5名の認定講師が、東京にて展示会します!!

 

たった半日で、アートのような日本語が誰でも書けるようになる「伝筆」。

 

字が下手と悩む方全ての方に、手書きの楽しさをお伝えしたいという願いのもと、認定講師のみなさんと共に活動しています。

 

 

一般社団法人伝筆協会代表の侑季蒼葉です。

 

伝筆の技を磨く、技塾(ぎじゅく)コース卒業展示会

 

あり方を磨き、考え方を磨き、伝筆の技術を磨き続けている、国内外240名以上の認定講師のみなさんが、コロナ感染予防をしながらセミナーや展示会などを通して、手書きのあたたかさを伝えてくださっています。

 

2020年5月から6ヶ月間、伝筆の技を磨くコース技塾(ぎじゅく)3期@東京を開催しました。

 

技塾とは、6ヶ月に渡って毎月毎月6時間あまり伝筆をして、そして、毎日毎日課題を行うというコースです。

 

今回はオンラインでの講座となりましたが(7月と9月対面講座)、前向きに取り組んでくださった5人のメンバーが、卒業展示会を、東京にて開催します!!

 

 

本日は、そのお知らせです。

 

みなさん、三密を避け、コロナ対策をして、ぜひ見に来てください!!

 

終了しました。

 

2日間、コロナ禍の中59名の皆様にご来場していただけましたこと、心より感謝申し上げます。

 

 

一般社団法人伝筆協会認定技塾(ぎじゅく)卒業展示会

 

【ときめくみらいへ〜伝筆5人展〜】

 

わくわくドキドキをあなたへ届けたい

 

 

開催期間:

 

  • 2020年12月5日(土)13:00〜20:00
  • 2020年12月6日(日)11:00〜18:00最終入場17:30

 

開催場所:

 

ICA SPACE

 

〒103-0004 東京都中央区東日本橋 3-4-6ICA3 ビル E 2F

 

電車でお越しの方:

 

東日本橋駅、馬喰町駅、馬喰横山駅 徒歩 3 分

 

A2 出口を出て「カラダファクトリー」を右手に直進し、最初の角を右、セブンイレブン隣の インドカレー「カナピナ」のあるビル 2F

 

 

 

出展者とその想い

 

出展者は、5名。

 

詳細は届き次第随時更新しますのでお待ちください。

 

【一般社団法人伝筆協会認定講師(敬称略)】

 

ご紹介します!!

 

本間瑞恵

 

一般社団法人 伝筆®協会 2016年認定講師

 

神奈川県藤沢市在住

 

 

個人テーマ:いつまでも輝いて

 

年を重ねても、とっても素敵な人に出会うことがあります。

 

素敵な人は輝いています。

 

輝いている人は若々しいですね。

 

そして若々しい人は素敵な仲間に囲まれています。

 

素敵な仲間たちと穏やかな時間を。

 

笑顔で暮らせる未来を過ごせたら素敵だなと思います。

 

いつまでも輝いている、貴方に!!

 

木戸理恵

 

一般社団法人伝筆®協会 2019年講師認定

 

東京都調布市在住

 

 

個人テーマ:人生を楽しもう

 

自分に厳しく努力家で頑張り屋さんな友人へ。

 

これからは無理せず一緒に人生を楽しもうね!という気持ちを伝えたくて選んだ言葉です。

 

友人にはもっと人生を楽しんでもらいたくて…でも自分へのエールにもなっている…

 

作品から、あなたにピンとくる言葉が見つかると嬉しいです。

 

及川美和

 

一般社団法人伝筆®協会 2019年講師認定

 

千葉県千葉市在住

 

 

個人テーマ:人生を愉しむ

 

こうあるべき!こうしなくちゃ!!といつの間にか枠の中に自分を押し込んでいる事に気づきました。

 

もっと自分らしく人生を愉しもうよ。

 

そんな想いをこめて描きました。

 

自分らしく?私は「好きっ!が原動力」です。

 

好きな気持ちは、わくわく楽しくなりますし、笑顔になって元気も出ます。

 

皆さんにもそんな気持ちになっていただけたら嬉しいです。

 

人生を愉しむ!Let’s enjoy life!Profitons de la vie!

