天気予報は「雨」でしたが、一度も雨に濡れることなく、関東伝筆先生メンバー8名と、伝筆御朱印帳と伝筆お守りがある、鹿島三島神社へ伝筆大人の遠足してきました。

 

 

お写真は、荒井先生、本間先生今川先生宮前先生、侑季、徳田先生関先生山川先生高村先生

 

 

 

「直線で書けば今すぐ字がうまくなる!」(サンマーク出版)の侑季蒼葉です。

 

 

鹿島三島神社(かしまみしま)茨城県那珂市後台ってどんなところ?

 

伝筆協会関東地域会主催の伝筆大人の遠足してきました。

 

 

場所は、水戸駅からタクシーで約15分ほどの「鹿島三島神社」です。

 

行かれたことありますか?

 

鹿嶋三嶋神社(ご祈願受付 9:00~17:00)

 

〒311-0111 茨城県那珂市後台569

 

Tel/Fax 029-295-3845

 

わたしは初めてでした。

 

 

 

上野駅に、徳田先生、本間先生、宮前先生、山川先生、荒井先生と集合。

 

徳田先生と本間先生から、伝筆入りおやつをいただいて^^

 

 

さすが、伝筆先生ですね^^

 

水戸駅についたら、関先生と今川先生が、迎えて来てくださって。

 

 

高村先生と神社にて合流して。

 

静かです。

 

 

 

3.11の震災で歪んだけれど、崩れることがなかった本殿。

 

屋根裏に登ってみてわかったことは、釘一本使っていないこと。

 

それが、本殿をそのまま残すことが理由かもしれないと、禰宜の小圷さんからお話をおききしました。

 

《鹿島三島神社》

 

創立は、和銅年間(708年~715年)と伝えられています。

 

明治12年の神社宝物目録の縁起書によると、当村に鹿嶋明神・三嶋明神・駒形八幡神社・若宮八幡神社は、昔、4ヶ所に分祀されていました。

 

天和3年(1683年)に水戸藩主徳川光圀公の命により、庄屋根本甚衛門が願主となり、現在地に四社を合祀し、元禄9年(1696年)には、鹿嶋明神・三嶋明神と駒形八幡神社・若宮八幡神社を分霊し、駒形八幡神社・若宮八幡神社を合祀し末社となりました。

 

そして、鹿嶋明神・三嶋明神の二神を祭祀し、鹿嶋三嶋神社となり、一村の鎮守となりました。(祭礼は西蓮寺村の禰宜越前が務めていました)

 

駒形八幡神社・若宮八幡神社は、初代太田城主で佐竹氏を名乗った佐竹昌義(1081~1147?)の氏神さまを常陸太田馬場から神霊を勧請しました。

 

また一色文彦の調査で、大工大曽根氏の棟札が見つかり、応永年代(1394~1427年)の頃の流れ造りであると明らかになりました。

 

鹿島三島神社HPより

 

そして、正式参拝をさせていただきました。

 

 

境内には、樹齢400年以上といわれる二股の杉のご神木があります。

 

昭和52年に、落雷があり炎上しましたが、神社は奇跡的に無事残り、ご神木も生き続けているとのこと。

 

すごいですね〜

 

禰宜さんから、「思う存分、力強く願ってください。叶いますから」と教えてもらって、みんなで願掛け^^

 

 

 

 

「伝筆」の御朱印帳と「伝筆」お守りとの対面

 

そして、今回の訪問のメイン、鹿島三島神社の「伝筆」の御朱印帳と「伝筆」お守りとの対面です。

 

 

うわ!!

 

すてき!!

 

 

御朱印帳のこだわり。

 

埋橋先生のもとで伝筆を学ばれた、奥様。

 

そして、伝筆の最初の原案を見せてもらったり。

 

 

 

社務所のお休みのご案内も、伝筆。

 

そして、この字を見た参拝者の方が、「この字好き!お休みでない日にまた来たい!!」と再度参拝にいらしたり、

伝筆御朱印帳がかわいいと、口コミで広がっているとのこと^^

 

伝筆が、お役に立てて嬉しい、という気持ちと、神様と共にある、伝筆を誇りに思いました。

 

 

 

 

 

 

 

社務所中にある、伝筆案内。^^

 

