孟母三遷という言葉を、一度はお聞きになったことがあると思います。

 

「孟母三遷」は「孟母三遷の教え」としても知られ、子育てや教育に役立つ心得として浸透していますが、知っているようで曖昧ということもあります。

 

 

一般社団法人伝筆®協会代表の侑季蒼葉です。

 

「孟母三遷」四字熟語を正しく使いましょう

 

言葉の意味と使い方を知った上で、手書きの楽しさを味わっていただきたい、という想いから、 このブログでは、「伝筆(つてふで)」の書き方のポイントをご紹介しています。

 

※伝筆とは、たった半日で、誰でもアートのような文字が描ける、筆ペン書です。

 

曖昧な言葉も、意味を知って活用すると楽しさが増します。

 

本日は、「孟母三遷」の読み方や、意味、そして、「伝筆(つてふで)」見本と書き方のポイントをご紹介します。

 

 

「孟母三遷」を正しく使えるようにしましょう。

 

「孟母三遷」四字熟語の読み方とその意味

 

まずは、「孟母三遷」の読み方とその意味からご紹介します。

 

「孟母三遷」の読み方です。

 

「孟母三遷」は「もうぼさんせん」と読みます。

 

「孟母三遷」の意味です。

 

子供の教育には、よい環境が大切だということ。

 

また教育熱心な母親のたとえにも用います。

 

子どもは、良かれあしかれ、言葉や行動や考え方などを、柔軟に何でも吸収します。

 

子どものころ受けた周囲の影響で、人格形成されると言っても過言ではありません。

 

だからこそ、子どもの教育は、子どもを取り巻く環境選びが大切であるという教えです。

 

「孟母三遷」の孟母とは?

 

孟母とは、孟子の母のことです。

 

孟子(B.C.372~B.C. 289年)は、孔子と並んで、中国戦国時代の最も重要な「性善説」で有名な数々の名言を残している儒学者です。

 

孟子は、幼いとき、墓の近くに住んでいましたが、孟子が葬式の真似ばかりする様子を見て、教育上好ましくないと母親は思い、市場の近くに引っ越しました。

 

すると、今度は、商人の真似ばかりして遊びます。

 

やはりここも好ましくないと思った母親は、今度は学校の近くに引っ越しました。

 

すると今度は、祭礼の道具を並べて、儀式の真似をして遊ぶようになりました。

 

母親は、こここそ孟子の教育にふさわしい場所だといって、初めて安心して住まいを構え住みついたというお話です。

 

「遷」とは、「遷」は移る、転居することを意味していて、孟子の母が、孟子の教育のために三度引っ越したことから、「孟母三遷」となったわけです。

 

「孟母三遷」を、「孟母三選」と書きちがえないようにしてくださいね。

 

「孟母三遷」の類似語

 

「慈母三遷」(じぼさんせん)

子供を大切に思う母親が、三度転居したこと

 

「孟母三居」(もうぼさんきょ)

三度住む場所を変えること

 

「孟母三遷」の使い方

 

  • 彼女は、母の「孟母三遷」の考えで、小学校のときこの学区に引っ越してきた
  • この学校は、「孟母三遷」する親に人気です。
  • 彼は幼いころ、自由な教育を受けさせたいという親の意向で、「孟母三遷」した

 

実は、「孟母三遷」というわけではありませんが、わたしも子どもの人生の転機のときは、引っ越したり、学校を転向したり、という経験があります。

 

環境が変わることで、子どもの行動や考え方が、大きく変わりました。

 

「孟母三遷」は、子育てに悩んだとき、脳裡をかすめた言葉の一つだったと、思い出されます。^^

 

それでは筆ペン「伝筆(つてふで)」書き方です。

 

「孟母三遷」四字熟語:筆ペン書き方

 

本日は、侑季蒼葉の「孟母三遷」筆文字作品4点です。

 

手書きは、いくつかのコツで、誰でも書けるようになります。

 

「孟母」の書き方のコツをご紹介しますので、参考にしてください。

 

「孟母三遷」筆ペン「1」作目筆文字デザイン

 

 

1作目は、「孟母」を大きく書きました。

 

