講師(伝筆先生)やコーチなど、目に見えない商品を販売するとき、価格の設定に悩みませんか?

 

 

「自分らしい好きなことで起業」の続きです。

 

決して、仕事の価格を下げてはダメだよ

 

人生のいたずらか、起業という認識もないまま、起業してしまった侑季蒼葉です。

 

当時、ヨガ、事務員、スクール講師、子育てと、何足ものわらじを履いていたわたしが、一気に無職になり、そして、起業することになった2003年のころの出来事でした。

 

自分らしい好きなことで起業 1きっかけ「外務省公式認定イベントの、女性の起業と働き方のパネルディスカッションに参加してきました」は、こちらから

 

お仕事で何度もお会いしていたS社長から、「お茶飲みにいく時間ある?」とお誘いを受けました。

 

カフェでの最初の一言は、「これから何をしていくの?」という一言でした。

 

当時は、22年近く従事していたヨガのインストラクターを、コーチングの会社を買うという理由でやめました。

 

ところがその話が白紙になり一気に無職になったわたし。

 

 

当時、ヨガは流行っていましたのでヨガの世界に戻ることは可能でした。

 

ですが、わたしは、コーチの仕事が大好きでしたので、「コーチングの会社をすることにしました」と、能天気に、そして、きっらきらの目で報告しました^^

 

そのときにS社長からいただいた一言。

 

「決して、コーチの価格を下げてはダメだよ、値下げしたら、仕事は一気にダメになるからね。」

 

自信がなくなると、価格を下げたくなる

 

そのときは、とっさに「はい!!」と答えましたが、「なんだろ〜〜どうしてかな〜〜〜」ぐらいの軽い気持ち。汗

 

それが、年月を経るごとに、この言葉の重みがわかり、わたしの支えになりました。

 

当時、コーチという仕事は目新しく、説明しても説明しても、「バックのコーチ?」「コーティング?」「名古屋コーチン」とか、、、、、

 

宗教?とも。

 

その上、価格を伝えると、「高いね〜」と言われて、、、、

 

また、「どんな人がクライアント対象なの?」と尋ねられ、「年収100万円以上の方のコーチを目指しています」と伝えたら、「侑季さんは、100万円儲けたことあるの?ないなら、できないよ。もっと価格を下げた方がいいよ」と、、、、

 

だんだん、価格を伝えるのが怖くなってきて、自信もなくなってきて、「もっと安くした方クライアント契約できるのでは、、、」「わたしにこの価格は身分不相応なのでは」と、どんより、、、、

 

 

そんなとき、わたしを支えてくれたのが、先ほどの言葉だったのです。

 

「決して、コーチの価格を下げてはダメだよ、値下げしたら、仕事は一気にダメになるからね。」

 

お金ってなに?

 

その後、コーチビジネスの経験を経て、気づきました。

 

安くしても、人が来るとは限らないんですよね。

 

それよりも大事なのは、どれだけ、お客様の立場になって一緒に考えることができるかどうか。

 

その課題が、コーチング商品で解決し、お客様が満足され、そして、「ありがとう」と言ってもらえて、その「ありがとう」が対価なのだと。

 

そんな気づきを得てからは、

 

お客様の困りごとを、理解し、そして、お客様の問題の根本原因は「これではないですか?」とお客様以上に深く考え、その解決には、ここを整理し、こんなことを明確にすると解決できると思うんです。

 

その上で、なにか、わたしに応援できることありませんか?

 

という姿勢で取り組むようになり、価格に悩むことがなくなりました。

 

価格は、提供する側と、提供される側の覚悟の交換

 

また、価格は、提供する側と、提供される側の覚悟の交換だとも思います。

 

無料であれば、提供する側も無料なんだから(この気持ちあってはいけないことですが、、)という甘えが生まれ、提供される側も、無料だからと、遅刻したりキャンセルしたり、、、、

 

お互いの成長になりません。

 

提供する側も、高額な価格設定は、覚悟がいります。

 

懐かしい思い出ですが、初めて有料コーチングにした際、当日お腹がいたくなるほどでした(笑)

 

そして、必死でした^^

 

わたしは、セミナーに参加することが大好きで、年間○○マンぐらい使いますが、さすがに、100マン円代のセミナーに申し込むときは、覚悟いります。

 

もちろん、高ければいいというものでもないですが、やはり人間。

 

ぎりぎりの気持ちで臨み、自分にとって必要なものをゲットする、という「気迫」が成長のもとにもなるのでは、と思っています。。

 

今、わたしが代表理事を務める伝筆協会では、「教えることを仕事にしたい」という方の「最初の一歩」の応援を大切にしています。

 

「最初の一歩」遅らせる理由の一つが価格設定。

 

いくらにしたらいいのか・・・

 

この値段だと、誰も受けてくれないんでは。。。

 

みんなから高いと言われたら嫌だな。。

 

これでは、交通費もでないし。。。

 

あ〜〜〜わからない!!!

 

と、悩んでいるとあっという間に、一ヶ月二ヶ月、半年、一年が過ぎてしまいます。

 

ですから、統一価格を設けています。

 

それによって、価格で悩むことに時間を費やすのではなく、「この価格でセミナーを提供するのだ、そのためにどうしたらいいのか」、ということに時間を使えるようになってもらいたい、そして、そのサポートしたいと思っています。

 

<残り5席です>

 

 

90日で伝筆先生になるコース。

 

【10月6日スタート】 伝筆講師養成講座7期生の詳細ブログはこちらから。

 

筆ペンで書きたくなったという方は、こちらのコースがおすすめです。

 

 

▼筆文字を教える先生として活躍したい方向けのコースもご用意しています。

 

伝筆の先生にご興味のある方はこちらをご覧ください。

 

▼「初級セミナー」伝筆はじめての方は、こちらからどうぞ!!

 

初級セミナーはこちらからご覧ください。

 

▼初級セミナー修了後、さらに技術アップや様々な、素材で作品を作りたい方向けのコースもございます。

 

伝筆中級セミナーは、こちらからご覧ください。

 

宛名セミナーは、こちらからご覧ください。

 

英語版(アルファベット)レッスンは、こちからからご覧ください。

 

不定期開催、伝筆くらぶはこちらからご覧ください。

 

 

 

全国の認定講師のもとで、伝筆セミナー学べます。

 

※こちらの画像からご覧ください。

 

公式LINEにて、伝筆協会の最新情報をお知らせしています。

 

2020年毎月(予定)「協会代表Yuukiの伝筆見本データ」プレゼントしています。

 

伝筆協会公式LINE アカウント @gqk6920y

 

 

友だち追加

 

こちらの記事も参考にしてください。

 

「四字熟語」の意味と筆ペン書き方

 

「二十四節気」の意味と筆ペン書き方

 

筆ペンで書きたくなったという方は、こちらのコースがおすすめです。

 

▼筆文字を教える先生として活躍したい方向けのコース(侑季担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼「初級セミナー」伝筆はじめての方は、こちらからどうぞ!!(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼初級セミナー修了後、さらに技術アップや様々な、素材で作品を作りたい方向けのコース(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

不定期開催、「伝筆くらぶ」(侑季・小塚担当)はこちらからご覧ください。

 

※画像をクリックしてください

 

【侑季と小塚の日程が合わない方、最新情報を知りたい方へ】

 

LINEをご希望の方※講座開催情報のみお知らせ

 

 

メールをご希望の方「60分で出来る心を伝える、筆文字無料メール」へ

 

メールアドレス(必須):

お名前(必須):