コーチングとか心理学を学ばれた方なら、「Be-Do-Have理論」というのを聞いたことがあるかもしれません。

 

簡単に言ってしまうと「成功するから幸せになるのではない。真実はその逆で、幸せになると成功するのだ。」ということです。

 

禅問答みたいな理論ですが、起業するときに、この理論を知っていると幸せな起業家になれます。

 

今回は、「Be-Do-Have理論」についてご紹介します。

 

もし、自分らしい好きなことでビジネスをしたい、取得した技術を教える仕事をしたいと思っていたら参考にしてください。

 

 

一般社団法人伝筆®協会代表の侑季蒼葉です。

 

「Be-Do-Have理論」の3つの意味

 

起業して、まわりからうらやましがられるような成果を出しても、「スケジュールが空いていると不安」「何をしても満たされない」「どこまで収入を増やせばいいんだ!?」「遊んでいると収益が落ちるのではと楽しめない」 といつまでも不安に駆られる人がいます。

 

「Be-Do-Have理論では、「Have」「Do」が強く、「Be」が弱いからと説明できます。

 

 

Be-Do-Haveとは

 

「Be」とは、人や物の存在、あり方。

 

「Do」とは、仕事や勉強など全ての行動、行為です。

 

「Have」とは、お金、地位、家、学歴、人間関係など含む、所有しているものです。

 

「Have」とは、「Do」と「Be」の結果、手に入るものです。

 

起業は「 Do」や「Have」で行うと不安になる

 

人は、さまざまな習慣を日々構築しながら生きていますが、意識の強さの向け方にも個性があります。

 

「Be」や「Do」や「Have」のどれに自分が意識を強く向ける傾向があるのかによって、人への価値の感じ方が変わります。

 

例えば。

 

「 Be」への意識が強い人は、人の「存在」に対して人への価値を感じます。

 

 

「Do」への意識が強い人は、人の行動に対して人への価値を感じます。

 

 

「Have」への意識が強い人は、人が持っている物に対して人への価値を感じます。

 

 

起業する際、「お金持ちになりたい」「車がほしい」と考えたことありませんか?

 

それは悪いことではありません。

 

しかし、高価な車や時計、贅沢な生活を手に入れても、満足できない。

 

高額な収入を得たとしても、いつか人気が落ち、住んでいる部屋の家賃が払えなくなったり、ビジネスクラスで海外旅行へ行けなくなったらどうしよう、と不安に苛まれ、不眠。

 

反対に、物を手に入れられなかったときは、自分の存在に価値を見出せない。

 

このような症状が出ていたら、「Do」や「Have」で自分や人の価値を感じている、と、「Be-Do-Have理論」では説明できます。

 

そして、幸せは感じにくいです。

 

なぜなら、物とは、手に入るときもあれば、無くなることもある、という不確定なもの。

 

最初は「 Do」や「Have」で人の価値を判断していた方が、さまざまな物を手に入れるスピードは早いかもしれません。

 

しかし、起業に成功しても、お金、物、人がなくなる可能性は常に孕んでいます。

 

そのような不確定な「 Do」や「Have」で自分への価値を判断し続けていれば、穴の空いたバケツに水を入れるかのようなものです。

 

手にいれても欲し続けて、そして、なくなる不安に苛まれ、疲れ果て、幸せから遠ざかってしまいます。

 

幸せな起業は「Be」への意識を高く

 

それでは、どのような意識を強めれば、幸せな起業ができるのでしょうか?

 

「Be」への意識が強い人は、人が存在していることそのものに、人への価値を感じます。

 

「人はそのままの存在が素敵であり価値がある」という考え方です。

 

自分の存在そのものに価値があれば、起業して、収益があがらない、仕事がない、人気がでない、などで自分の存在価値は左右されません。

 

存在そのものに価値がありますから、物があろうとなかろうと、すでに幸せなのです。

 

ですから純粋に、お客様に役に立つために、お客様の問題を解決するためと、力むことなく、シンプルに考えることができます。

 

存在そのものが幸せであるからこそ、相手のためにシンプルに動くことができ、うまくいかなくても受け入れることができ、うまくいったことも傲慢になることもなく偉ぶることもなく、ありのままに受け入れることができます。

 

その結果、欲しかった物や成果、現実を手に入れることができるという自然な流れになります。

 

 

「あなたは、大切な宝物」です。

 

人は存在そのものに、価値があります。

 

その前提で、起業してみてください。

 

成功するから幸せになるのではないです。

 

幸せになると成功します。

 

「Be」を強くするおすすめの方法

 

自分がどこに価値観を強く置いているのか、少し気になってきませんか?