 

佐藤昌人

 

一般社団法人伝筆®協会 2019年講師認定

 

東京都世田谷区在住

 

 

個人テーマ:今を頑張る自分!これからを元気に頑張る自分へ

 

今年の12月30日で60年間続いたお店を閉店することになりました。

 

今までの経験を生かし、これから始まる新しい人生への道を家族と共に笑顔で歩き始める自分への応援メッセージです。

 

この作品で皆様に元気が伝われば嬉しいです。

 

高橋信子

 

一般社団法人伝筆®協会 2019年講師認定

 

東京都足立区在住

 

 

個人テーマ:自分に寄り添うメッセージ

 

子供も巣立ち、今まで放ったらかしだった自分と向き合う時間が出来ました。

 

ここ数年で出会った人、そして、この技塾で更に自分と向き合った想いのメッセージを伝筆に託して。

 

この作品が、あなたの心に寄り添い背中を押してくれるかもしれません。

 

技塾6回コースを終えて

 

2020年5月からスタートした、技塾3期@関東コースのみなさまの感想をご紹介します。

 

 

【自分の得意・不得意も見えてきました】

 

太字の筆ペンで太い線だけではなく、細い線まで描けることに最初は驚きましたが、6ヶ月でかなり筆ペンを使いこなせるようになってきたと思います。

 

自分では使わないレイアウトに取り組んだことで、自分の得意・不得意も見えてきました。

 

できないことを頑張ってみることも大切かもしれませんが、自分の得意な線・レイアウトなどの精度を上げて、私らしさを追求してみるのも楽しそうです。

 

宿題にはかなり悩んだり、全く描けずに落ち込んだ日もありますが、投稿する時には達成感がありました。

 

私にもこんな字が描けるんだ!という喜びもたくさん感じられて、技塾に参加して本当に良かったです。

 

リモートがメインでしたが、リアルで会えた時の楽しさは忘れられません!

 

技塾をきっかけに集まった同志。

 

きっと技塾が終わっても交流が続くんだろうなーと思っています。

 

まずはみんなで展示会を成功させたいです。

 

 

木戸理恵

 

 

【応用の前に基本があることに今更ですを痛感しました】

 

参加する前と後の違いは、言葉と字と線とレイアウト、毎日のように模索していました。

 

6回目で添削していただけたことで頭の中がすっきりしました。

 

要は基本をしっかり自分のものにすること、応用の前に基本があることに今更ですを痛感しました。

 

143日間よく頑張りました、自分を褒めたいです。

 

毎日の投稿は励みになりましたし変化していく自分の字が嬉しくもありました。

 

でも反面書いても書いても気に入る字が書けなくて悩んだり、疲れて今日は書くことを辞めたいと思うこともありました。

 

そんな時、Facebookに仲間の作品が記載されているのを見て「みんな頑張っているな私も」と随分励まされました。

 

技塾の学びは私の講師としての自信にも繋がりました。

 

目標の「精度をアップする」はまだまだ未達ですがこれからもこの目標を目指して精進していきます。

 

技熟の展示会ではここまでの成果を見ていただければ嬉しいです。ときめきシニアはこれからも輝きます!!

 

 

 

本間瑞恵

 

【毎日書くことの習慣は本当に自分にとって良い経験】

 

参加する前は、初級・中級セミナーである程度の基礎を学んだのでなんとなく、それなりに伝筆が書けて満足していましたが技塾に参加して伝筆の基礎のもっと深い細かいところの技術を学び、6ヶ月間毎日書き続けることで自分の字が伝筆として書けるようになったことが嬉しく自信になりました。

 

FacebookやInstagramで人の時字を見た時に私だったら「ここはこうした方が綺麗に見えるよ!」とか「横線をもう少し細く!縦線はもっと太くくすれば?もっとカッコ良く見えるよ!」と自分なりに思えるように成長しました。

 

技塾に参加して本当に良かったっと思います。

 

素敵な東京3期生との「ご縁」で毎回技塾を楽しく過ごすことが出来ました。

 

12月の技塾の卒業展示会向けてこの1ヶ月が本当に自分の今まで学んだ事の集大成の字となり作品となって来場される皆さんを「笑顔」に出来たら嬉しいです。

 

毎日書くことの習慣は本当に自分にとって良い経験で今後の人生に役立つ貴重な時間だったと思います。

 

伝筆に出会えて本当に良かったと思います。感謝!

