【新型コロナウィルス拡大に伴い展示会は延期します。】

 

楽しみにしてくださっていた皆さま、大変申しわけございません。

 

開催日時が決定しましたら、このブログにてお知らせします。

 

 

5名の認定講師が、名古屋にて展示会します!!

 

たった半日で、アートのような日本語が誰でも書けるようになる「伝筆」は、字が下手と悩む方全ての方に、手書きの楽しさをお伝えしたいという願いのもと活動しています。

 

 

一般社団法人伝筆協会の侑季蒼葉(ゆうきあおば)です。

 

伝筆の技を磨く、技塾(ぎじゅく)コース卒業展示会

 

日々、セミナー場つくり、お客様つくり、そして、伝筆の技術アップと学び続けている、認定講師のみなさん。

 

2019年8月から6ヶ月間、伝筆の技を磨くコースを開催しました。

 

 

そのコースを修了された、木曽福島、白馬、浜松、愛知県一宮で活躍している5人のメンバーが、卒業展示会を名古屋にて開催します!!

 

まだ、展示作品は拝見していませんが、と〜〜ても楽しみです。

 

みなさんにも、ぜひ見ていただきたくて、本日は、そのお知らせです。

 

一般社団法人伝筆協会認定 技塾(ぎじゅく)卒業展示会

 

【今、ここから〜伝筆5人展〜】しあわせの輪が拡がりますように

 

 

開催期間:

  • 5月22日(金)13時から17時←延期します
  • 5月23日(土)11時から17時←延期します
  • 5月24日(日)11時から16時←延期します

 

開催場所:

 

画廊若林

〒460−0004名古屋市東区葵1−6−7大昌ビル2F

電話052−225−7215

 

電車でお越しの方:

 

  • 地下鉄東山線「新栄町駅」1番出口から徒歩約7分
  • 地下鉄桜通線「車道駅」4番出口から徒歩約10分
  • 地下鉄桜通線「高岳駅」3番出口から徒歩約10分

 

 

※掲載許可をいただきまして、お写真は画廊若林HPより引用

 

画廊若林HP

 

出展者とその想い

 

出展者は、以下の5名の一般社団法人伝筆協会の、認定講師のみなさま。

 

 

詳細は届き次第、随時更新しますのでお待ちください。

 

【一般社団法人伝筆協会認定講師(敬称略)】

 

伊藤三枝子

 

一般社団法人伝筆®協会2014年認定

 

愛知県一宮市在住

 

 

テーマ『 祈り 』

 

自分の道を歩むあなたの応援人であり続けられますように。

 

娘の心と身体の成長を応援することに母としての幸せを感じています。

 

母の祈りを喜びを込めて描きました。

 

~自分の道をよろこびと共に進めますように~

 

塩澤佐和子

 

一般社団法人伝筆®協会認定2015年認定

 

長野県白馬村在住

 

テーマ『 始まりのとき』

 

 

人生の中にあるさまざまな「始まり」キッカケとなる言葉を選びました。

 

いつから始めても大丈夫、今、ここから が始まりのとき!

 

私が伝筆に出会ったように、皆さまにも素晴らしい 「始まりのとき」がたくさんありますよう想いを込めて 描きました。

 

~伝筆から、日常から、素敵な事が始まりますように~

 

豊田かなえ

 

一般社団法人伝筆®協会2016年認定

 

静岡県浜松市在住

 

テーマ「応援」

 

立ち止まったり、弱気になるときもありますよね。

 

作品を見た方が、その人の中にあるチカラを思い出すヒントになればと思って描きました。

 

自分を信じて進む手助けになれば幸いです。

 

西山恵美

 

一般社団法人伝筆@協会2017年講師認定

 

愛知県一宮市在住

 

 

作品のテーマ

 

「気づき」

 

今の自分で大丈夫かな? もっともっと、がんばらなくちゃ!

 

そう思いすぎて、「世界でたった一人の素敵な自分」を見過ごしていませんか?

 

作品を通して自分を見つめ「今の自分って素敵!」と気づくキッカケになれば幸いです。

 

〜明日からの笑顔が、更に輝きます様に〜

 

宮崎昌美

 

一般社団法人伝筆®協会2018年講師認定

 

長野県木曽町在住

 

 

作品テーマ「繋がる」

 

私が受け継ぐお宿「街道浪漫 おん宿蔦屋」は、中山道福島宿の旅籠として約350年の歴史が繋がってまいりました。

 

先人たちが繋いでくれた歴史を 今、ここから、私の時代へと繋がります。

 

昔から多くの旅人たちが訪れた木曽路へ旅する思いが、多くの方に伝わり、そして、昔も今も変わらぬ木曽で生き続ける思いや情緒を感じていただけたら幸いです。

 

技塾6回コースを終えて

 

2019年8月からスタートした、技塾1期@名古屋コースのみなさま。

 

 

感想をいただきましたので、一部ご紹介します。

 

【表現の自由度が増しました】

 

技塾に参加して、それまでは、なんとなく書いていたことが多かったのだなとあらためて思いました。

 

受講される方に、相手を思って描いてね、と伝えてきましたが、わたし自身もより一層相手を思ってどう表現して作品にしていくのかが意識できるようになりました。

 

作品を写真に写したり、みなの作品を拝見することで、違う見方ができ、線やレイアウトの視点を持てるようになりました。

 

線の精度やレイアウトの型を学ぶことで、型にはまるというより、表現の自由度が増しました。

 

【書き込まなければ、こうなれなかったなと思えるほど、変わってきました】

 

2月、目の状態が悪くなり引きこもらなければならなくなったけど、技塾の仲間のおかげで、7ヶ月間過ごせました。

 

