伝筆協会は5期目が終了し、まもなく2020年4月1日から6期目がスタートします。

 

毎年3月、伝筆先生と一同に会する「ブラッシュアップセミナー」を開催しています。

 

残念なことに、2020年は、新型コロナウイルスの 感染拡大をうけて、3月7日会場開催を断念しました。

 

代わりと言ってはなんですが、本日は、2019年3月16日開催された、ブラッシュセミナーの様子をご紹介します。

 

 

ブラッシュアップセミナーで、全国の先生とお会いできることを、いつも楽しみにしている小塚です。

 

ブラッシュアップセミナーとは

 

ブラッシュアップセミナーは、「理念」「マインド」「講師としての在り方」「2018年の振り返り」「2019年のテーマ」などをお伝えし、伝筆活動の原点に戻る、仲間との交流、の2部構成。

 

全国にいる認定講師が一年に1度集合し、明日からのエネルギーアップが上がる場です。

 

2019年の会場は、中央区「トラストシティカンファレンス・京橋(コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション内)様」にて開催。

 

 

北は北海道、南は熊本と、全国から合計41名の認定講師のみなさんが参加してくださいました!!

 

2018年誰かのことを想って考え、「勇気」を持って行動する:前半

 

2018 伝筆先生ブラッシュアップセミナーのあとは、交流です:後半

 

2018年ブラッシュアップセミナー認定講師伝筆受賞作品ご紹介

 

2019年ブラッシュアップセミナー

 

 

伝筆協会の理念「筆に想いをのせ、伝え合う」

 

2018年の伝筆協会の一年は、「世界」でした。

 

おかげさまで、侑季自らイギリスでワークショップを開催したり、認定講師のみなさんと、フランス、アメリカと国外でのワークショップ開催するなど、楽しい一年となりました。

 

2019年度の伝筆協会のテーマは「しんか」です。

 

 

そのために、侑季自身が自ら全国をまわって、ファシリテーション復習会を開催すると宣言。

 

また、新しい公式セミナー構築や、カルチャーセンターのシェア拡大、七夕プロジェクトスタート、協会地域会の活性など、国内の充実を計り、過去4年の経験を生かして、さらにより深く、より成長をしていく一年にしよう!と、侑季から想いが語られました。

 

 

認定講師のみなさんも、メモを取ったり、相槌を打ったりと真剣そのものの熱い会場となりました。

 

伝筆先生より日々の活動報告をお願いしました。

 

2019年のブラッシュアップセミナーの新しい試みは、認定講師のみなさん自らの活動報告です。

 

今回は、東京都 徳田先生より「伝筆キャラバン」について、愛媛県 守家先生より「カルチャー教室」につい、岡山県 西村先生より「海外活動」について、北海道 伊賀先生より「被災地支援」についての活動発表をお願いしました。

 

まずは、徳田先生より《伝筆キャラバンの活動発表》です。

 

 

徳田先生は2018年の伝筆キャラバン26箇所の多くの会場へ自ら足を運び、キャラバンでの会場の現場にて感じた事を発表してくださいました。

 

以下、徳田先生からの言葉を抜粋。

 

たくさんの作品に囲まれ、キャラバンに参加された皆様、そして担当している伝筆先生が何より皆さんが笑顔だった事が印象的でした。

 

改めて、伝筆で書いた言葉のエネルギがー人の心を動かす。

 

経験は財産として皆様の心に響いたと思います。

 

そう感じました。

 

そして、フィナーレである、北海道では1000点超える作品がずらりと並び、数や想いに感動しました。

 

今年度もキャラバンも楽しみです。

 

徳田先生、ありがとうございました!

 

続いて、守家先生より《カルチャー教室の活動発表》

 

 

以下、守家先生からの言葉を抜粋。

 

私はまだ伝筆講師、カルチャー先生の資格を取って1年も経っていないです。

 

ですが、カルチャー先生養成講座の際に頂いた、伝筆協会からの企画書を参考に、自分なりに作成し、自宅から通える範囲のお教室に提案を行いました。

 

最初は不安だったのですが、大きいカルチャーセンターさまからもご支持を頂くことができ、今では3か所のカルチャー教室を担当することができました。

 

また、カルチャー教室の生徒さんがお友達を私の教室にお誘いをして頂けたり、別のカルチャー教室からも講師としてお誘いしてもらえるようになりました。

 

今後はカルチャー教室と他の伝筆講師の方を繋げられるような動きをしていきたいと思っています。

 

伝筆講師認定資格を取得して1年未満。

 

「ご自身で考え、行動し、そのプロセスが結果に繋がっている」という守家先生のお話をお聞して「素晴らしい」の一言です。

 

新しい期の先生も、勇気をもらったのではないでしょうか。

 

続いて、西村先生より《海外活動発表》

 

 

西村先生と共に、写真右より 東京在住 徳田先生 神奈川在中 宮前先生 東京在住 小林先生 長野在住 青依先生 静岡在住 鈴木先生 滋賀在中 池島先生もご一緒に登壇。

 

代表として西村先生にスピーチをして頂きました。

 

以下、西村先生からの言葉を抜粋

 

今年はパリ ルマンへ「SAMURAI JAPON」というイベントへ参加しました。

 

伝筆だけではなく、他の日本文化を継承する団体さんもいます。

 

SAMURAI JAPONのイベント内でブースを作り多くの外国籍の方へ伝筆をワークショップとして体験して頂き、喜んでもらう事ができました。

 

初めてご一緒する先生もいらっしゃったのですが、伝筆を通して何の問題もなくワークショップを開催し、多くの方に伝筆を体験してもらえ、イベントを大成功する事ができる事が奇跡に近いと印象に残っています。

 

海外でも人気を誇る伝筆、を実証された活動発表。

 

