伝筆のベースは「愛」だと思っています、伝筆の侑季蒼葉です^^

 

「愛」を考えるときに いつも思い出すのが、 ラクビー用語(合言葉)で有名な 言葉。

 

One for all, All for one

 

 

そして、伝筆でも、多くの方が「描いてみたい」と言われる言葉です。

 

「One for all, All for one」の意味は?

 

今日は、「One for all, All for one」を描いてみようと思うのですが、伝筆で描く前に、まずは、その言葉の意味を感じること大事ですよね。

 

「One for all, All for one」は、有名な言葉なのでどこかでお聞きになったこともあると思います。

 

そこで、この言葉の意味をあらためて調べてみますと、、、、ある方の記事が目につきました。

 

 多くの方は、 「一人はみんなのために、みんなは一人のために」 と捉えていらっしゃいますが、これは実は間違っていて、本当の意味は、 「一人はみんなのために、みんなは一つの目的のために」です。

 

ラクビーのチームは15人。

 

体格も、必要な技術も、パワーも違う。

 

それぞれのポジションで働き方や目的も違う。

 

・ミスはいつでも起こる(という想定)

・それを仲間が全力でフォローする(想定外な事が起きてもフォロー)

・ミスは起きるものなので、ミスを責めない。逆にフォローしていなかった事を責める。

 

といったマインドが前提のもと、それぞれのポジションの人が、自分の役割を理解し、チームを信頼し、役割を果たすことによって、トライ(目的)に繋げるスポーツなのだそうです。

 

ですから、「誰が一番うまいか?」という質問は、ラクビーでは難しく、お互いをリスペクトし合い、仲間を信頼してはじめてチームが成り立ち、目的を達成するというわけです。

 

すばらしいスポーツですね。

 

人生の大事な精神と「あり方」と「行動指針」がすべて込められているように感じます。

 

「One for all, All for one」の書き方

 

まずは、四角の中に収めて描いてみました。

 

 

「一人」はみんなのために、みんなは「一つの目的」のためにの「」の「一人」と「一つの目的」を伝えたくて、「ONE」を大きく描きました。

 

次は、丸のなかに、「一人は」と「みんなは」を伝えたくて、「One」と「All」の「O」と「A」を大文字にしてみました。

 

こちらは、最初に、薄墨で丸を描いています。

 

 

こちらの作品のバックの丸は「パステル」で描いて、その描き方の2種類です。

 

 

 

同じように文字のバックにパステルで丸をあしらっても、ちょっと雰囲気が変わりますね。

 

 

こちらの作品は、「力を合わせる」という意味を出したくて、「O」「a」の文字を赤色にしてみました。

 

全国を旅する「伝筆キャラバン」のあり方も「One for all, All for one」

 

こうして考えると、伝筆協会の前提のあり方も、「どの先生が優秀か」などではなく、それぞれの伝筆先生がそれぞれの役割をきちんと果たしながら(自立)、伝筆協会の理念である「筆の想いをのせて伝え合う喜びへ」を大事に、「世界中を元気に!」「ぼっち撲滅」に向かって活動し、お互いリスペクトし合い、フォローしていく、という考えで、どんどん全国各地に広がっています。

 

同じです^^

 

それは、今年も、「生まれてきてくれてありがとう」というテーマで伝筆作品がキャラバンしているイベントでも感じています。

 

みんなで達成するイベントは、自分だけの幸せよりもはるかに大きく、伝筆先生仲間と切磋琢磨し、共に感じる喜びは、自分一人だけでつかんだ喜びの5倍、10倍。

 

それは、人が相手の気持ちを受け取って自分のものにすることができるという「共感能力」を、伝筆先生がお持ちだからことできていることだと。^^

 

そして、今では、伝筆先生のもとで学ばれた生徒さんのお手伝いの力もお借りしています。

 

「見返りを求めず、誰かのために無心で頑張る」こと。

 

そして、みんなで達成すること。

 

まさしく、「One for all, All for one」ですね。

 

「伝筆協会は どんな先生が集まっている協会なのか? 」と質問された時、わたしは、 いつも、こんな風に答えています。

 

「伝筆協会は『愛』にあふれる先生が 集まっています」  と。

 

「伝筆キャラバン」は全国各地を回っています。

 

伝筆無料メールです。60分で出来る、心を伝える筆文字(伝筆つてふで)7日間メールはこちらから。

 

メールアドレス(必須):

お名前(必須):