 

これから書く習慣を忘れず書き続け、書く時は誰に伝えたいか?を考え自分に問いかけながら気持ちを込めてその人に向けて書いていきます。

 

技塾の良さは経験した人でないと楽しみ、苦しみ、喜びはわからないと思います。

 

「継続は力なり」ですね!これからも継続し続け頑張ります!

 

東京3期生の皆さんも本当にありがとうございました。そしてこれからもよろしくお願い致します。

 

 

 

佐藤昌人

 

【更に伝筆の世界が広がった】

 

参加する前は、伝筆の筆文字が上手く描けるようになることが目標であり、願望でした。(力強さの中にもしなやかな線で表現できるようになること)

 

参加した後、筆文字を描くだけではなく、「7つのコツ」の精度を上げることが大切だと再認識。

 

とにかくできなくても意識して描くようになった。

 

展示会の前ということもありますが、毎日筆を持たないと不安です。

 

マル、直線、コラボ線をウォーミングアップで描いてからハガキに向かっています。

 

早く本番一発OK!で描けるようになりたいです。

 

レイアウト、線の種類、筆の使い方を習って更に伝筆の世界が広がった気がします。

 

技塾の終わりには自分の字が変化することを楽しみにしていましたが、努力が足らず「自分の伝筆」を発見するにはもう少し時間がかかりそうですが楽しみにしています。

 

予想していなかった仕事の忙しさにくじけそうになったことは数知れず。。

 

筆をもったままうとうと(笑)それでも毎日続けてこれたこと!3期生の皆様には感謝しかありません。

 

タイミングよくFBグループに投稿される侑季先生のコメントでいつも原点に戻っていた気がします。

 

最も以前と変わったのは「誰に対して描いているか?」想いを誰に伝えたいのか?ということがとても大切だということです。

 

 

 

及川美和

 

【技塾で得たことは財産です】

 

技塾に参加する前は、思う様な字を書きたい!上手く書きたい。伝筆を深く追求したいとの思いでした。

 

6ヶ月間に得たことは、改めて伝筆は、「誰に何のメッセージを伝えたいのか!」が大切であることを学びました。

 

これを意識すると作品に氣持ちが込められ大きな違いが出る事を感じました。

 

毎日書く習慣、毎日縦線、横線の練習をする!この努力は自分の力となりました。

 

余白の美!、文字からも美しい余白で作品の出来映えが変わること。

 

レイアウトを考えること。

 

初級セミナーで教わっていた事を深く深堀して学べました。

 

どうしても書けない線も指導して頂き、それを何度も何度も練習する事で書ける様になって来たことは嬉しかったです。

 

仕事や家の事情など、エッ、何故いまなの!と毎日寝落ちし深夜に起きて書くというのが大変でしたが、書き始めると楽しく苦にならなかったのは、3期生の仲間が皆さんそれぞれの環境の中で頑張っている姿を感じられたので頑張る力が湧いて来ました。

 

仲間の力の大きさをとても実感しました。

 

それでもスランプの苦しい時期もありましたが、今終えてみるとスランプがステップアップには必要と思えます。

 

また、侑李先生のタイムリーなメッセージでマインドの大切さを感じられ氣持ちを整えて向き合えました。

 

毎日が無我夢中で、あっという間に半年が過ぎていました。

 

技塾で得たことは財産です。

 

まだ卒業に向けての展示会作品作りがあります。

 

今まで教わった力を出して作ります。

 

 

 

高橋信子

 

技塾では、6ヶ月間、せっせ、せっせと伝筆を毎日描きます。

 

合計143日間でした。

 

100日超えた時には、歓声があがりましたよ。

 

もちろん、伝筆を楽しいと思ってくださっているメンバーではありますが、それでも毎日となると、、、、

 

お仕事もあり、家庭での役割りもあり、スランプにもなったと思います。

 

でもでも、正しい練習や習慣は、裏切らないですから。

 

そして、それは仲間なしには、なかなか実現しない。

 

全員で、6回目を迎えることができて、ほんとわたしも嬉しいです!!

