海外では、おとなしい侑季蒼葉です。

 

毎日ブログ、79日目。

 

本日は、「水を得た魚」ということわざについてです。

 

 

「水を得た魚」の読み方とその意味

 

まずは、いつも通り、「水を得た魚」の読み方とその意味を。

 

「水を得た魚」の 読み方は「みずをえたうお」です。

 

「みずをえたさかな」という読み間違いが多いので、注意しましょう。

 

「 水を得た魚」の意味は、自分に適した環境や、自分の得意分野の場面になった際に、生き生きとしている様子や、活躍しているさまのことです。

 

「 水を得た魚」の類義語です。

 

「魚心あれば水心」(うおごころあればみずごころ)

 

魚に水と親しむ心があれば、水もそれに応じる心がある意から相手が好意を示せば、自分も相手に好意を示す気になる。

 

相手の出方しだいでこちらの応じ方が決まること。

 

「水を得た魚」の使い方です。

 

・あの人は職場が変わってから、水を得た魚のように働いている

・釣りの話になると、無口な彼も水を得た魚のように話すのが面白い

 

「水を得た魚」ことわざの筆ペン書き方

 

それでは、「水を得た魚」筆ペンでの書き方です。

 

本日は、侑季蒼葉の「水を得た魚」筆文字作品4点です。

 

ことわざは、四字熟語より文字数が多くなりますが、三行にまとめることによって、バランスよく配置できます。

 

「水を得た魚」筆ペン「1」作目筆文字デザイン。

 

 

今回は、先頭の文字と、最後の文字の配置に注目してください。

 

1作目は、「得た」を大きくして、「水を」と「魚」の書き出しを下げ、四編に三角の余白を作りました。

 

「水を得た魚」筆ペン「2」作目筆文字デザイン。

 

 

2作目は、左下がりで、左上と、右下に三角の余白を作りました。

 

「水を」を強調しています。

 

「水を得た魚」筆ペン「3」作目筆文字デザイン。

 

 

三行の先頭の文字を「V」で配置しました。

 

「魚」を強調しました。

 

文字の先頭文字と最後の文字は、まわりの余白を作る決めてになります。

 

上記のパターンは、誰でもうまくみえる配置です。

 

「水を得た魚」筆ペン「4」作目筆文字デザイン。

 

英語バーションです。

 

in one’s element

 

「in one’s element」は、すべてのアルファベットがシンプルですので、「l」「t」の縦線と横線で特徴づけました。

 

わざとバランスをくずすことで、バランスをとっています。

 

無理に整えようとするよりも、遊び心を大事すると、あなたらしい文字が描けるようになります。

 

それと、線の出だしを太くすることで、アルファベットはかっこよく見えますので、筆圧をしっかりかけてくださいね。

 

<満席御礼 キャンセル待ち>

 

 

90日で伝筆先生になるコース。

 

【10月6日スタート】 伝筆講師養成講座7期生の詳細ブログはこちらから。

 

筆ペンで書きたくなったという方は、こちらのコースがおすすめです。

 

 

▼筆文字を教える先生として活躍したい方向けのコースもご用意しています。

 

伝筆の先生にご興味のある方はこちらをご覧ください。

 

▼「初級セミナー」伝筆はじめての方は、こちらからどうぞ!!

 

初級セミナーはこちらからご覧ください。

 

▼初級セミナー修了後、さらに技術アップや様々な、素材で作品を作りたい方向けのコースもございます。

 

伝筆中級セミナーは、こちらからご覧ください。

 

宛名セミナーは、こちらからご覧ください。

 

英語版(アルファベット)レッスンは、こちからからご覧ください。

 

不定期開催、伝筆くらぶはこちらからご覧ください。

 

 

日程が合わない方へ

 

<60分で出来る心を伝える、筆文字無料メール>最新情報をお知らせしていますので、ご登録しておいてください。

 

メールアドレス(必須):

お名前(必須):