画像をポチと押して、ご覧ください。

 

 

こちらの記事も参考にしてください。

 

「四字熟語」の意味と筆ペン書き方

 

「二十四節気」の意味と筆ペン書き方

 

筆ペン選びにこまったら「最初の筆ペン選び」

 

筆文字を描くコツ

 

失敗もなんとかなる裏技

 

筆ペンの特徴をいかした味のある 「一線」の書き方のコツ

 

筆ペンで書きたくなったという方は、こちらのコースがおすすめです。

 

▼筆文字を教える先生として活躍したい方向けのコース(侑季担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼「初級セミナー」伝筆はじめての方は、こちらからどうぞ!!(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼初級セミナー修了後、さらに技術アップや様々な、素材で作品を作りたい方向けのコース(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

不定期開催、「伝筆くらぶ」(侑季・小塚担当)はこちらからご覧ください。

 

※画像をクリックしてください

 

【日程が合わない方、最新日程を知りたい方へ】

 

LINE@が使いやすい方は、伝筆セミナー日程をお知らせするLINE@にご登録を。

 

※画像をポチと押してください。

 

メールが使いやすい方は、<60分で出来る心を伝える、筆文字無料メール>最新情報をお知らせしていますので、ご登録しておいてください。

 

メールアドレス(必須):

お名前(必須):