3月は、卒業のシーズンですね。

 

わたしも、この時期になると、漫画『はいからさんが通る』に影響を受けて、袴で卒業式を迎えた若かりし頃、女子大生時代のことが蘇ってきます。

 

「直線で書けば今すぐ字がうまくなる!」(サンマーク出版)の侑季蒼葉です。

 

 

少しづつ暖かくなり、桜が咲き始めました。

 

学校に通う子どもたちにも、 幼稚園から小学校へ 、小学校から中学校へ、 中学校から高校へ 、高校から大学へ 、大学から社会人へ と、新しいステージへへの環境の変化が訪れます。

 

慣れ親しんだ土地を離れ一人暮らしになったり、仲良しだった中学生の友人とバラバラになったり。

 

なんとなく不安になる時期でもあります。

 

そんな子どもたちへ、一緒に、お祝いメッセージを送りませんか?

 

日本では、早春の歳時記的なものとしての位置付けのある「 卒業」ですが、意味が曖昧だったりしますので、本日は、「卒業」の意味も調べてみました。

 

そして、「卒業式」がいつあるのか、そして、「卒業」という漢字の筆ペンでの書き方と、「卒業お祝い一言メッセージ集」と、よくばってのご紹介です。

 

 

「卒業」という漢字は、バランスが取りにくいと悩む方が多い漢字の一つですので、参考にしていただけたら嬉しいです。

 

卒業の意味は?

 

まずは、卒業の意味。

 

何気なく、使っている「卒業」という言葉ですが、調べてみますと、意味は、大きくわけて2つありました。

 

1、学校の全課程を終了し、その学校の学籍から離脱すること。(例:学校を卒業する)

 

2、何かを終了し次の段階に進むこと。(例:映画館めぐりの趣味は卒業した)

 

最近、アイドルグループで使われている「卒業」は、2にあたりますね。

 

この意味であれば、学校教育を終えた、わたしたちも、まだまだ「卒業」という言葉は日常で使えそうです^^。

 

ちなみに、卒業の他に「修了」という言葉がありますが、「修了」は全ての課程において使用される言葉だそうです。

 

学校を、修了せずに去ることは、「卒業」ではなく、理由に応じて「退学(中退)」や「除籍」と呼ばれます。

 

卒業式は、いつ?

 

3月は卒業シーズンですが、小学校・中学校・高校・大学、いずれも学校によって卒業式の日にちは微妙に違います。

 

親戚や友人のお子さんの、正確な卒業式の日にちを知りたい方は、直接親御さんに確認した方がいいですね。

 

参考のために、一般的な日程をご紹介しておきます。

 

小学校の卒業式の日程

 

全国的に、小学校では3月の第3週か第4週の金曜日に行うようです。

 

基本的に卒業式の日程は、自治体が決定するのではなく、各学校が決めています。

 

学校ごとでばらつきがあるのは、気候などが関係するのかとも思いましたが、 授業時数や地域の特性などがありますので、同じ都道府県・市町村内でも日程が異なる場合もあります。

 

中学校の卒業式の日程

 

3月中旬に卒業式が行われる中学校が多いようですが、中学校は小学校よりも日程にばらつきがあります。

 

中学校でも小学校と同様に、各学校が卒業式の日程を決めています。

 

授業時数と各都道府県の高校入試日が考慮されているので、それによって卒業式の日程も違うようです。

 

高校の卒業式の日程

 

高校の卒業式は3月1日以降、第3週までに行われる学校が多く、その日程は小学校・中学校に比べると更にばらつきがあります。

 

小・中学校と同じで、基本的には学校側が卒業式の日程を決めているようです。

 

高校の場合は授業時数だけだはなく、各学校の入試日や大学受験の日程などが考慮されています。

 

大学の卒業式の日程

 

大学の卒業式は3月下旬、とくに3月25日前後に行うところが多いようです。

 

2月・3月は大学受験のシーズンの為、それに伴う大学側の事務処理や採点などの業務が多くなり、 その後は合格者の入学手続きでかなり忙しくなります。

 

大学生は就職の準備などがあり、卒業式は早いほうがいいのでは?とも思いますが、学校側の業務の関係から、3月の下旬に卒業式を行う大学が多くなるようです。

 

卒業生が多いため、何回かにわけて卒業式を行う大学もあるとのことですが、通常、3月に実施されます。

 

わたし、義務教育の小学校と中学校は、全国同じ日程で卒業式が開催されると思い込んでいました。汗

 

「卒業」(そつぎょう)筆ペン書き方

 

卒業は、苦楽を共にしてきた仲間や友人との別れを意味します。

 

しかし、その一方で、新たな生活への一歩であり、未来への一歩です。

 

「終わり」という節目をしっかりお祝いし、次の「始まり」を応援する想いを込めて、「卒業」筆文字の書き方をご紹介します。

 

「卒」や「業」という漢字は、手書きで書くのが苦手な方が多いようです。

 

ですので、今回は、シンプルに「二文字」のみの作品にしましたので、参考にしてください。

 

侑季蒼葉の「卒業」筆ペン作品、5作品です。

 

筆ペンでの「太い線」と「細い線」の書き方は、事前にこちらをご確認ください。

 

筆ペンの特徴をいかした味のある 「一線」の書き方のコツ

 

「卒業」筆ペン「1」作目筆文字デザイン。

 

 

スマートクールなイメージにするために、細い線を活用しています。

 

「ハネ」「ハライ」はセンスが必要でバランスを整えるのが難しいですので、「直線」に置き換えて書いています。

 

写真で書籍内容をちらっと「直線で書けば今すぐ字がうまくなる」

 

「卒業」筆ペン「2」作目筆文字デザイン。

 

 

「卒」という漢字は、「人」が2つ横に並んでいます。

 

こういう場合は、あえて「メリハリ」でバランスを崩ぜば、反対にバランスが整って見えます。

 

今回は、文字の大きさに「メリハリ」に遊びココロを加えました。

 

左側の「人」が大きいの、わかりますか?

