わたしの筆ペンへの憧れは、お客様を元気付ける言葉を、なにかの形でうまく伝えられないかなと思い始めたことからでした。

 

また、今から思い返すと、年に一回も連絡をしあうことのない息子に、生きる上での大切な考え方や、元気つけ励ましの想いを、シンプルに伝えたい、残しておきたい。

 

なにかいい方法はないだろうかと、模索していたことも重なっていたかもしれません。

 

こんにちは、侑季蒼葉です。

 

毎日ブログ、31日目です。ほぼ一ヶ月続けることができました^^感謝^^

 

今日は、わたしが息子に贈った言葉「あしたも晴れ」の筆ペン文字です。

 

 

思春期を過ぎた子供にどのように声かけしていますか?

 

息子が幼い頃は、いつも母親を慕ってくれて、「が〜〜と行ってお菓子をば〜と食べたい」と意味不明の言葉(笑)でしたが、よくおしゃべりしてくれて、素直で、とってもかわいかった。

 

これがいつまでも続くというのは親の幻想でして、また続いても困るのですが、、

 

中学ともなると、無口になり、何を考えているのかわからなくなり、声をかけても相手にしてくれず、、、、

 

息子との「難航する会話」が、わたしがコーチングやコミュニケーションの世界に足を踏み入れるきっかけでした。

 

しかし、息子に声をかけたくても、社会人ともなると、会う時間が少なくなる、、、、、

 

男の子でもあり、毎日電話するのも変だし、、、、

 

ま〜連絡がないのは、元気な証拠と思っていると、一年に一回も連絡しあうことがない、、(笑)という、超クールな親子ができあがりまして^^

 

そうだ!筆ペンで元気つける言葉を贈ろう!

 

そんな息子は社会人になってから、営業成績がよく、毎月社内報に、営業成績とともに顔写真を載せてもらっていまして、密かに誇らしく思っていました。

 

ところが、ある時から、、、、載らなくなり、、、。

 

わたしも、親ですね、、、

 

大丈夫かな?疲れていないかな?メンタルしっかりしているかな?と心配の嵐。

 

実は、若手のリーダーになって、自分の成績だけの表彰ではなく、グループの成績になったから記載されなくなっていたそうです。。。

 

と、後から聞いたのですが、その頃です。

 

「そうだ!息子へ、筆ペンで元気つける言葉を贈ろう!」と思いたったのは。

 

選んだ言葉は、「あしたも晴れ」。

 

実は、この言葉、最初は、「明日があるさ」でした。

 

これもいい言葉だったのですが、「今日がダメ」みたいで、、、

 

それで、今日もいい日だったという前提にしたいと、次に思いついたのが、「明日もいいことある」。

 

しかし、これも、「いいこと」「わるいこと」とジャッジしているみたいで、もし、落ち込んでいるときだった、「今の状態が悪いこと知っているよ」と伝わったらいやだな、、、と。

 

それで、行き着いたのが「明日も晴れ」

 

これだ!!

 

人生の状態を天気に例えることは多々ありますが、曇りも雨も、晴れも、自然な状態。

 

そして、どんな天気(状態)でも、心は晴れやかに、という想いを込めました。

 

「明日も晴れ」を筆ペンで書きました

 

実際に贈った筆文字は、「あしたも晴れ」。

 

「明日」は漢字でもいいのですが、ひらがなの「あ」はとても見栄えが良い。

 

「ひらがな」は柔らかい雰囲気もでます。

 

ですので、「明日」はひらがな「あした」と描き、「晴」は赤ペンで描いてみました。

↓ ↓

 

喜んでくれたのかどうかは、不明、、、(笑)

 

筆文字はいろんな書き方ができますので、「ちょっと大人っぽく」ということでしたら、縦書きで、以下の感じもいいかもしれません。

↓ ↓

 

これは、筆ペン太字で、黒色のみで描きました。

 

いえいえ、わたしは、もっと可愛くがいいです、ということでしたら、以下のように、「日」を「マル」を活かして描いてもみてはいかがでしょうか。

 

かわいくなったので、パステルで、太陽も付け加えてみたら、季節感がアップ。

 

薄墨の筆ペンで、「カモメ」を二本線で描いてみました。

 

わかりますか?

 

 

同じ言葉でも、漢字にしたり、横書き、縦書きにするのみでも、雰囲気が変わりますね。

 

一番身近な人にこそ、伝えにくかった想いを筆ペンで!!

 

わたしは、日頃、伝筆(つてふで)という筆ペンで、「誰でも描ける」手書きのコツをお伝えしています。

 

そこでの受講される皆様の参加動機はまちまちでして。

 

そのなかに、お父さんが息子さんの受験を励ましたいから、、とか、娘の結婚式にウエルカムボードを頼まれて、とか。

 

部下ががんばったときに、ハガキを贈りたいから、とか。

 

身近な家族や社内で活用したいという想いをお聞きすると、なぜだかとっても嬉しい。^^

 

お客様もとっても大事ですが、身近な方から元気になってもらいたい。

 

だからこそ、伝えにくい想いを、手渡しできる文字にして、どんどん、さりげなく渡してほしいなと願っています。

 

ところで、「あしたも晴れ」という言葉。

 

「明日は」ではなく、「明日も」の「も」に気づいてくれましたか?

 

心は、昨日も晴れやかだったよね、そして、今日「も」晴れやかでいこう!!という想いを表現してみました。^^

 

日本語は、絶妙な表現ができるので、大好きです。

 

では、また明日もお楽しみに^^

 

伝筆先生の活動。

 

家族も元気にできて、そして、筆文字も上手になって、講師として感謝されます。^^

 

こちらの本も参考にしてください。「直線で書けば今すぐ字が上手くなる」(サンマーク出版)

 

 

全国の認定講師のもとで、伝筆セミナー学べます。

 

※こちらの画像からご覧ください。

 

公式LINEにて、伝筆協会の最新情報をお知らせしています。

 

2021年毎月(予定)「協会代表”侑季蒼葉”の伝筆見本データ」プレゼントしています。

 

伝筆協会公式LINE アカウント @gqk6920y

 

 

友だち追加

 

筆ペンで書きたくなったという方は、こちらのコースがおすすめです。

 

▼筆文字を教える先生として活躍したい方向けのコース(侑季担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼「初級セミナー」伝筆はじめての方は、こちらからどうぞ!!(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

 

オンラインで伝筆セミナーをお探しの皆様

 

▼初級セミナー修了後、さらに技術アップや様々な、素材で作品を作りたい方向けのコース(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

不定期開催、「伝筆くらぶ」(侑季・小塚担当)はこちらからご覧ください。

 

※画像をクリックしてください

 

【侑季と小塚の講座開催日程や伝筆協会最新情報を知りたい方へ】

 

メールをご希望の方「60分で出来る心を伝える、筆文字無料メール」へ

 

メールアドレス(必須):

お名前(必須):

 

LINEをご希望の方※講座開催情報のみお知らせ