パリ・ロンドンから無事帰国しました、侑季蒼葉です。

 

2018年今年5月に、はじめてのイギリスで、伝筆のワークショップのときには、まさか2018年中に、再度イギリスを訪れることができるとは、、

 

・パリレポ1:35年ぶりのパリ!「袴」で伝筆

・パリレポ2:パリで14人の子ども達が伝筆に歓喜

・ロンドンで伝筆ワークショップ:誰でも描ける伝筆が実証されました

 

35年ぶりのパリで、袴!!

 

7月にテーブルスタイル茶道の土屋先生からご連絡をいただきまして、思いかけずパリへのお誘いを。

 

 

今年の海外へのお誘いは、「YES」か「はい」と決めてはいましたが、お誘いいただいた日程の前日まで北海道、帰国2日挟んだ9月26日からはアメリカ行きが決まっていまして、少し悩みましたが、やはり今年の方針通り、「はい」^^

 

ということで、35年ぶりのパリです^^

 

 

2年前、パリで伝筆ワークショップを「袴」でという夢があり、作っておいた「袴」。

 

本当に、「袴」でパリが、実現しました!!!!

 

やはり、パリは、お着物が映えます^^

 

パリ7区の区役所にて、「アレテー・フェスティバル ジャポニズム2018」レセプションパーティーに参加。

 

 

 

「アレテー・フェスティバル ジャポニズム2018」に、伝筆協会も、冊子やパネルに企業ロゴが並びましたよ。

 

 

 

 

日本の区役所からは 想像できないほど パリの区役所はすてき!

 

 

伝筆の多喜田先生と、鈴木先生と区役所前にて記念撮影です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ネイルは、東京恵比寿にてあさみさんに袴に合わせた色と柄にしてもらって、ご満悦です^^

 

 

 

パリ観光 ノートルダム大聖堂

 

 

今回のお供は、浜松の伝筆先生、鈴木雅子さん。

 

羽田空港で合流!

 

シャルルドゴール空港からタクシー55ユーロでモンパルナスのホテルへGO!

 

そして、タイ経由で前日入り横浜の伝筆先生、多喜田先生と乾杯!!

 

 

 

翌日は、メトロでノートルダム大聖堂へGO!

 

 

モンパルナスからノートルダムまでは、一本^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌日は、テーブルスタイル茶道と伝筆ワークショップ。

 

かわいい子供達の笑顔に出会えました^^

 

続きは、こちらからご覧ください。

 

パリで14人の子ども達が伝筆に歓喜:パリレポ2

 

LINE@にて、毎月(予定・・)「季節の伝筆見本データ」プレゼントしています。

 

詳しくは、画像をポチと押して、ご覧ください。

 

 

こちらの記事も参考にしてください。

 

「四字熟語」の意味と筆ペン書き方

 

「二十四節気」の意味と筆ペン書き方

 

筆ペン選びにこまったら「最初の筆ペン選び」

 

筆文字を描くコツ

 

失敗もなんとかなる裏技

 

筆ペンの特徴をいかした味のある 「一線」の書き方のコツ

 

筆ペンで書きたくなったという方は、こちらのコースがおすすめです。

 

▼筆文字を教える先生として活躍したい方向けのコース(侑季担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼「初級セミナー」伝筆はじめての方は、こちらからどうぞ!!(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼初級セミナー修了後、さらに技術アップや様々な、素材で作品を作りたい方向けのコース(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

不定期開催、「伝筆くらぶ」(侑季・小塚担当)はこちらからご覧ください。

 

※画像をクリックしてください

 

【日程が合わない方、最新日程を知りたい方へ】

 

LINE@が使いやすい方は、伝筆セミナー日程をお知らせするLINE@にご登録を。

 

※画像をポチと押してください。

 

メールが使いやすい方は、<60分で出来る心を伝える、筆文字無料メール>最新情報をお知らせしていますので、ご登録しておいてください。

 

メールアドレス(必須):

お名前(必須):