数日前、お世話になった方の突然の訃報。

 

もう一度お会いしたかった。

 

「会いたいな」と思ったときに、「会いたい」という気持ちに、もっと素直でいたいと強く思った、侑季蒼葉です。

 

今年のお盆もご先祖様に手を合わせてきました。

 

若いころは、実家に帰りたいと思ったことはあまりありませんでしたが、最近は、「会いたい」「行きたい」と思ったときに、「会っておかないとな」と漠然と思っています。

 

年齢のせいでしょうか、、、(笑)

 

気がつけば、兄も還暦、、、、

 

わたしも、母が亡くなった年齢(53歳)をとうに越しました。

 

母とは、前日まで、一緒に旅行、そして、別れた翌日にはくも膜下出血で入院し、一度も意識を戻すことなく、7日後に他界しました。

 

「人の命とはこうもあっけなく別れがくるものなのだ」と実感した初めての経験だったかもしれません。

 

そして、ビジネスパートナーであり、スクールの受講生でもあった当時33歳のK氏。

 

昼の授業に沖縄土産のちんすこうを持ってきてくれて、「またね、夜メール頂戴よ」と言って別れたその深夜にバイク事故にあい、彼とも永遠の別れとなりました。

 

だから、「会いたい」と思ったら、「いつか会えたらいいね」ではなく、「会いたい」と言える自分でありたいと思っています。

 

けれで、「もう一度お会いしたい」と思っていた、伝筆協会がお世話になったあの方とも、二度とお会いできなくなってしまいました。

※このことは、また後日心の整理をしてから書きたいと思います。

 

「会いたい」と伝えることは勇気のいるときもあります。

 

断られることもあります。

 

それでも、「会いたい」と思ったときに、「会いたい」と伝えられる、素直な自分でいたいと思います。

 

「会いたな」を筆ペンで書きました

 

FBのメッセージやラインで「会いたいな」と伝えるのもいいけど、「会いたい」という気持ちをよりストレートに伝えたいと思い、伝筆で想いを伝えています。

 

その伝筆とともに、わたしが「会いたがっていた」ということを、どこかのタイミングで思い出してくれると嬉しいな、というかすかな期待もあったりします。^^

 

特に息子や大切な人に。

 

そしたら、わたしの想いが、永遠に生きることができるかも、、、(笑)ちょっと重い(笑)

 

 

この伝筆は、親族だから、なかなか伝えづらいけど、社会人になった姪っ子へ。

 

太めのラインで、ポップ調に、でも幼くなりすぎないように書いてみました。

 

 

こちらは、26歳の甥っ子へ。

 

何年ぶりかに甥っ子に会いました。

 

あんなに可愛かったのに(3歳ごろをイメージ)随分たくましくなっていて、頼もしい限りです。

 

 

子供たちが大きくなると、助かるね。

 

小さいときは、お墓に一緒にくると、よそのお墓のお花を引き抜いたりして、何をやらかすかわからなくて、目が離せなかったのにね。

 

兄と交わした会話。^^

 

この状態が、いつまでも続くといいな。

 

故人からのメッセージ

 

人がなくなるとき、その人はみなにメッセージを一つ残すということを聞いたことがあります。

 

父が亡くなったとき、わたしは、「好きなことを仕事にして、楽しく生きなさい。いつでも応援している」とメッセージをもらったと思いました。

 

母が亡くなったときは、「大丈夫、自由に生きなさい。幸せな人生を生きてね。」というメッセージをもらったと思っています。

 

わたしが今の時代を 悔いのないように生き、自分の夢を叶え、出逢いを大切にし、笑顔で生きる。

 

それが、わたしからのご先祖さまへの感謝だなと思っています。

 

お墓の前で、大切に育ててくれたご先祖様に手を合わせ、活動の報告をしてきました。

 

感謝です。

 

 

昨年は、仏壇に、「感謝」「毎日笑顔」「一期一会」「七転八起」伝筆飾りました。(笑)

 

やすらぎと笑顔の和が広がりますように。

 

本日葬儀のあの方へ。

 

繋いでいただいたご縁を大切に、伝筆活動します。

 

応援ありがとうございました。合掌

 

オンラインで伝筆先生になるコース。

 

 伝筆講師養成講座詳細はこちらから。

 

侑季と小塚の講座の日程情報を主に知りたい方は、こちらがおすすめです。

 

 

友だち追加

 

参考図書「直線で書けば今すぐ字が上手くなる」(サンマーク出版)著者:一般社団法人代表理事 侑季蒼葉

 

 

使用している筆ペン「ぺんてる 筆ぺん ぺんてる筆 XFL2B 太字 黒」

 

 

 

こちらの本も参考にしてください。「直線で書けば今すぐ字が上手くなる」(サンマーク出版)

 

 

全国の認定講師のもとで、伝筆セミナー学べます。

 

※こちらの画像からご覧ください。

 

公式LINEにて、伝筆協会の最新情報をお知らせしています。

 

2021年毎月(予定)「協会代表”侑季蒼葉”の伝筆見本データ」プレゼントしています。

 

伝筆協会公式LINE アカウント @gqk6920y

 

 

友だち追加

 

筆ペンで書きたくなったという方は、こちらのコースがおすすめです。

 

▼筆文字を教える先生として活躍したい方向けのコース(侑季担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼「初級セミナー」伝筆はじめての方は、こちらからどうぞ!!(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

 

オンラインで伝筆セミナーをお探しの皆様

 

▼初級セミナー修了後、さらに技術アップや様々な、素材で作品を作りたい方向けのコース(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

不定期開催、「伝筆くらぶ」(侑季・小塚担当)はこちらからご覧ください。

 

※画像をクリックしてください

 

【侑季と小塚の講座開催日程や伝筆協会最新情報を知りたい方へ】

 

メールをご希望の方「60分で出来る心を伝える、筆文字無料メール」へ

 

メールアドレス(必須):

お名前(必須):

 

LINEをご希望の方※講座開催情報のみお知らせ