書き込まなければ、こうなれなかったなと思えるほど、線の精度や表現のメリハリ、線の使い方が変わってきた。

 

毎日、作品を職場においていますが、自分の伝えたいことが変わるとまわりの反応も変わります。

 

自分がワクワクして描いていると、まわりもワクワクしていると感じます。

 

ついつい、自分の好きな言葉ばかりを描いてしまうけど、これからはいろんな言葉を描いていきたいなーと思えました。

 

【線の精度を意識できるようになった】

 

線の精度に意識できるようになったことが一番大きい。

 

それを再現するには練習が必要だが、その目線を知ると知らないとでは、違いは大きいなーと思いました。

 

自分が、誰かに書きたいと思った言葉を言語化するのが苦手でもやもとしていましたが、目標にしていた24作品をやりとげようと思います。

 

【仲間のおかげで、がんばれました!】

 

いい作品をできるようにと、課題を毎日描くことがなかなかできなかったときもありましたが、技塾参加を後押ししてくれた同期の認定講師の想いや、技塾の今回の仲間が毎日課題をあげる姿をみて、自分もがんばっていこうと思え、最後まで脱落することなくできました。

 

本業があり、父が倒れたりと、忙しいを言い訳にしているけど、でも、学んだ練習をこれからも日々続けていこうと思いますし、展示会に向けて作品をつくっていこうと思います。

 

そして、自分用にも作品を作っていこうと思います。

 

【枠(固定概念)があることに気づきました】

 

自分の字に自身がないところを改善したくて、伝筆の技術をアップさせようと思って技塾(ぎじゅく)の6回コースに参加しました。

 

自分の枠(固定概念)を外すというパートで、自分には枠(固定概念)はないと思っていたけど、枠(固定概念)があることに気づき、その枠(固定概念)がずれていることに気づいたり、、

 

目標を掲げ、皆と目標や課題作品を共有してなければ、だらけてしまうので、参加してほんとうによかったと思っています。

 

線の精度やレイアウト、相手を思うこと、など、伝筆することを再度見直し、展示会に向けて、自分が納得出来る作品を展示したいと思います。

 

技塾では、6ヶ月間、せっせ、せっせと伝筆を毎日描きました。

 

伝筆は楽しいと思ってくださっているメンバーですが、それでも毎日となると、辛かった時もあると思います。

 

しかし、この6ヶ月間描き込んだ、その月日は、じわりじわりとボディーブローのように、今後の作品に反映されます。

 

やはり、正しい練習や習慣は、裏切らないですから。

 

そして、それは仲間なしには、なかなか実現しない、、

 

一人も脱落することなく、6回目を迎えることができて、わたしも嬉しいです!!

 

6回目はzoomで、伝筆技塾(ぎじゅく)筆ペン講座!?

 

技塾1期生@名古屋の5回目は12月に開催し、6回目は時間をおいて2020年3月開催としていました。

 

 

 

 

6回目も、白馬や木曽福島、浜松からとメンバーが集まる予定でしたが、、、

 

なんと、その間に新型コロナウィルス感染が拡大しましたので、急遽zoomに切り替えました。

 

 

え、「筆ペンで字を描く伝筆(つてふで)がzoomでできるの??」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、工夫すればなんとかなるものなのです。

 

時には、リアルより、webの方がわかりやすい、という声もあるくらいなのですよ。

 

また、白馬から参加しているメンバーは、雪の日でもzoomなら講座を受けることができて嬉しいと。

 

そんな前向きのメンバーに支えられ、最終の6回目も、展示会に向けての作品添削^^

 

zoomでどんな風に開催したかのお写真撮り忘れてしまいました、、、が、あっという間の10時30分から18時。

 

やりきりました!!

 

伝筆 技塾の卒業展示会

 

展示会発表をもって、技塾の卒業。

 

5月22日から24日に向けて、会場も決め、ご案内ハガキも配布し始めたのですが、メンバーが話し合った結果、今回は延期することになりました。

 

重ねて楽しみにしてくださっていたみなさま、次回のご案内までしばらくお待ちください。

 

 

全国の認定講師のもとで、伝筆セミナー学べます。

 

※こちらの画像からご覧ください。

 

公式LINEにて、伝筆協会の最新情報をお知らせしています。

 

2020年毎月(予定)「協会代表Yuukiの伝筆見本データ」プレゼントしています。

 

伝筆協会公式LINE アカウント @gqk6920y

 

 

友だち追加

 

こちらの記事も参考にしてください。

 

「四字熟語」の意味と筆ペン書き方

 

「二十四節気」の意味と筆ペン書き方

 

筆ペンで書きたくなったという方は、こちらのコースがおすすめです。

 

▼筆文字を教える先生として活躍したい方向けのコース(侑季担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼「初級セミナー」伝筆はじめての方は、こちらからどうぞ!!(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼初級セミナー修了後、さらに技術アップや様々な、素材で作品を作りたい方向けのコース(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

不定期開催、「伝筆くらぶ」(侑季・小塚担当)はこちらからご覧ください。

 

※画像をクリックしてください

 

【侑季と小塚の日程が合わない方、最新情報を知りたい方へ】

 

LINEをご希望の方※講座開催情報のみお知らせ

 

 

メールをご希望の方「60分で出来る心を伝える、筆文字無料メール」へ

 

メールアドレス(必須):

お名前(必須):

 

 

【伝筆キャラバンのお知らせ】

 

全国を旅する伝筆キャラバンの日程です。

 

▼キャラバンの歴史

2019年伝筆キャラバン記録

 

 2018年伝筆キャラバン記録

 

2017年伝筆キャラバン記録