 

伝筆技塾3期生@東京の教室風景

 

技塾3期生@東京の6ヶ月コースは、1回目からズームに変更でスタート。

 

実は、最初は、対面講座ができるようになるまで、「講座開催を待とう」というご意見もなかったことはないのです。

 

技塾は、特別な講座だから、と言ってくださって。

 

そうなのです。

 

どの講座も私にとっては大切な講座だけど、この技塾だけは、対面講座にしたかったのは、本音、、

 

筆ペンの書き方の技術アップですから、対面の方が、好ましいです。

 

わたしもそうしたいです。

 

ですが、このコロナの状態、、、、、

 

正直、延期も考えました。

 

でも、このコロナの状態。

 

非常事態宣言が解除されても、完全収束しなければ、安心して対面セミナーはできません。

 

じゃあ、コロナが収束するまで、延期するの?

 

もったいない。

 

少しでも、今、技術の底上げをする可能な方法があるなら、コロナが収束するまでに、実行しておきたいです。

 

そうすれば、コロナ収束したあと、スタートダッシュできますから。

 

この講座は、伝筆をされている方なら全員に受けてもらいたいほどの講座。

 

もちろん、宿題は毎日でます。

 

大変です。

 

ですが、技術は身に着けたら一生モノです。

 

なので、予定通りの日程で、オンラインで開催することにしたい、とお話をさせてもらって。

 

 

この決断に賛成してくれて、勇気あるメンバーに感謝です。

 

対面開催での開催時間の予定は、10時30分から18 時です。

 

ZOOMで6時間近く開催する、、、のは、正直かなりきつい、、、とはわかっていましたが、そのままの開催時間で行いました。

 

初日は、ちょっと休憩を多くしたけど、2回目からは、ガンガン、伝筆^^

 

みなさん、ほんと、すごい集中力^^で臨んでくれて、私の方が、元気をもらってます。

 

 

2回目では。

 

「カルチャーセンターでの生徒さんから、”コロナの最中先生伝筆をたくさん書かれましたか?伝筆の字の線がものすごくきれいになってます!”と褒められた」と喜びの声も。

 

 

3回目の7月は、少しコロナ感染者数が横ばい状態になり始めたので、参加者5人なのに、みんなが広〜いお部屋を借りてくれて。

 

 

消毒して。

 

 

 

窓は開けっぱなし^_^

 

 

マスクして。

 

 

 

で、みっちり^_^

 

幸い、伝筆している最中は、みんな無言だから(笑)

 

 

 

 

でも、でも、、、

 

ひっさしぶりに会えたから、ちょっとランチして。

 

 

 

懇親会^^

 

 

3回目、4回目も、ZOOM.

 

 

 

 

6ヶ月最終日!!

 

 

 

技塾は、6ヶ月コースという長丁場のコース。

 

途中苦しくなったり、気持ちがダレてきて、脱落、、、とならないように。

 

1回目では、「目的、目標」をしっかり明確にして、その目的目標を、何度も、毎日確認しながら進みます。

 

6ヶ月間、仲間との連携もバッチリです。

 

最後、美味しいお酒をみんなで飲むことができて、さいこ〜〜^^

 

伝筆 技塾の卒業展示会

 

12月5日から6日。

 

東京にて、初めての技塾展示会です。

 

人生、いつまでも学びですね^^

 

「完璧」と思ったらお終いです。

 

会場も、ご案内ハガキも、メンバーが話し合い、みんなで作っています。

 

いつまでも成長しつづけていく志高く、人生を楽しんでいる認定講師のみなさんの作品をご覧いただけたら、大変嬉しいです^^

 

私も、12月5日会場にいます。

 

コロナ対策してお待ちしております。

 

お会いできたら、声をかけてください^^

 

 

こちらの本も参考にしてください。「直線で書けば今すぐ字が上手くなる」(サンマーク出版)

 

 

全国の認定講師のもとで、伝筆セミナー学べます。

 

※こちらの画像からご覧ください。

 

 

無料メール講座から、「協会代表”侑季蒼葉”の伝筆見本データ」プレゼントしています

 

 

筆ペンで書きたくなったという方は、こちらのコースがおすすめです。

 

 

▼筆文字を教える先生として活躍したい方向けのコース(侑季担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼「初級セミナー」伝筆はじめての方は、こちらからどうぞ!!(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

 

オンラインで伝筆セミナーをお探しの皆様

 

▼初級セミナー修了後、さらに技術アップや様々な、素材で作品を作りたい方向けのコース(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

不定期開催、「伝筆くらぶ」(侑季・小塚担当)はこちらからご覧ください。

 

※画像をクリックしてください

 

LINEをご希望の方※講座開催情報のみお知らせ