 

この理論は、生き方そのものへの理論ですので、起業していなくても、あてはまります。

 

もし、「Do」や「Have」に意識が強いのであれば、「 Be」への意識を強めてみませんか。

 

その方法は、自分や他人の考えを否定せずに受け入れることを習慣にすること、と言われています。

 

でも、「自分や他人の考えを否定せずに受け入れることを習慣」って少し堅苦しいですよね。

 

わたしが行って、効果のあった方法をご紹介します。

 

一つめは、自分のことや、人の考えや、価値観、を面白がる。

 

そして、「まさか!?」というアクシデントも面白がる。

 

それを続けていくことで、「 Be」への意識が強くなってきました。^^

 

そして、もう一つの方法。

 

自分が幸せを感じる未来の、人間関係、物、成果をすでに手に入れたと仮定し、そのあり方やわくわくした感情を味わう、という方法。

 

つまり、「先取り」ですね。

 

もし、お金さえあれば(Have)、何でもできて(Do) 、幸せになれる(Be)。

 

もし、結婚さえすれば(Have)、安定した生活ができて(Do) 、幸せになれる(Be)。

 

このように、幸せを条件から考えていたら、ほしい成果を手に入れたときの「楽しい、嬉しい、幸せ」という感情を味わい、「先取り」してみる。

 

そして、「楽しい、嬉しい、幸せ」という気持ちを、心の中心において、仕事や友人に接すれば、福を呼び込むことができますよ。

 

「笑う門には福来る」筆ペン書き方

 

科学的に証明された幸せになる方法などを、ネットで調べるみると、いくつかの方法が掲載されています。

 

わたしのお気に入は、「感謝する」「親切にする」「楽しかったことを思い出す」「運動する」「 人と話をする」です。

 

そして、「笑う」と「字を書く」も加えたいのが、わたしの個人的な意見です。

 

「笑う門に福来る」という言葉。

 

ご存知の方も多いと思います。

 

いつもにこやかに笑っている人の家には、自然に幸福がやって来るという意味です。

 

大好きな言葉であり、アクシデントが起きたときほど、思い出したい言葉です。

 

最後に、「笑う門に福来る」筆ペンの書き方をご紹介します。

 

「笑う門に福来る」筆ペン「1」作目筆文字デザイン

 

 

1作目は「福」を大きく書きました。

 

大きく文字を書いたつもりでも字が小さくなってしまった場合は、しっかり筆ペンのペン先の根元まで紙につけて、右上へ筆ペンを動かしながら、自分が想像しているイメージより、より大きく書いてみてください。

 

「福」の二画目に、曲線を利用したことであたたかい印象が高まりますので、大胆に書きましょう。

 

「笑う門に福来る」筆ペン「2」作目筆文字デザイン

 

 

「笑」という文字を大きく書いた作品です。

 

1作目の「福」という文字は曲線を利用しましたが、2作目は、直線で書きました。

 

直線で書くときは、2画目の線を、最後までペン先の根元をつけたまま、まっすぐ右へ引くとうまく書けます。

 

「楽しい、嬉しい、幸せ」を大切にする

 

「成功するから幸せになるのではない。真実はその逆で、幸せになると成功するのだ。」という「Be-Do-Have理論」をご紹介しました。

 

大好きなことで起業された方も、ときには辛いこともあると思います。

 

山あり谷あり、晴れも雨もあるように、いろんな出来事が起こり感情も揺らされます。

 

でも、立ち止まり、悩み続けていては、時間がもったいない。

 

人生、一度きり、そして、時間は有限。

 

あなは、あなたそのものの存在が素晴らしいです。

 

辛い時ほど「楽しい、嬉しい、幸せ」という気持ちを思い出してください。

 

「笑う門に福来る」という精神で、笑いながら毎日を過ごしましょう。

 

大切な家族、お客様、スタッフ、友人にも、「笑う門に福来たる」の手書きハガキをおすそ分けしてくださいね。

 

 

笑顔の起業、ここにもヒントがあります。

 

全国に、幸せな笑顔の仲間をつくりましょう。

 

 

全国の認定講師のもとで、伝筆セミナー学べます。

 

※こちらの画像からご覧ください。

 

公式LINEにて、伝筆協会の最新情報をお知らせしています。

 

2020年毎月(予定)「協会代表Yuukiの伝筆見本データ」プレゼントしています。

 

伝筆協会公式LINE アカウント @gqk6920y

 

 

友だち追加

 

こちらの記事も参考にしてください。

 

「四字熟語」の意味と筆ペン書き方

 

「二十四節気」の意味と筆ペン書き方

 

筆ペンで書きたくなったという方は、こちらのコースがおすすめです。

 

▼筆文字を教える先生として活躍したい方向けのコース(侑季担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼「初級セミナー」伝筆はじめての方は、こちらからどうぞ!!(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼初級セミナー修了後、さらに技術アップや様々な、素材で作品を作りたい方向けのコース(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

不定期開催、「伝筆くらぶ」(侑季・小塚担当)はこちらからご覧ください。

 

※画像をクリックしてください

 

【侑季と小塚の日程が合わない方、最新情報を知りたい方へ】

 

LINEをご希望の方※講座開催情報のみお知らせ

 

 

メールをご希望の方「60分で出来る心を伝える、筆文字無料メール」へ

 

メールアドレス(必須):

お名前(必須):

 

 

【伝筆キャラバンのお知らせ】

 

全国を旅する伝筆キャラバンの日程です。

 

▼キャラバンの歴史

2019年伝筆キャラバン記録

 

 2018年伝筆キャラバン記録

 

2017年伝筆キャラバン記録