筆ペンで、気持ちを自由自在に表現してほしいと思っている、伝筆の侑季蒼葉です。

 

筆文字を習って、その後描き続けどんどん表現力バランス力アップされる方もいれば、一方で、あんなにいい感じだったのに、一回でお終い、という方もいらっしゃいます。

 

その違いは、、、、たくさんハガキを描いて、楽しんでいらっしゃる、かどうか。

 

とはいえ、「清書だ」と思うと、「失敗したらどうしよう」と、ぐっぐ〜〜〜〜んと緊張度が高まりますよね。

 

そこで、本日は、誰でも「サマ」になって、失敗がチャンスになる、楽しく描ける、筆文字の裏技をお伝えします。

 

緊張しない書き方、事前に準備する方法

 

何事も、事前準備が大事です。

 

わたしは、事前に、筆ペン薄墨で、ハガキに「まる」を描いて準備しています。

 

なぜなら、、、

 

字が下手に見える理由、それは、「文字の配置がバラバラ」だからです。

 

けれど、文字のバックに「まる」がひとつあると、あら不思議、バラバラに感じた複数の文字が 引き締まって見え、グンと作品っぽく感じられます。

 

それは、ハガキをパッと見た瞬間、バラバラの文字ではなく、文字のバックにある、「まる」に意識が繋がるからです。

 

どおりで、よくプロの作品の文字の後ろに「まる」が描かれているわけです。

 

わたしも、このことに気づいてから、事前に、ハガキに「まる」を描いておいて、どこかへ出かける際にゴソっと持っていき、お会いした方へこんなお葉書をお届けするようになりました。

 

侑季蒼葉の作品

 

侑季蒼葉の作品

 

侑季蒼葉の作品

 

レイアウト力が必要な、四字熟語も、文字のバックに「まる」があると、いい感じに仕上がります。

 

参加者の方の作品

 

参加者の方の作品

 

いえいえ、侑季さん。そもそも、うまく、「まる」が描けないんです、、、。。。

 

という方、大丈夫です。

 

パステルという手があります。

 

 

パステルって、なに?、パステルでどうやって?

 

 

わたしは、18色の「ダイソー」のパステルを使用しています。

 

つまり、100円^^

 

もちろん、他のメーカーでもいいですが、パステル周りがコーティングされていないものがいいです。

 

使用方法はシンプルです。

 

 

 

パステルに指をこすりつけると、、、指に、パステルがつきます。

 

その指で、ハガキの中心に「まる」を描く。

 

 

その上に、、、、

 

侑季蒼葉の作品

 

このようなシンプルな「希望」という文字を描く。

 

もちろん、このままでもいいのですが、、、

 

侑季蒼葉の作品

 

バックにパステルの「まる」があると、このようにイメージが変わります。

 

侑季蒼葉の作品

 

「まる」の大きさも楽しめます。

 

侑季蒼葉の作品

 

侑季蒼葉の作品

 

硬いイメージの言葉も、パステルの柔らかさが影響して、柔らかい雰囲気に変わるので、大変重宝しています。

 

侑季蒼葉の作品

 

どの色を使った方がいいという決まりはないですから、好きな色、季節を感じる色、を。

 

参加者の方の作品

 

参加者の方の作品

 

そして、こちらの作品は、グリーンのパステルでクリスマスツリーを描き、その上に文字を描いてみました。

 

 

季節感が出ましたね。

 

 

夏は、「枝豆」^^

 

また、事前に「まる」や「絵」を用紙の真ん中に描いておくことで、紙の中心を定めることができるので、文字の位置が定まり、描きやすくなりますよ。

 

つまり、描けば描くほど、バランス力もアップするという効果も出ます。

 

そして、、、

 

筆ペンで書いたら、文字が偏ってしまった、、、どうしたらいい?

 

いや〜〜、ハガキにいきなり筆ペンで文字を描いたら、偏ってしまった。

 

これ、失敗?

 

 

いえいえ、伝筆では「失敗」は「チャンス」でして、、、

 

 

こちらのパステルは、やはりダイソーのパステル。

 

ケースを変えてみました^^。今回は、グリーンで、こんな線を。

 

 

線を大地に見立て、その上に、「芽」をイメージして。

 

 

育つイメージに。

 

参加者の方の作品、パステルは文字の色に合わせても。

 

参加者の方の作品

 

色味が加わると、同じ言葉でも、イメージが変わりますね。

 

参加者の方の作品

 

こちらの作品は、カレンダーの表紙なのですが、文字が上の方に偏ってしまったので、パステルで「空」と「山」と描いて、薄墨で「かもめ」を描いてもらいました。^^

 

全体のバランスがよくなりましたよ。

 

 

ひまわりを入れると、「夏」らしいです。

 

 

そうそう、文字を描いた後から、文字のバックにパステルで「まる」を入れたい、、、、けど、無理??!!

 

いえいえ、文字を避けながら、パステルを塗ると、それはそれで、いい感じになります。

 

事前に、パステルを塗った、侑季蒼葉の作品

 

文字を避けて、後からパステルを塗った、侑季蒼葉の作品

 

文字の周りが白抜きしてあるかのような仕上がりました。

 

細かいところが塗りにくいようでしたら、綿棒の先にパステルをつけて、描いてみてください。

 

ということで、このように、 伝筆(つてふで)に 「失敗」はありません。

 

上手下手もありません。

 

「チャンス」があり、 工夫があるだけです。

 

緊張しない書き方、失敗もなんとかなる裏技でした。

 

ぜひ、筆ペンを楽しんでくださいね。

 

侑季蒼葉の作品

 

こちらの記事も参考にしてください。

 

筆ペン選びにこまったら「最初の筆ペン選び」

 

筆文字を描くコツ

 

 

筆ペンで書きたくなったという方は、こちらのコースがおすすめです。

 

▼筆文字を教える先生として活躍したい方向けのコース(侑季担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼「初級セミナー」伝筆はじめての方は、こちらからどうぞ!!(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼初級セミナー修了後、さらに技術アップや様々な、素材で作品を作りたい方向けのコース(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

不定期開催、「伝筆くらぶ」(侑季・小塚担当)はこちらからご覧ください。

 

11月12月年賀状企画開催中!

 

※画像をクリックしてください

 

【日程が合わない方へ】

 

<60分で出来る心を伝える、筆文字無料メール>最新情報をお知らせしていますので、ご登録しておいてください。

 

メールアドレス(必須):

お名前(必須):