梅雨前の、色とりどりの花に目が奪われるこの頃。

 

 

こんな時は、「百花繚乱」という言葉が脳裏に浮かびます、侑季蒼葉です。

 

 

この「百花繚乱」という四字熟語は、一度はみなさんも耳にされたことがあると思いますが、どんな意味、、、。

 

四字熟語の意味と使い方を知った上で、日常生活のさまざまな場面で、手書きする楽しさを味わっていただきたい、という想いから、このブログでは、四字熟語の見本と「伝筆(つてふで)」の書き方のポイントをご紹介しています。

 

※伝筆とは、たった半日で、誰でもアートのような文字が描ける、筆ペン書です。

 

本日は、「百花繚乱」の読み方や、意味、そして、「伝筆(つてふで)」見本と書き方のポイントをご紹介します。

 

 

「百花繚乱」を正しく覚えて、上手く使えるようにしましょう!

 

「百花繚乱」四字熟語の読み方とその意味

 

まずは、いつも通り、「百花繚乱」の読み方とその意味を。

 

「百花繚乱」の読み方です。

 

「百花繚乱」は「ひゃっかりょうらん」と読みます。

 

「百花撩乱」とも書きますので併せて覚えておくといいですね。

 

「百花繚乱」の意味です。

 

「百花(ひゃっか)」の「百」は種類や数が多いことを表しています。

 

つまり「百花」とは、いろんな種類の花、数多くの花を意味します。

 

 

「繚乱(りょうらん)」はいろんな花が華やかに咲き乱れている様子を意味します。

 

それらを合わせて「百花繚乱」という四字熟語が使われるようになりました。

 

様々な種類の花が色とりどりに咲き乱れるていること。

 

転じて、多数の優秀な人々、ぐれた立派な業績が「一時期」にたくさん現れること。

 

「百花繚乱」の類似語

 

・「千紫万紅」(せんしばんこう)

様々な花が色とりどりに咲いていること

 

・「百花斉放」(ひゃっかさいほう)

多くの花々が一斉に咲き開くこと さまざまなものが一斉に本領を発揮すること

 

「百花繚乱」の対義語

 

・「無味乾燥」(むみかんそう)

なんの面白みも味わいもないこと。

 

「百花繚乱」の使い方

 

・この美術展の作品は、百花繚乱だ

・毎回、オリンピックに集まる選手は、百花繚乱である

・今年の新入社員は、百花繚乱だ

 

「百花繚乱」は、人にも商品に対しても使用します。

 

伝筆協会も、「百花繚乱の先生」に恵まれた組織であることが誇りです。^^

 

こうして調べてみますと、「百花繚乱」という四字熟語は、とても華やかな状態を示す言葉で、見ていても気持ちが明るくなりますね。

 

玄関に、華やかな「百花繚乱」伝筆を飾って、お客様をおもてなししませんか?

 

それでは筆ペン「伝筆(つてふで)」書き方です。

 

「百花繚乱」四字熟語 筆ペン書き方

 

侑季蒼葉の「百花繚乱」筆文字作品5点です。

 

いろんな種類の花をイメージして、ピンクと、グリーンと、オレンジとブルーのカラー筆ペンで描いて、明るい作品にしてみました。

 

「百花繚乱」筆ペン「1」作目筆文字デザイン。

 

 

「百」を強調して、大きく、そして、まあるくデザインしました。

 

ちょっと「百」の文字を傾けてみました。

 

愛らしい、ポップなイメージの作風です。

 

「百花繚乱」筆ペン「2」作目筆文字デザイン。

 

 

可愛らしさを残しながらも、1作目より、すっきり感を加えます。

 

そのために、横幅が広い文字のままにして、横線を直線にしました。

 

「百」の「一」、「花」のくさかんむりの横線、「乱」の篇に直線を活用。

 

「百花繚乱」筆ペン「3」作目筆文字デザイン。

 

 

2作目は横に広めの作風。

 

3作目は、縦長にすることで、大人っぽいすっきり感にしました。

 

ポイントは、全部の線を細くするのではなく、ところどころ、太い線を加えること。

 

メリハリが生まれ、つやっぽさがプラスされます。

 

「百花繚乱」筆ペン「4」作目筆文字デザイン。

 

 

薄墨の色のイメージを生かして、涼やかな「百花繚乱」。

 

「繚乱」を強調しました。

 

「百花」も縦長に。

 

余白を多くつくりましたが、底辺を揃えることで、全体のバランスを整えました。

 

「百花繚乱」筆ペン「5」作目筆文字デザイン。

 

 

横に四文字を並べて。

 

左側の縦線を太めに描いて、規則性を加えています。

 

筆ペンの色を変えると、同じ文字でも、イメージが変わります。

 

季節に合わせたカラーペンの活用も、手書きの楽しさです。

 

たった4時間30分で、きれいな字はかけるのか?

 

うまく見える字は書けます。

 

 

LINE@にて、2019年毎月(予定)「季節の伝筆見本データ」プレゼントしています。

 

詳しくは、画像をポチと押して、ご覧ください。

 

 

こちらの記事も参考にしてください。

 

「四字熟語」の意味と筆ペン書き方

 

「二十四節気」の意味と筆ペン書き方

 

筆ペン選びにこまったら「最初の筆ペン選び」

 

筆文字を描くコツ

 

失敗もなんとかなる裏技

 

筆ペンの特徴をいかした味のある 「一線」の書き方のコツ

 

筆ペンで書きたくなったという方は、こちらのコースがおすすめです。

 

▼筆文字を教える先生として活躍したい方向けのコース(侑季担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼「初級セミナー」伝筆はじめての方は、こちらからどうぞ!!(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼初級セミナー修了後、さらに技術アップや様々な、素材で作品を作りたい方向けのコース(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

不定期開催、「伝筆くらぶ」(侑季・小塚担当)はこちらからご覧ください。

 

※画像をクリックしてください

 

【日程が合わない方、最新日程を知りたい方へ】

 

LINE@が使いやすい方は、伝筆セミナー日程をお知らせするLINE@にご登録を。

 

※画像をポチと押してください。

 

メールが使いやすい方は、<60分で出来る心を伝える、筆文字無料メール>最新情報をお知らせしていますので、ご登録しておいてください。

 

メールアドレス(必須):

お名前(必須):

 

 

【伝筆先生になる10月スタートコース 9期生募集】

 

<残5席>

 

伝筆講師養成講座9期生詳細、お申し込みはこちらからご覧ください

 

【最新セミナーのお知らせ】

 

伝筆公式セミナー・不定期開催セミナーのお知らせはこちらから

 

【伝筆キャラバンのお知らせ】

 

全国を旅する伝筆キャラバンの日程です。

 

2019年伝筆キャラバン 日程

 

わたしも会場へ、足を運ぶことがあります。

 

お会いできたら嬉しいです。

 

▼2017年と2018年の様子を ブログにまとめましたので ご覧くださいね

 

 2018年伝筆キャラバン記録

 

2017年伝筆キャラバン記録