母と年賀状セミナーを受け、母がとっても楽しそうに夢中になっている姿を見て、母以外の人にも広めたいな、私が教えられたらいいなと思って、伝筆講師養成講座に申し込みました。

 

こんなきっかけをお聞きして、なんだかとっても嬉しかった、侑季蒼葉です。

 

 

伝筆協会は5期目を迎えました。

 

そして。

 

「令和」になってはじめての伝筆先生が誕生しました!!

 

21名です!!※後日さらに2名誕生しました^^

 

 

伝筆先生になりたいっと思ったきっかけ

 

現在、伝筆先生が、全国に約200名いらっしゃいます。

 

伝筆講師養成講座4日間コースを受講され、そして、試験を受けて認定された先生。

 

そのきっかけは、さまざまですが、2019年もすてきな伝筆先生が誕生しました!!

 

8期生のみなさんのきっかけ、知りたくないですか?

 

少しご紹介しますね。

 

・母と年賀状セミナーを受け、母がとっても楽しそうに夢中になっている姿を見て、母以外の人にも広めたいな、私が教えられたらいいなと思って、伝筆講師養成講座に申し込みました。

 

 

・伝筆が楽しくて大好きです。

 

書いている自分が楽しみ。

 

差し上げても、もらった人にも喜んで頂ける。

 

この伝筆を、自分でもお伝えしたい。

 

私から習いたいと言われた。

 

・人に言葉を伝えることが苦手なところがあり、文字で伝えられるのは”すてき”と思い、自分でもできるようになりたいと思いました。

 

・お客様の紹介で、伝筆を見て「これだ!」と思い参加しました。

 

ずっと字を書きたいと思っていましたが、なかなか自分の書きたい字に縁ができなかった

 

・本当に直感で参加しました。

 

・伝筆に出会ったとき、魅力を感じた

 

自分自身が書けるようになりたいと思った後、人にも教えられるようになりたいと思うようになった

 

・伝筆を習い、いろんな人に出して効果があったから

 

・教えることができるので

 

自分の好きなことが仕事になるかもしれないという期待感です。

 

・整体で体は楽になるので、伝筆で心を楽に楽しませることができたらいいなと思った。

 

侑季先生のコーチングスキルから成る講習に興味があった

 

・伝筆キャラバンのハガキを見て、自分もこのような字を書いてみたいと思い、参加しました。

 

また、この感動を他の人にも味わってほしいと思いました。

 

・昨年末に伝筆に出会ったばかりですが、描いていると無になる自分がいて、心も落ち着けることができました。

 

そして、できあがった作品を見る楽しさ、人に伝える楽しさを知り、そんな楽しさをより多くの人に伝えたくて。

 

・わたしの書いた文字一つで喜んでもらえたから。

 

親戚、友人、職場・・ほとんどの方から”ステキ”とか、言ってくださり、私の文字ひとつで喜んでもらえるーー日本文化筆文字を伝えられるひとりになりたいと思ったのがきっかけです。

 

・伝筆を知人にプレゼントしたら、私レベルでも喜ばれた。

 

もっとしっかり学んで技術アップしたいから、多くの人に伝えたくなった。

 

・伝筆に初めて出会った時から、仕事とは別の何かをしたいと思っていた時、「これだ!」と。

 

筆一本で自分の思いが伝えられる。

 

私の伝筆を見た人たちから、教えてほしい、という声が多くなってきたので。

 

・自分のやりたいことをやろうと思った時期に、小学校時代の恩師のFBで「伝筆」を知った。

 

自分で書くだけでなく、収入の手段を増やすことで、普段の生活がより自由になると思った。

 

 

・初級セミナー受講して、字に自信がなかったけど、自分でもできる!という体験をしました。

 

その時の仲間も、自分も終了したときに、ウキウキしていた。

 

その事を他の人にも伝えられたらステキだと思ったため。

 

・伝筆協会のシステム、理念など理解できる事

 

同じ思いの仲間と楽しく交流できる事

 

・伝筆ブログの中の皆さんが笑顔だったから。

 

筆文字のやさしさ、和の心が好きだから。

 

同じ方向を向いて進んでいくことに興味がわいたから

 

8期生はどんな先生?