あったかさとやさしさに包まれます。

 

かしまみしま神社にて、伝筆絵馬

 

鹿島三島神社の絵馬です^^

 

 

 

 

みんなで真剣に伝筆絵馬しました。

 

 

 

 

 

できあがった伝筆絵馬です^^

 

 

 

「いつまでも世界中の笑顔を」侑季蒼葉

 

 

 

帰りは、いつまでも見送ってくださって。

 

と〜〜ても仲のよい神主様ご夫婦^^

 

当日は雨が降るかもしれないということで、後日、伝筆絵馬を結んでもらいました。

 

鹿島三島神社さまより 以下のメッセージいただきました。

 

こんにちは 鹿嶋三嶋神社の小圷です。

 

先日は、ようこそお詣りいただきました。

 

満月の今日、皆さまの絵馬を しっかり結びました。

 

鹿島三島神社FBページより

 

 

 

ありがとうございます。

 

また、きますね!!

 

鹿島三島神社ブログにもご紹介いただきました。

 

ランチは、偕楽園近くの千波湖畔「とう粋庵」へ

 

鹿島三島神社が、とっても心地よくって、、、それでもお腹はすきます。

 

ということで、お楽しみのランチは、高村先生が予約を入れてくださった、千波湖畔の「とう粋庵」さまへGO。

 

 

花かご:2,750円(税別)

焼魚・揚物・大子産生ゆばと鮮魚刺身・ 茨城県産こしひかりご飯・香の物・味噌汁・デザート・ 珈琲

 

暖かいものは暖かく、冷たいものは冷たくて、何もいただいても、おいしゅうございました。^^

 

茨城県はお米もおいしいですね^^

 

そして、おしゃべりは尽きなくて・・・

 

 

 

高村先生、ありがとうございます^^

 

 

偕楽園 常磐神社 伝筆絵馬

 

最後は。

 

水戸偕楽園。

 

 

お花の季節は、とっても素晴らしいとのこと。

 

 

 

はしゃぎ方が、乙女のようです・・

 

 

常盤神社にて、伝筆絵馬!!

 

 

 

 

 

 

ご当地コカコーラと自動販売機は、三葉葵の御紋と徳川^^

 

びっくり!!

 

それにしても、愛に満ち溢れ、満ち足りた一日でした。

 

朝から曇り空で、雨・・・と心配していましたが、結果的には、暑くもなく寒くもないというお天気にも恵まれて、(駅に着いたら、雨でしたが・・・)「みんなのパワー炸裂?だからか・・・」と大笑いして・・すべての予定を終えることができました。

 

伝筆に包まれ、神様に包まれ、自然に包まれ、穏やかな気候に包まれ、良いエネルギーが身体中に巡りました^^

 

また、ご参拝したい神社がひとつ増えたことも嬉しいです。^^

 

LINE@にて、2019年毎月(予定)「季節の伝筆見本データ」プレゼントしています。

 

詳しくは、画像をポチと押して、ご覧ください。

 

 

こちらの記事も参考にしてください。

 

「四字熟語」の意味と筆ペン書き方

 

「二十四節気」の意味と筆ペン書き方

 

筆ペン選びにこまったら「最初の筆ペン選び」

 

筆文字を描くコツ

 

失敗もなんとかなる裏技

 

筆ペンの特徴をいかした味のある 「一線」の書き方のコツ

 

筆ペンで書きたくなったという方は、こちらのコースがおすすめです。

 

▼筆文字を教える先生として活躍したい方向けのコース(侑季担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼「初級セミナー」伝筆はじめての方は、こちらからどうぞ!!(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼初級セミナー修了後、さらに技術アップや様々な、素材で作品を作りたい方向けのコース(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

不定期開催、「伝筆くらぶ」(侑季・小塚担当)はこちらからご覧ください。

 

※画像をクリックしてください

 

【日程が合わない方、最新日程を知りたい方へ】

 

LINE@が使いやすい方は、伝筆セミナー日程をお知らせするLINE@にご登録を。

 

※画像をポチと押してください。

 

メールが使いやすい方は、<60分で出来る心を伝える、筆文字無料メール>最新情報をお知らせしていますので、ご登録しておいてください。

 

メールアドレス(必須):

お名前(必須):