「明日、カルチャーの日なのですが、キャンセル待ちが2人いらっしゃるそうです。

 

確かに、教室の大きさを考えて、 カルチャー担当した当初に16名定員にしたなあと思い出したりして。

 

伝筆やりたいという方が多いのは、ありがたいことですね。」とメッセージをもらって、飛び上がるくらい嬉しい、侑季蒼葉です。

 

 

毎日ブログ、78日目。

 

どんな方が、講師として望む未来を手に入れるのか?

 

講師育成業に関わって、18年経ちます。

 

自身が講師業に携わったのは、1983年からですから、35年間は、講師を仕事にしています。

 

どんな方が、講師に向いていますか?

 

と聞かれることがありますが、その要素は様々です。

 

ただ、一つだけあげてと言われれば、それは、講師に限らずですが、「素直な行動力」だと思っています。

 

伝筆協会を一般社団法人化するまえに 伝筆先生になってくださった方が、 約50名います。

 

みなさん、わたしの打ち出した、今よりもずっとあらっぽかった、コツや、テキスト、協会の方針を「素直に聞いて」「その通り行動」してくださいました。

 

ほんと、みなさんには、感謝しかありません。^^

 

そのうちのお一人の先生が、8月23日で 講師になって3年たちます。

 

 

その先生の行動力にも、いつも びっくりしています。^^

 

今回の北海道地震で予定が 変更になってしまいましたが、 8月13日も、その先生の誘致で 札幌でランチ会が催される予定でした。

 

30名も参加表明してくださっていて、、、 延期となった次の 11月が待ち遠しいです。

 

さて、今日は行動すると、どんな結果がでるのか。。。

 

すばらしい行動力で、みなを笑顔にしている、北海道の伊賀先生をご紹介したいと思います。

 

3年前は、パートタイムで、 専門学校の時間講師

 

今は、北海道に限らず、大人気の伊賀先生。

 

わたしと出会ったころは、パートタイムで、 専門学校の時間講師をされていまして、ご本人いわく主婦と。

 

そして、 飛行機に乗ったのは、両手の指では余るくらい。

 

まさか、自分が仕事で毎月のように飛行機に乗るとは 予想もしていなかった

 

とのことです。

 

とはいえ、教えることは凄く好きだと当時から言われていまして、伝筆で、学生さんに卒業の言葉を贈ったりしていて、養成講座ではその色紙作品を拝見したことを覚えています。

 

また、とてもお酒が強く、当時は、札幌でも養成講座を開催していまして、その懇親会では一緒に楽しくお酒をいただきましたたくさんの思い出もあります。

 

 

強いんです、伊賀先生^^

 

 

 行動した結果、 この3年間で どんな変化を引き起こしたか

 

では、この3年間でどんな風になったか。

 

ま〜とにかくすごいんです。

 

この3年の間に、、、

変わりました^^

 

初級セミナーで、 伝筆の7つのコツを学んで下さった方が、 440名。

 

中級セミナーも漢字編が281名。

 

ひらがな編が271名。

 

宛名セミナーも、英語版Lesson2も受講して、 今現在受けられる伝筆公式セミナーは 全部参加して下さった方も 何十人もいらっしゃいます。

 

カルチャー系の講座は3つ。

 

北海道で初めて開催した 札幌カルチャースクール平岡の教室は、 もう2年6ヶ月経ちました。

 

ありがたいことに、今も満員御礼で、 キャンセル待ちまでしていただいています。

 

今まで行ったのは、千歳、滝川、函館など全道10カ所。

 

北海道外は、兵庫県、大阪府、東京都で。

 

現在は、ありがたいことに東京の町屋に 2ヶ月に1回行かせていただいています。

 

飛行機もサクサク乗れるようになりました。

 

少し余裕もできたので、 行きたい講座や学びたいものがあれば、 東京や名古屋、大阪まで行けるようになりました。

 

今年の7月には、 伝筆キャラバンのお手伝いということで、 宮古島に初めて行くことができました。

 

 

みんなで楽しむランチ会に、大人の遠足、忘年会。

 

 

私のサプライズ誕生会もしていただきました。

 

受講者さんたちが自発的に開催した展覧会が何回も開かれています。

 

すばらしい!!