 

明るくて、元気な方ばかりの8期生のみなさま。

 

北海道、新潟、長野、愛知、三重、岐阜、大阪、岡山、東京、千葉、神奈川、茨城、群馬、福岡と 全国各地より、東京の会場へお越しいただきました。

 

もちろん、筆ペンはじめての方も。

 

すでに、伝筆協会の公式セミナーを全部コンプリートされている先生も。

 

そして、なんと、養成講座中に「初級セミナー」のオファーをいただいていた先生も、数名いるんですよ^^

 

そんな養成講座、どんなご様子だったかの、写真を一気に公開です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ね、とっても楽しそうでしょ^^

 

伝筆講師養成講座の4日間で学ぶことは

 

2019年5月26日初級講師が誕生しましたが、実は、その8期生への参加を数日前まで 楽しみにしていてくれた 方がいらっしゃいます。

 

体調不良のなかお申し込みをしてくださっていたのですが、入院となり、残念ながら秋にスライド。。。

 

MYさん、 お会いできる日を心待ちしていますよ。

 

 

そんな伝筆講師養成講座、どんなことをするのか?

 

▼養成講座1日目。

 

伝筆(つてふで)協会について

 

伝筆(つてふで)初級セミナーの体験を通して、伝筆(つてふで)の技術アップ

 

 

野村先生が初級セミナーを担当してもらいました。

 

 

▼養成講座2日目

 

伝筆(つてふで)講師としての《在り方》《心構え》

 

 

ロールプレイを通して、ファシリテーション力アップ

 

 

 

▼養成講座3日目

 

心理から伝筆セミナー設計の説明と、セルフイメージアップの声かけ方法について

 

 

ロールプレイを通して、ファシリテーション力アップ

 

 

▼養成講座4日目

 

集客について

 

 

認定試験

 

 

 

 

みなさん、真剣に。

 

そして、和気藹々と学びました^^

 

懇親会では「ご馳走さま伝筆」

懇親会では、美味しいご飯をいただきながら、講座では聞けなかった話やプライベートな話で盛り上がります。

 

 

 

 

 

お店を貸し切っていただけました、東京オーブン様に「ご馳走さま伝筆」をさせていただきました。

 

ありがとうございます!!

 

 

 

小塚先生は司会。

 

 

長野の松島先生と、兵庫の野村先生がアシスタントに入ってくれて、明るい場になりました。

 

 

 

 

伝筆を使って想いを形に!

 

そして、共に世界中を元気にしていきましょう!

 

8期合格、おめでとうございます!!

 

 

 

 

 

全国の認定講師のもとで、伝筆セミナー学べます。

 

※こちらの画像からご覧ください。

 

公式LINEにて、伝筆協会の最新情報をお知らせしています。

 

2020年毎月(予定)「協会代表Yuukiの伝筆見本データ」プレゼントしています。

 

伝筆協会公式LINE アカウント @gqk6920y

 

 

友だち追加

 

こちらの記事も参考にしてください。

 

「四字熟語」の意味と筆ペン書き方

 

「二十四節気」の意味と筆ペン書き方

 

筆ペンで書きたくなったという方は、こちらのコースがおすすめです。

 

▼筆文字を教える先生として活躍したい方向けのコース(侑季担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼「初級セミナー」伝筆はじめての方は、こちらからどうぞ!!(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼初級セミナー修了後、さらに技術アップや様々な、素材で作品を作りたい方向けのコース(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

不定期開催、「伝筆くらぶ」(侑季・小塚担当)はこちらからご覧ください。

 

※画像をクリックしてください

 

【侑季と小塚の日程が合わない方、最新情報を知りたい方へ】

 

LINEをご希望の方※講座開催情報のみお知らせ

 

 

メールをご希望の方「60分で出来る心を伝える、筆文字無料メール」へ

 

メールアドレス(必須):

お名前(必須):