アメリカに来ています、侑季蒼葉です。

 

毎日ブログ、85日目。

 

本日の四字熟語は、「時機到来」です。

 

 

「時機到来」四字熟語、読み方とその意味

 

まずは、いつも通り、「時機到来」の読み方とその意味を。

 

「時機到来」の読み方は、「じきとうらい」と読みます。

 

その意味は、ちょうど良い機会がめぐってくること。

 

「時機到来」の類義語

 

・「好機到来」(こうきとうらい)

 

すばらしい機会がやってくること。

 

「時機到来」の対義語

 

・「時期早尚」(じきそうしょう)

 

ある事を行う時期としては、まだ早すぎること。

 

また、そのさま。

 

「時機到来」の使い方

 

・山の木々が紅葉し、秋の行楽の時機到来だ

 

「時機到来」の筆ペン書き方

 

それでは、「時機到来」筆ペンでの書き方です。

 

本日は、侑季蒼葉の「時機到来」筆文字作品日本語2点、英語2点です。

 

「時機到来」筆ペン「1」作目筆文字デザイン。

 

 

「時機到来」の「時機」を強調して描きました。

 

第一作目は、「日」をマルで描き、全体的にマルを生かして描いています。

 

「時機到来」筆ペン「2」作目筆文字デザイン。

 

 

「時機到来」の「到来」を強調して描きました。

 

縦の線、横の線を強調しました。

 

同じ四字熟語でも、イメージが変わりましたね。

 

「時機到来」筆ペン「3」作目筆文字デザイン。

 

「時機到来」a good chance coming along

 

 

アルファベットは、斜めデザインで構成しても、かっこよくみえます。

 

「時機到来」筆ペン「4」作目筆文字デザイン。

 

 

こちらは、横デザインで構成しました。

 

同じようにアルファベットを描きましたが、斜めに配置するか真横にするかでイメージが変わるので、そのときのタイミングで好みのデザインを選んでください。

 

 

全国の認定講師のもとで、伝筆セミナー学べます。

 

※こちらの画像からご覧ください。

 

公式LINEにて、伝筆協会の最新情報をお知らせしています。

 

2021年毎月(予定)「協会代表”侑季蒼葉”の伝筆見本データ」プレゼントしています。

 

伝筆協会公式LINE アカウント @gqk6920y

 

 

友だち追加

 

こちらの記事も参考にしてください。

 

「四字熟語」の意味と筆ペン書き方

 

「二十四節気」の意味と筆ペン書き方

 

筆ペンで書きたくなったという方は、こちらのコースがおすすめです。

 

▼筆文字を教える先生として活躍したい方向けのコース(侑季担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼「初級セミナー」伝筆はじめての方は、こちらからどうぞ!!(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼初級セミナー修了後、さらに技術アップや様々な、素材で作品を作りたい方向けのコース(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

不定期開催、「伝筆くらぶ」(侑季・小塚担当)はこちらからご覧ください。

 

※画像をクリックしてください

 

【侑季と小塚の講座開催日程や最新情報を知りたい方へ】

 

LINEをご希望の方※講座開催情報のみお知らせ

 

 

メールをご希望の方「60分で出来る心を伝える、筆文字無料メール」へ

 

メールアドレス(必須):

お名前(必須):