 

また、強さを出すために、左側の線を太くして、直線まっすぐ型のコラボ線を活用。

 

「卒業」筆ペン「3」作目筆文字デザイン。

 

 

ポップな要素を少し加えるために、「卒」の「人」の左ソリを、太くした「メリハリ」を加えました。

 

また、「業」も左側の線に、ポップな要素を加えて、全体のバランスを整えています。

 

「卒業」筆ペン「4」作目筆文字デザイン。

 

 

ポップな印象をさらに高めるために、「●」を活用。

 

一作目と比べると、同じ漢字「卒業」とは思えませんね。

 

「卒業」筆ペン「5」作目筆文字デザイン。

 

 

ハガキを横にして、横ガキもご紹介しておきます。

 

底辺を揃える書き方は、誰でも、字がバランスよく見える簡単な方法です。

 

伝筆(つてふで)は、正しい字ではなく、相手を思って、「直線」と「メリハリ」を活用して、相手をイメージして書く文字です。

 

ぜひ、手書きで、大切な方の「卒業」をお祝いしてあげてくださいね。

 

卒業祝い一言メッセージでの2つの注意点

 

せっかくのお祝いメッセージなのに、ちょっとした言葉使いで、相手が悲しむことになったら残念です。

 

以下の2つのポイントをご注意ください。

 

卒業祝いメッセージを送るときの注意点を2つ。

 

1、相手が目上の場合。

 

卒業祝いのメッセージに良く使う表現として「がんばってください」「ご苦労様でした」などがありますが、これは目上の人に使うには避けるべき表現です。

 

目上の人への文章には敬語を使いましょう。

 

「がんばってください」は、「ご活躍をお祈りいたします」へ。

 

「ご苦労様でした」は、「お疲れ様でした」などを、を使いましょう。

 

2、卒業後が、相手の希望通りかどうか

 

卒業祝いやお祝いのメッセージを用意する前に、進学先や就職先が決まっているか、希望した進学先(就職先)かどうかということを、前もって確認しておくといいですね。

 

選ぶ言葉は慎重に^^

 

卒業祝い一言メッセージ集

 

以下に、卒業祝いに使いやすい、一言メッセージの例をご用意しました。

 

相手に合いそうなメッセージが見つかったら、アレンジして使ってください。

 

<卒業祝い一言メッセージ例>

 

○年間良くがんばったね

 

これからも笑顔の○○で

 

元気いっぱい過ごしてね

 

○○らしさを忘れず

 

○○らしく活躍して

 

○○らしく輝いて

 

元気があれば大丈夫

 

これからも元気一杯

 

充実した毎日を

 

自信を持って、元気に明るく

 

みんなで応援しています

 

遠くから応援しています

 

○○の選んだ道を心から応援しています

 

迷ったらいつでも相談して

 

いつも近くにいるよ

 

新しい学校生活を楽しんで

 

大きく羽ばたこう

 

新しい世界に羽ばたいてね

 

夢に向かって

 

前に向かって進んで

 

自分の道を見つけよう

 

未来に向かって羽ばたいて

 

お互いの夢に向かってがんばろう

 

数え切れない思い出をありがとう

 

○○さんからもらったアドバイス大事にします

 

○○さんとの思い出が宝です

 

身体に気をつけて

 

以上いかがでしたでしょうか?

 

春は、別れと出会いの季節。

 

手書きの楽しさが広がる季節です。

 

 

LINE@にて、2019年毎月(予定)「季節の伝筆見本データ」プレゼントしています。

 

詳しくは、画像をポチと押して、ご覧ください。

 

 

こちらの記事も参考にしてください。

 

「四字熟語」の意味と筆ペン書き方

 

「二十四節気」の意味と筆ペン書き方

 

筆ペン選びにこまったら「最初の筆ペン選び」

 

筆文字を描くコツ

 

失敗もなんとかなる裏技

 

筆ペンの特徴をいかした味のある 「一線」の書き方のコツ

 

筆ペンで書きたくなったという方は、こちらのコースがおすすめです。

 

▼筆文字を教える先生として活躍したい方向けのコース(侑季担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼「初級セミナー」伝筆はじめての方は、こちらからどうぞ!!(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼初級セミナー修了後、さらに技術アップや様々な、素材で作品を作りたい方向けのコース(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

不定期開催、「伝筆くらぶ」(侑季・小塚担当)はこちらからご覧ください。

 

※画像をクリックしてください

 

【日程が合わない方、最新日程を知りたい方へ】

 

LINE@が使いやすい方は、伝筆セミナー日程をお知らせするLINE@にご登録を。

 

※画像をポチと押してください。

 

メールが使いやすい方は、<60分で出来る心を伝える、筆文字無料メール>最新情報をお知らせしていますので、ご登録しておいてください。

 

メールアドレス(必須):

お名前(必須):