北海道美瑛(びえい)の「青い池」に初めて行ってまいりました。

 

 

一般社団法人伝筆協会 侑季蒼葉です。

 

 

全国に200名以上の伝筆先生が在籍している、伝筆協会。

 

全国にて、たった半日でアートのような日本語が筆ペンで描けるようになるメッソッドをお伝えしています。

 

伝筆先生は、ほんと、人の憧れを実現するお手伝いがお上手なんです。

 

伝筆を通してはもちろんのこと、そうでなくても。

 

わたしも「これしたい」「ここ言ってみたい」「こんなことしてみたい」という憧れを、たっくさん、伝筆先生にお手伝いをしてもらって実現しています。

 

今年は、、、、

 

北海道へ3月から毎月のように訪れています。

 

そこで・・・「せっかくだから、青い池に行ってみたいの。札幌から遠いかしら?」

 

この一言から、あれよあれよと、「青い池・美瑛神社絵馬 大人の伝筆ツアー」を実現してもらいました。

 

北海道美瑛ってどんなところ?

 

「丘のまち美瑛(びえい)」として知られる美瑛町。

 

美瑛町は、62の自治体等が加盟している「日本で最も美しい村」連合に加盟しているとのこと。

 

農山漁村には都会には無い美しい自然、大地の恵み、綺麗な空気や水などがあるそうです。

 

そんな美しい美瑛町は、どんなところかと調べてみましたら。

 

旭川市、上富良野町、東川町、東神楽町に囲まれ、面積677.16km2の北海道の中央部に位置するこのまちで、年間約170万もの人々が観光に訪れる町。

 

美瑛の人口10,142人。(昭和30年)

 

 

170人もの方が観光に訪れる町って、期待大です^^

 

当日は、な〜〜んと「よさこい祭り」でして、渋滞が予想される・・・ということで、朝7時30分、わたしの宿泊している札幌グランドホテルに集合。

 

札幌の石黒先生の運転にて、伊賀先生、布浦先生、谷本先生、山本先生とわたし、6人車に乗り込みレッツゴー。

 

道中にあった「熊の出没中」看板を発見してからは、熊ばなしで、盛り上がり。

 

ナビどおりに運転していたら、ものすごい山道ごえとなったり。

 

そんなこんなで、車中では笑い声が鳴り響き^^

 

美瑛に10時30分ごろ到着。

 

 

迎えてくれたのは、伝筆の旗^^

 

手書きのができるって、こんなおもてなしにも役立つんですよね。

 

感激です!!

 

ぜひ、みなさんにも真似してもらいたい^^

 

 

美瑛で活躍している工藤留美先生と、深川にて活躍中の佐藤先生が待っていてくださいました。

 

 

 

記念撮影して、レッツゴー。

 

 

「青い池」は太陽に反射して、青くなるということですから、雨だと、、、、

 

 

心配だった天気も晴れ!!

 

 

 

お〜〜見えてきました!!

 

 

幻想的です!!!

 

口コミで一気に広まった人気スポットと言われるのも頷けます。

 

青白い水面と立ち枯れた白樺林。

 

ものすごく幻想的な光景です。

 

そして、その立ち枯れた白樺林の真ん中あたりに、緑の葉が??

 

「この状態でまだ若葉が生え、成長しようとしている??」という、生命の力強さと、神秘も垣間見、自然の可能性を感じることができました。

 

それにしても、なぜ、「青い池」は青いのか??調べてみました。

 

青白く見える理由は明確には解明されていないようですが、、、

 

青い池の水が青い理由。

 

白金温泉街にございます『白ひげの滝』などから、アルミニウムを含んだ水が流れでている。

 

(滝は崖の途中から地下水が湧き出ている潜流瀑。)

 

この滝が美瑛川の水と混ざると目に見えないコロイド状という粒子が生成され、それが太陽の光をまんべんなく散乱させている。

 

(美瑛川⇒滝の下から!別名:ブルーリバーとも呼ばれている。)

 

波長の短い青い光が散乱されやすいため、その光が目に届き青く見える。

※陸上から見ると水は青く見えますが、水そのものに色は見られません。

※コロイドとは、ある物質の粒子が他の物質の中に分散している状態を言います。

 

さらに!!滝の横から掛け流しております白金温泉水が、光の散乱を助けるイオウ・石灰成分などが、川底の石・岩を白くし、水の青さをよりいっそう引き立てているようです。

 

びえい白金温泉観光組合HPより

 

「青い池」は、見る角度や季節、そして天候によっても色あいが微妙に変わるようです。

 

次に訪れる時は、何色に見えるのでしょうか。

 

楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

運転ありがとうね。石黒先生

 

 

 

 

「青い池」の売店で売っていた、青いサイダー?

 

 

伊賀先生、満面の笑み^^

 

美瑛神社にて伝筆絵馬

 

美瑛「青い池」の後は、美瑛神社へGO!!