認定講師のみなさんも海外ワークショップの夢を実現させ、とても良い経験となられたことと思います。

 

SAMURAI JAPONでのワークショップの様子はこちらをクリック

 

ありがとうございました。

 

最後は、伊賀先生より《被災地支援の活動発表》

 

会場にてご参加頂く事ができなった、北海道 山本先生のメッセージビデオと共に発表していただきました。

 

 

以下、伊賀先生からの言葉を抜粋。

 

北海道胆振東部地震にて、むかわ町が被災しました。

 

SNSを通じて被災の様子をアップした所、全国の伝筆先生から、たくさんの伝筆応援メッセージが届きました。

 

集まった多くのメッセージを集めて、ボードに展示。

 

むかわ町長さんにお渡し、震災対策本部や避難所、郵便局や銀行へも展示して頂く事ができました。

 

そして、伝筆キャラバンのフィナーレも2か月遅れで開催した所、被災し仮説住宅に住んでいらっしゃる方もご来場頂き「元気になった!」との多くのお声も頂く事ができました。

 

現在では復興支援として、伝筆先生が町のイベントに参加、伝筆での展示作品を制作したりと復興向けて協力をしています。

 

北海道 山本先生よりメッセージビデオを預かっているので、投影をさせて頂きます。

 

 

以下山本先生からのビデオメッセージの言葉を抜粋

 

 

私の住む、平取町では震度6弱。

 

実家や伝筆講師である娘も住む、むかわ町で震度7による地震で被災しました。

 

毎日むかわ町へ通い続け、1ヶ月ほど。

 

疲れを感じ始めた事、全国からたくさんの伝筆応援メッセージを頂く事ができました。

 

本当にありがとうございます。

 

 

むかわ町ではメインストリートや住宅が壊滅的な状況です。

 

 

 

 

 

ですが、伝筆の応援メッセージにより

「力をもらいました。」

「元気をありがとう」

とたくさんの言葉を。

 

 

 

そして、むかわ町長室に伝筆作品を持っていった所、「むかわ町は負けません。みなさんに宜しくお伝えください。末永くどうぞ宜しくお願いします。」とおっしゃっていただけました。

 

時の経過と共に、肉体的、精神的に疲れてしまう事が多いですが、伝筆先生から頂いた応援メッセージの中に心に響く言葉が必ずあるのです。

 

むかわ町の方に変わって、伝筆先生へお礼を申し上げます。

 

心に響く、伝筆応援メッセージを、そして、前に進む力をありがとうございます。

 

まさに、みなさんの愛の行動の発表。

 

伝筆先生同士の絆や伝筆先生の優しさ、そして、見えないコミュニケーションを見えるに変換し、伝えたい想いをダイレクトにお伝えするという事の大切さを深く感じました。

 

震災に被災された方々へ、心からお見舞い申しあげると共に、復興に尽力されている皆様には安全に留意されご活躍されることをお祈りいたします。

 

ブラッシュアップセミナー運営

 

2019年のブラッシュアップセミナーは、エリアリーダーの東京在中 徳田先生、長野在中 松島先生、兵庫在中 野村先生、静岡在住 大村先生、そして 鈴木先生、小塚と運営させてもらいました。

 

 

認定講師のみなさんへのより良い場作りのために、より元気になってもらうために、エリアリーダーと事前に何時間もミーティング。

 

そして、当日は、朝早くから、遠方にも関わらず、鈴木先生にも加わってもらって集合し、手際よく搬入・設営。

 

 

 

イベントはこうした陰の力があればこその成功です。

 

認定講師のみなさんのために、時間と労力をかけてくださる、みなさんに心からお礼申し上げます。

 

伝筆協会、あたらしい期がスタートします

 

こうして、「愛」いっぱいの認定講師のみなさまと、2019年4月1日から2020年3月31日の5期がスタートしました。

 

そして、2020年4月1日からは6期がスタートします。

 

2020年は、ブラッシュアップセミナープロジェクトを立ち上げ、3月7日会場で楽しい企画を考えていましたが、オンラインにてブラッシュアップセミナー開催に変更となりました。

 

オンラインだからこそ、できる、認定講師との交流を、3月7日は楽しみたいと思います。

 

筆一本で、世界中を元気にすることを真剣に思っている仲間。

 

今後も、「筆に想いをのせ伝え合う喜び」という理念のもと、「世界中の元気!!」を応援する協会として、より一層精進してまいります。 どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

伝筆先生の仲間はここにいます。

 

 

全国の認定講師のもとで、伝筆セミナー学べます。

 

※こちらの画像からご覧ください。

 

公式LINEにて、伝筆協会の最新情報をお知らせしています。

 

2020年毎月(予定)「協会代表Yuukiの伝筆見本データ」プレゼントしています。

 

伝筆協会公式LINE アカウント @gqk6920y

 

 

友だち追加

 

こちらの記事も参考にしてください。

 

「四字熟語」の意味と筆ペン書き方

 

「二十四節気」の意味と筆ペン書き方

 

筆ペンで書きたくなったという方は、こちらのコースがおすすめです。

 

▼筆文字を教える先生として活躍したい方向けのコース(侑季担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼「初級セミナー」伝筆はじめての方は、こちらからどうぞ!!(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼初級セミナー修了後、さらに技術アップや様々な、素材で作品を作りたい方向けのコース(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

不定期開催、「伝筆くらぶ」(侑季・小塚担当)はこちらからご覧ください。

 

※画像をクリックしてください

 

【侑季と小塚の日程が合わない方、最新情報を知りたい方へ】

 

LINEをご希望の方※講座開催情報のみお知らせ

 

 

メールをご希望の方「60分で出来る心を伝える、筆文字無料メール」へ

 

メールアドレス(必須):

お名前(必須):