ロンドンから戻り時差ぼけでしょうか、お昼の12時まで目が覚めなかった侑季蒼葉です。

 

毎日ブログ、83日目。

 

伝筆in paris、レポ第2弾。

 

35年ぶりのパリ!!「袴」で伝筆:パリレポ1

 

35年ぶりのパリ!!「袴」で伝筆:パリレポ1

 

アレテー・フェスティバル「茶の湯をこどもに伝えるイベント」亭主・土屋留美さん(表千家 ) ジャポニズム2018を記念して、新しい試み。

 

土屋先生にお誘いいただき、伝筆もご一緒させていただきました。

 

 

 

4〜5人の子ども達が、3つのグループに分かれて、総勢14名の子ども達が茶道と伝筆チャレンジです。

 

 

現地に住む子どもたち、日本語通じないし、日本語もわからないだろうし、どうなることかと心配していましたが、、、、

 

最初に、筆ペンの使い方を伝えたら、筆ペンで線を引いたり、ばってんを書いてみたりと早速楽しみ始めてくれて。

 

 

 

それで、通訳をお手伝いしてもらってフランス語で、日本語の意味を伝えて、それぞれ好きな見本を選らんでもらいました^^

 

 

 

う〜〜ん、と悩んだり、スーと線が引けたり。

 

 

 

一緒に日本語書いたら、次からは、さらに大胆に描き始めて。

 

 

 

 

 

言葉は通じないけど、真剣^^

 

 

 

だれも、暴れることもなく、真剣に筆ペンに向き合ってくれて^^

 

 

 

で〜〜きました!!

 

み〜〜んなの作品をお写真に収めることができなく、残念ですが。。。

 

 

 

 

 

描けているね^^

 

 

 

お隣のブースのテーブルスタイル茶道では、お抹茶の吸いきりまで、上手にできていて、微笑ましい^^

 

最初は、初めてみる 筆ペンに興味しんしんで、そして、おそるおそるだったけど、終わったら、筆もお茶も一回終わった子達が、もう一回やりたいと次の席まで並んでくれて、嬉しい^^

 

帰りに、「お礼のお土産伝筆、merci」を選んでもらって、最後に、ほっぺにチュッてしてくれて、もう、大人はメロメロです^^

 

 

現地にて袴を着せていただいたおかげで、「パリで袴で伝筆」、という夢の一つが叶いました^^

 

これも、わたし一人の力ではなく、日本から一緒に現地入りしてくれた伝筆の鈴木先生と、現地で合流してくれた多喜田先生。

 

 

 

そして、茶道とともに、日本のステキな文化として 伝筆を紹介できる機会を設けてくださった、土屋先生、そして、通訳着付けなどお手伝いいただいたみなさまのおかげです。

 

心より、感謝申し上げます。^ ^

 

 

翌日は、ロンドンにて伝筆^^

 

続きは、また。