 

 

北海道美瑛の「美瑛神社」は札幌市の「北海道神宮」と虻田郡の「洞爺湖」と並び「北海道3大パワースポット」として有名で恋愛成就や縁結びに効果がある神社です。

 

隠れハートが境内いたるところにあり、「乙女(?)」の私たち、みんなでキャーキャーぎゃーぎゃー(笑)騒ぎながらのご参拝^^

 

 

 

 

 

もちろん、伝筆の仲間ですから、伝筆絵馬もしてきました。^^

 

 

 

 

どんな絵馬よりも目立つ、伝筆書き。

 

わたしたちの「願い」は、神様にも気づいてもらえるはず^^

 

 

 

 

和カフェなかむらさまにて絶品ランチ

 

そして、お腹が空いては・・・・

 

ということで、工藤先生が、予約してくださった、「和カフェなかむら」さまへGO!

 

 

目印は、こちら。

 

 

 

お庭にはお地蔵さま。

 

 

 

 

 

店内には、工藤先生のクリスマスコースターが飾られていました^^

 

 

 

てんぷらは、山菜からエビまで、優しいお味で、2種類のお塩でいただきました。

 

そして、出来立ての湯葉は、美味しいポン酢にて。

 

何もかもが美味しくて、そして、穏やかな空間で、食べているときは伝筆メンバーも静かで(笑)

 

 

絶品のランチをいただきました、お礼に、みなで伝筆「ご馳走さま」寄せ書きをさせていただきました。^^

 

 

まずは、わたしからスタート。

 

 

最後、日付と落款を入れて。

 

 

さすが、伝筆先生。

 

数分で完成!!!

 

 

オーナーにとっても喜んでいただけた^^

 

心からご馳走さまでした^^美味しかったです^^

 

隠れ場カフェです。

 

ぜひ、こちらのチラシからご予約くださいね。

 

 

 

工藤先生からいただいたお土産^^

 

丘に広がる彩り豊かな花畑「展望花畑 四季彩の丘」

 

 

「四季彩の丘」の15ヘクタールもある広大な花畑には、毎年5月上旬から10月上旬まで、さまざまな花が咲き乱れるとのこと。

 

なかでも、6月下旬頃から8月下旬頃までがピーク。

 

ということでしたが、今回は、ちょっと早すぎました・・・・

 

 

子どもに大人気なのが園内にあるアルパカ牧場があります。

 

石黒先生はご対面されてきて、感激されていましたよ。

 

そして、美瑛図書館へも寄ってもらいました。

 

 

なぜって、ここの図書館に、「直線で書けば今すぐ字がうまくなる!」(サンマーク出版)があるんですよ。

 

 

今回は、貸し出されていて、ありませんでした^^

 

帰りは少し雨が降り、止んだら、「虹」が!!

 

 

 

帰りも車中賑やか、にぎやか。

 

 

 

夜も、おいしく乾杯!

 

 

 

 

 

 

 

憧れの北海道「美瑛」を、しっかり楽しむことができました。

 

ありがとう!!!

 

 

こんな素敵な伝筆先生仲間と、一緒に活動しませんか?

 

明るくて、楽しくて、そして、何事にも真剣な仲間です。

 

伝筆講師養成講座9期生、6月15日から募集スタートします。

 

 

 

LINE@にて、2019年毎月(予定)「季節の伝筆見本データ」プレゼントしています。

 

詳しくは、画像をポチと押して、ご覧ください。

 

 

こちらの記事も参考にしてください。

 

「四字熟語」の意味と筆ペン書き方

 

「二十四節気」の意味と筆ペン書き方

 

筆ペン選びにこまったら「最初の筆ペン選び」

 

筆文字を描くコツ

 

失敗もなんとかなる裏技

 

筆ペンの特徴をいかした味のある 「一線」の書き方のコツ

 

筆ペンで書きたくなったという方は、こちらのコースがおすすめです。

 

▼筆文字を教える先生として活躍したい方向けのコース(侑季担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼「初級セミナー」伝筆はじめての方は、こちらからどうぞ!!(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

▼初級セミナー修了後、さらに技術アップや様々な、素材で作品を作りたい方向けのコース(小塚担当)

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

※画像をクリックしてください

 

不定期開催、「伝筆くらぶ」(侑季・小塚担当)はこちらからご覧ください。

 

※画像をクリックしてください

 

【日程が合わない方、最新日程を知りたい方へ】

 

LINE@が使いやすい方は、伝筆セミナー日程をお知らせするLINE@にご登録を。

 

※画像をポチと押してください。

 

メールが使いやすい方は、<60分で出来る心を伝える、筆文字無料メール>最新情報をお知らせしていますので、ご登録しておいてください。

 

メールアドレス(必須):

お名前(必須):