 

書ききれないくらい ほどの活躍です。

 

わたしも ず〜〜と3年間の伊賀先生を拝見していて すごいな〜と思うのは、 伊賀先生のもとの生徒さん、 自主的な活動が多く、 みなさん、と〜〜〜ても伝筆を 楽しんでいらっしゃるところ。

 

でも、 そのきっかけが あるんです。

 

それは、伊賀先生自身、 先生になって早い段階で、 生徒さんとの展示会を開催されていて。

 

 

その翌年は、 北海道の伝筆先生と その生徒さんを巻き込んで 展示会されて。

 

今でこそ、 伝筆協会では 伝筆先生のもと 伝筆展示会のキャラバンを 行っていますが、 それ以前からです。

 

そういう 生徒さん想いの行動の積み重ねが 今の生徒さんとの関係性を築かれている のだろうと思います。

 

また、今年、 伊賀先生からメッセージいただいて、 「九州方面へ行ったことないから 誘ってください」と。

 

そしたら、 九州、飛び越えて、 宮古島へ伝筆キャラバンをお手伝いしてくださいました。

 

伊賀先生の魅力をあげるとしたら、 行動が速くて、 生徒さん想いで 面倒見よくて、 分かち合いの心が強くて、 そして、 すこし、ドジなところ(笑) でしょうか。^^

 

そんな、伊賀先生は、今、 好きなところに行って、好きな教える仕事をされ、 さまざまな地域のたくさんの魅力的なみなさんと 出逢う毎日を楽しんでいると おっしゃられ、 ますます、 行動的で、 県外から 講師を誘致したりもされています。

 

望む未来を得るためには、やりたいかで決める。

 

が、

順風満帆にみえる伊賀先生ですが、先生になろうと決心したころは・・・

 

実際に先生になろうと思ったら、 やはり不安もあると思います。

 

「お客様は来てくれるのかな?」 「活動していくことができるのかな?」

 

私も、最初は不安でした。

 

未来はわからないから。

 

希望だけを胸に、行動し続けました。

 

でも、きちんと行動すれば、 その結果はついてくる。

 

今はそれを実感しています。

 

伝筆は、見ただけで、「いいね!」と 思ってもらえるインパクトのあるものです。

 

なので、他のお仕事よりは、 お客様に来てもらいやすいものだと思います。

 

できるかできないかではなく、やりたいかで決める。

 

そして、行動をしていけば、望む未来は得られると思います。

 

どんな講師が、望む未来を手にいれることができるのか?

 

素直な行動力。

 

伊賀先生、 行動の3年間の積み重ねが 今なのだなと、 つくづく思いました。

 

行動がなければ、 なにも変わらないですものね。^^

 

伊賀先生をもっと知りたいからは、「先生になってびっくりするほど変わりました」ブログを、ぜひ、ご覧ください^^

 

おかげさまで、 伝筆講師養成講座 <満席御礼 キャンセル待ち> となりました。

 

また、世界中を元気にする に向けて、一歩前進です^^

 

ありがとうございます。

 

今後の養成講座の募集ですが、 お部屋にはゆとりがあるため 増席は、検討はしていますが、 一旦は、 <満席御礼 キャンセル待ち> とさせてください。

 

もし、伝筆先生になりたい!! と思ってくださっていたら、 キャンセル待ちですが、 こちらからお申し込みしておいてくださいね。

 

優先的にお席状況をお知らせします。

 

 

伝筆講師養成講座開催は、 侑季が 担当している、数少ない講座です。

 

しかし、 あと、何回担当できるかな〜と 今、考え中。

 

侑季にぜひ、会いに来てください^^

 

大胆不敵な、行動を!!!^^