「孟」の一画目は、ペン先から根元まで、しっかり紙に下ろして、左から右へ、まっすぐ真横に引きます。

 

途中で力が抜けてしまうことがありますので、最後までペンの根元を紙につけましょう。

 

「母」の一画目は、まっすぐ下に下ろしますが、最後はペンの根元をあげて、ペン先のみするように意識するときれいに書けます。

 

「孟母三遷」筆ペン「2」作目筆文字デザイン

 

 

2作目です。

 

1作目同様、「孟母」を大きく書きました。

 

「孟」の一画目は、ペン先から根元まで、しっかり紙に下ろして、左から右へ、大きくカーブを描くようにペンを動かし角を作らないように「了」の最後まで続けて書いてください。

 

下の部位の「皿」より、「子」が小さくなってしまうときは、「子」の一画目の大きさが足らないからです。

 

自分が想像している以上に、おもいっきり大きくカーブを描きましょう。

 

「母」の一画目は、ひらがなの「く」をイメージして書くと、きれいに書けます。

 

「孟母三遷」筆ペン「3」作目筆文字デザイン

 

 

「孟」の一画目は、丸くドットを書くようにしてください。

 

線を書くという意識が残っていると、丸いドットの形が書きにくいです。

 

丸いドットは、くるくると塗りつぶすように書くときれいに書けます。

 

「母」は、従来の書き方の意識をやめて、図形の円を書くイメージで、時計の12時の位置から時計周りと反対にペンを動かすと、きれいに書けます。

 

「孟母三遷」筆ペン「4」作目筆文字デザイン

 

 

「孟」の一画目は、2作目と同じように、ペン先から根元まで、しっかり紙に下ろして、左から右へ、カーブを描くようにペンを動かし、角を作らないように、「了」の最後まで続けて書きます。

 

「皿」の下の線は、上の「子」の幅よりも、長くすると全体のバランスが整います。

 

「母」の2画目は、まっすぐ、スピードをつけてペンを下に下ろしてください。

 

細い線とときや、字の最後の線がゆれてしまうのは、スピードが足らないからです。

 

「トン」「すー」と心の中でつぶやいて、ペンを動かすとうまくいきます。

 

筆ペンで「孟母三遷」を上手に書きたい方へ

 

今回は「孟母三遷」の読み方、意味から、筆ペン作品を書くコツをご紹介いたしました。

 

デジタルが発達し、男女の関係性、働き方や生活環境の多様化もすすんでいます。

 

子どもももちろんなのですが、大人も、まわりの環境が人生に大きな影響を与えます。

 

出会いと別れの季節の春です。

 

一度、自分を取り巻く環境を見直してみることは、人生の節目で大事なことなのかもしれませんね。

 

「孟母三遷」手書きも、楽しんでくださいね。

 

筆ペンで全国に仲間ができる方法。

 

 

全国の認定講師のもとで、伝筆セミナー学べます。

 

※こちらの画像からご覧ください。

 

公式LINEにて、伝筆協会の最新情報をお知らせしています。

 

2020年毎月(予定)「協会代表Yuukiの伝筆見本データ」プレゼントしています。

 

伝筆協会公式LINE アカウント @gqk6920y

 

 

友だち追加

 

こちらの記事も参考にしてください。

 

「四字熟語」の意味と筆ペン書き方

 

「二十四節気」の意味と筆ペン書き方

 

筆ペンで書きたくなったという方は、こちらのコースがおすすめです。

 

▼筆文字を教える先生として活躍したい方向けのコース(侑季担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼「初級セミナー」伝筆はじめての方は、こちらからどうぞ!!(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼初級セミナー修了後、さらに技術アップや様々な、素材で作品を作りたい方向けのコース(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

不定期開催、「伝筆くらぶ」(侑季・小塚担当)はこちらからご覧ください。

 

※画像をクリックしてください

 

【侑季と小塚の日程が合わない方、最新情報を知りたい方へ】

 

LINEをご希望の方※講座開催情報のみお知らせ

 

 

メールをご希望の方「60分で出来る心を伝える、筆文字無料メール」へ

 

メールアドレス(必須):

お名前(必須):